新型ステップワゴンの安全装備は充実してる?【特徴や注目ポイントを徹底解説】

クルマを購入する際、安全性&安全装備の充実度は、やはり気になりますよね。

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の安全装備は、旧型モデルよりも格段に進化を遂げています。

そのため、安心&快適に運転をすることができるクルマに進化を遂げていました。

今回デビューを果たした新型モデルは、どのような安全装備を備えているのでしょうか?また、この新型モデルの安全装備は、どこが優れているのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)の安全装備の特徴や魅力、注目ポイントを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの安全装備の特徴【競合車にはない魅力とは?】

競合車・ライバル車と比べても勝るとも劣らない新型ステップワゴン(STEP WGN)の安全装備ですが、次のような特徴&魅力を備えています。

ホンダ センシングを全グレードに標準装備

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、自動ブレーキや誤発信抑制機能など13種類の安全装備がセットになった最新のホンダ センシングが全グレードに標準装備されています。

■ホンダ センシングに含まれている機能

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故軽減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きクルーズコントロールACC
・車線維持支援システム(LKAS)
・トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

最廉価モデルのエアー(AIR)にもホンダ センシングが標準装備されているのは、かなり嬉しいですよね。

そのおかげもあり、下位モデルのエアー(AIR)を選んでも、安心して運転をすることができますよ。

ちなみに、この新型ステップワゴンのホンダ センシングに含まれている安全装備の各機能の詳細は、ホンダの公式ホームページを確認してみてくださいね。→ ホンダの公式ホームページ

ヴェゼルやシビックとは違う方式で周囲を検知

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の安全装備で注目なのは、周囲を検知する際に使用する機器&アイテムです。

同じホンダから発売されているヴェゼルやシビック、フィット4は、フロントガラスの上部に備わった単眼カメラで周囲を検知するシステムを採用しています。

一方、今回デビューを果たした新型モデルは、周囲のクルマや歩行者などを検知するのに、単眼カメラに加えて、ミリ波レーダーを採用。

■ミリ波レーダーが備わっていエンブレム

しかも、この新型モデルに搭載されているカメラは、周囲を検知することができる角度が約50度から約90度に、また、ミリ波レーダの検知する角度は約30度から約120度に拡大しているんですよね。

■新型ステップワゴンの単眼カメラの検知範囲

■新型ステップワゴンのミリ派レーダーの検知範囲

そのおかげもあり、この新型モデル検知能力は、他のホンダ車よりも検知制度が格段に向上。イザという時にドライバーや同乗者を守ってくれる安全性の高いクルマに仕上がっています。

競合車にはない安全装備も搭載

また、一つでもあるトヨタのヴォクシー/ノア、日産のセレナe-POWERなど競合車・ライバル車には、用意されていない安全装備を搭載しているのも、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力の一つです。

その一つが、歩行者事故低減ステアリングです。

今回デビューを果たした新型モデルが路肩を歩いている歩行者と衝突をしそうと判断した場合、ステアリングを操作して歩行者との衝突を回避する”歩行者事故軽減ステアリング”を搭載しています。

■歩行者事故軽減ステアリンのイメージ図

また、この新型モデルは、事故にあった際、専用のオペレーターがサポートしてくれるSOSコールだけではなく、クルマが故障をした時に適切なアドバイスをしてくれる”トラブルサポートボタン”も用意しています。

ちなみに、この青いボタンがクルマが故障した時に使うトラブルサポートボタンです。

■新型ステップワゴンのトラブルサポートボタン

このように競合車・ライバル車にはない安全装備を備えているのは、新型ステップワゴン(STEP WGN)の安全装備の良い魅力の一つですよ。

グレードで安全装備に差がある新型ステップワゴン

先ほど、新型ステップワゴン(STEP WGN)は、最新のホンダ センシングが全グレードに標準装備されていると申し上げました。

ただ、この新型モデルは、グレードでホンダ センシング(HONDA Sensing)以外の安全装備に差がありました。

その一つが、高速道路での車線変更をサポートしてくれるブラインドスポットインフォメーション(BSI)です。

■新型ステップワゴンのブラインドスポットインフォメーション

今回デビューを果たした新型モデルは、ブラインドスポットインフォメーションが標準装備されているのは、上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)とプレミアムライン(PLEMIU LINE)のみとなっています。

また、ヘッドライトの機能もグレードによって差があります。

下位モデルのエアー(AIR)でも十分に満足できる安全装備を備えていますが、このように上位モデルは、ワンランク上の安全装備を備えているので、グレード選びをする際はご注意くださいね。

新型ステップワゴンに備わっている安全装備は?【注目の機能を紹介】

競合車・ライバル車には用意されていない安全装備を備えている新型ステップワゴン(STEP WGN)ですが、具体的には、どのような安全装備を備えているのでしょうか?

先ほども紹介した通りこの新型モデルでは、自動ブレーキなど13種類の安全装備がセットになったホンダ センシング(HONDA Sensing)が全グレードに標準装備されています。

■ホンダ センシングに含まれている機能

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故軽減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きクルーズコントロールACC
・車線維持支援システム(LKAS)
・トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

また、この新型モデルは、ホンダ センシング以外にも次のような安全装備が用意されています。

■ホンダ センシング以外の主な安全装備

・パーキングセンサーシステム
・1列目サイドエアバッグ&サイドカーテンエアバッグ
・サイドアンダーミラー
・ブラインドスポットインフォメーション (※グレード別設定)
・LEDアクティブコーナリングライト (※グレード別設定)
・アダプティブドライビングビーム (※グレード別設定)
・マルチビューカメラシステム (※グレード別設定)

新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されている各安全装備の説明は、ホンダのホームページで確認していただければと思うので、こちらでは、注目の機能&安全装備を紹介したいと思います。

安全性が高くなった自動ブレーキ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の注目の安全装備の一つが、イザという時にドライバーや同乗者の身を守ってくれる自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)です。

旧型モデルにも備わっていた自動ブレーキですが、カメラの精度が高くなったおかげもあり、検知することができる対象物が拡大。

日中に関しては、自動車や歩行者だけではなく、横断をする自転車やオートバイ(自動二輪車)、右折時の対向車、右左折時の歩行者や自転車なども検知するように進化しました。

また、夜間の検知能力も高くなり、自動車だけではなく、歩行者も検知できるようになりました。

このように事故が起こりやすい場面も検知できるようになったのは、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力の一つだなと思いました。

旧型モデルよりも精度が高くなった路外逸脱機能

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の注目の安全装備の一つは、路外逸脱抑制機能です。

この路外逸脱抑制機能は、車線からはみ出そうな際、白線内に戻すようにステアリングを制御してくれる機能なのですが、旧型モデルは、時速60km/h以上からでないと作動しなかったんですよね。

■路外逸脱抑制機能のイメージ図

なので、街中の一般道などでは、路外逸脱機能が作動しないシーンが多々ありました。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルは、路外逸脱抑制機能が作動するスピードを時速30km/hからに拡大。また、カメラが確認できる範囲が広くなったことで、道路と路外の認識制度も格段に良くなっているそうですよ。

競合車より細かい制御ができるアダプティブドライビングビーム

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PLEMIU LINE)のみに用意されているアダプティブドライビングビームも、注目の安全装備の一つです。

対向車や歩行者を検知して、ヘッドライトの照射範囲を自動調整してくれるこの新型モデルのアダプティブドライビングビームですが、この新型モデルは、競合車よりも細かい制御ができるようになっているようです。

■アダプティブドライビングビームのイメージ図

競合車・ライバル車は、だいたい時速12km/h ~ 時速30km/hを下回るとハイビームからロービームに切り替えるようになっているそうです。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのプレミアムラインは、ハイビームを上下2段に分けて設置しているそうなんですよね。

■ハイビームを上下2段に設置のプレミアムラインのヘッドライト

そして、時速24km/hを切ると、上段のハイビームを消して、時速6km/hになると下段のハイビームを消して、ロービームに切り替えるようになっています。

そのため、より低速域までハイビームを使用することができます。

この細かに制御をすることができるアダプティブドライビングビームを備えているのは、最上位モデルのプレミアムラインのみですが、この夜間の安全性&視認性の良さも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:旧型より精度&性能が上がった新型ステップワゴンの安全装備

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の安全装備を確認したところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの安全装備の特徴&魅力

・ホンダ センシングを全グレードに標準装備
・単眼カメラ&ミリ波レーダーで周囲を検知
・グレードで安全装備に差がある
・競合車にはない安全装備も搭載

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ホンダの最新の安全装備システム”ホンダ センシング”を全グレードに標準装備。

なので、下位モデルに位置をするエアー(AIR)でも十分に満足できる安全装備を備えています。

ただ、下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、ブラインドスポットインフォメーションが搭載されないなど、グレードによって差があるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02