実は専用デザイン!新型ステップワゴンのハンドルの操舵感&使い勝手を徹底解説

先日、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売ををした新型ステップワゴン(STEP WGN)を試乗した際、ディーラーさんに聞いて驚いたのが、ハンドル・ステアリングホイールです。

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、他のホンダ車のものを流用したと思っていたのですが、実はこのクルマのために最適化された専用デザインになっているみたいですね。

そのおかげもあり、グリップ感も操舵感も非常に良かったです。

今回デビューを果たした新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、他のホンダ車のハンドルとどこが違うのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)のハンドルのデザインや他の車種との違い、操舵感を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのハンドル【デザイン&機能をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのハンドル

握り心地にこだわった専用デザイン

今回デビューを果たした新型モデルは、シビックと同じ、ステアリングスイッチ部分にピアノブラック塗装を施した3本スポークのハンドル・ステアリングホイールを採用しています。

■シビックのハンドル・ステアリングホイール

そのため、見た目のデザインは、シビックのハンドルと全く変わりません。

ただ、ミニバンの新型ステップワゴン(STEP WGN)とシビックなどの他のホンダ車では、ハンドルの角度や着座姿勢に違いがあるんですよね。

なので、シビックなど他のホンダ車のハンドルをそのまま流用すると、握り心地や操舵感に違和感がでてしまうようなんですよね。

また、ハンドルの握り心地が悪いと、肩こりや腰痛にも繋がってしまいます。

そこで、今回デビューを果たした新型モデルはハンドルの握り心地がよくなるように、10時10分のところと8時20分のところの断面形状を変えているようです。

また、10時10分のところと8時20分の間のつなぎの部分は、ハンドルの断面の徐々に形状を変えていっているため、どこを持っても違和感のない握り心地にしているようですよ。

操作性に優れるステアリングスイッチ

このように握り心地が良くなるよう最適化を図った新型ステップワゴン(STEP WGN)のハンドルですが、ステアリングスイッチの操作性が良いのも魅力の一つです。

この新型モデルはハンドルの左右にステアリングスイッチを備えているのですが、左側には、オーディオ関係を操作するスイッチが集約されています。

■新型ステップワゴンの左側のステアリングスイッチ

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の右側のステアリングスイッチはクルーズコントロール(クルコン)の起動や車速や車間距離などを設定できるスイッチを集約

■新型ステップワゴンの右側のステアリングスイッチ

また、この新型モデルは、左右のステアリングスイッチの下に備わっているダイヤルで、マルチインフォメーションディスプレイの画面の表示を切り替えることができるようになっています。

この新型モデルのダイヤルは操作性が良いため、運転中も素早くマルチインフォメーションディスプレイの画面を変更することができますよ。

ガソリン車のみパドルシフトを搭載

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ガソリン車のみ、ハンドルから手を離さずに手動で1~7速まで変更することができるパドルシフトを用意しています。

■新型ステップワゴンのパドルシフト

なので、この新型モデルのガソリン車は、山道などを運転する際、シフトチェンジを繰り返しながらキビキビとした走りを楽しむことができますよ。

グレードによってハンドルの素材が違う

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、グレードによってハンドルに使用されている素材が異なります。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、シンプルなウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■エアーのウレタン製のハンドル

そのため、エアーの運転席まわりは、少し安っぽい感じが…。

一方、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)&プレミアムライン(PREMIUM LINE)は、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■スパーダの本革巻きのハンドル

スパーダやプラチナラインのブラック基調の内装・インテリアとの相性も良く、ワンランク上の高級感&上質感を演出していました。

新型ステップワゴンのハンドルは扱いやすい?【操舵性を徹底チェック】

扱いやすいよう最適化を図った新型ステップワゴン(STEP WGN)のハンドル・ステアリングホイールですが、運転中の操舵感・ステアリングフィールは、どのような感じになっているのでしょうか?

また、パワステの効き具合は、どうだったのでしょうか?

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハンドル・ステアリングの操舵感を確認してきたので、紹介したいと思います。

女性でも扱いやすい軽めの操舵感

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ハイブリッド車とガソリン車で若干ステアリングフィールが異なりますが、どちらも軽めの操舵感に…。

なので、女性でもストレスなく運転をすることができます。

そんな新型モデルのハンドルの操舵性&ステアリングフィールで気になったのは、ハンドルを切った時の反応(レスポンス)です。

この新型モデルは、ステアリングを切った後、ワンテンポ置いてス~と旋回をしていく、良くも悪くもミニバンのような操舵感になっています。(※下記の動画の18分55秒あたりで、ステップワゴンのハンドルの操舵感について詳しく説明しています。)

ホンダステップワゴンe:HEVスパーダ試乗記【竹岡圭のHONDA STEP WGN SPADA】

競合車・ライバル車も同じような操舵感になっているのですが、ハンドル操作に対する反応は、競合車・ライバル車のノア/ヴォクシーよりも若干ゆったりとしているような感じが…。

■ヴォクシーのハンドル

また、カーブを曲がる際のボディの傾きも、ノア/ヴォクシーよりも若干大きいです。

なので、走りの軽快さやカーブを曲がった時の安定感などに関しては、競合車・ライバル車の一つでもあるノア/ヴォクシーよりも若干劣るのかなと感じてしまいました。

ナチュラルさが増した新型ステップワゴンのパワステ

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハンドル・ステアリングの操舵感で驚いたのが、パワステの味付けです。

旧型モデルは、ハンドルを戻す時のパワステのアシストが強すぎる感があったのですが、今回デビューを果たした新型モデルは、スムーズさが増したような感じが…。

と言うのも、どうやら今回デビューを果たした新型モデルのパワステは、切る方向と戻す方向を独立してアシスト制御をするように改善したようですね。

そして、ハンドルを戻す方のアシストを旧型モデルよりも弱めて、ジワッとした感じのステアリングフィールにしたようです。

そのおかげもあり、新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)は、パワステの介入感がなく、非常にスムーズなのステアリングフィールになっていました。

まとめ:握り心地&操舵感が良い新型ステップワゴンのハンドル

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のハンドル・ステアリングホイールのデザインやグリップ性、操舵感は、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのハンドルのまとめ

・握り心地にこだわった専用デザインのハンドルを採用
・ステアリングスイッチの操作性も良好
・グレードでハンドルの素材が異なる
・ミニバンらしいゆったりとした操舵感

今回デビューを果たした新型モデルは、ハンドルの断面を最適化してくれたおかげで、長時間ドライブでも疲れにくい握り心地に…。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、パワステの味付けが良くなり、介入感がなくなったのも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、スムーズさが増して操作がしやすくなったハンドル・ステアリングホイールにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02