新型ステップワゴンは2列目シートは快適?【デザインや装備、座り心地をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の注目のアイテム&装備の一つは、快適性が増した2列目シートです。

旧型モデルよりも快適性が増したこの新型モデルの2列目シートですが、実際にこの新型モデルの2列目シートに座ってみると、色々と気になるところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの2列目シートは、どのようなデザイン&使い勝手をしているのでしょうか?また、試乗をして気になったことは、何だったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートの特徴や魅力、欠点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの2列目シートは快適?【特徴や魅力をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの2列目シート

ちなみに、こちらは、旧型モデルの2列目シートは、このような感じになっています。

■旧型ステップワゴンの2列目シート

このように見比べるだけで、新しく生まれ変わった新型モデルの2列目シートの良さが見て取れますよね。

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートの特徴や魅力をわかりやすく紹介したいと思います。

新型ステップワゴンはキャプテンシートを標準装備

上記の画像を見ていただければ分かると思いますが、今回デビューをはたした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、2列目に2人乗車することができるキャプテンシートを標準装備しています。

■新型ステップワゴンの2列目キャプテンシート

ただ、2列目に3人乗車をすることができるベンチシートをメーカーオプションで用意していています。

■新型ステップワゴンの2列目ベンチシート

オプションで用意されているベンチシートは、3列目シートへのアクセスしにくくなるなどの欠点&デメリットもあります。

ただ、背もたれを倒して、フルフラットにした時に隙間のないマットスペースを作り出すことができるという嬉しいポイントも…。

もしこの新型モデルで車中泊をすることを考えているのなら、 フルフラットにしやすいベンチシートの方を検討しても良いかもしれませんね。

ちなみに、ベンチシートの2万円のオプション価格がかかるので、ご注意を…。

ロングスライド機能を搭載

そんな新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートの特徴&魅力の一つが、ロングスライド機能です。

旧型モデルは前後にしかスライドすることができませんでしたが、今回デビューを果たした新型モデルは、前後に加えて、左右にもスライドできるよう進化しました。

■内側にスライドした時の2列目シート

■外側にスライドした時の2列目シート

また、今回デビューを果たした新型モデルは前後のスライド量も増えて、最大で865mmまでスライドすることができます。

■2列目シートを一番後ろまでスライドした時の様子

2列目シートを一番後ろまでスライドすると、足元空間(ニークリアランス)はかなり広くなりますよね。

このように前後左右に大きくスライドできる機能のおかげで、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートまわりは、自由度がかなり増したように感じました。

ちなみに、2列目シートのスライド量は、キャプテンシートとベンチシートで異なるので、ご注意を…。

上位モデルはオットマンを装着

新型ステップワゴン(STEP WGN)の上位モデルに位置をするスパーダとプレミアムラインの2列目キャプテンシートには、足を伸ばして座ることができるオットマンを初搭載。

■新型ステップワゴンのオットマン

そのため、長時間ドライブでも快適に過ごすことができます。

また、オットマンを展開して、背もたれをリクライニングすると、ほぼフルフラットになるため、ちょっと横になりたい時にも便利ですよ。

座り心地も良好

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートは、座り心地も良好です。

先代モデルは、座った時の沈み込みが少ない固めの座り心地になっていました。

■硬めの座り心地の旧型モデルの2列目シート

しかし、今回デビューを果たした新型モデルの2列目シートは、ウレタンの厚さを旧型モデルの1.2倍にしたそうです。

そのおかげもあり、旧型モデルのような座面の硬さは一切感じられず、座った瞬間にジワ~っと沈み込む優しい座り心地に…。

底付き感(=体が沈み込んでフレームに当たっているような感覚)もないため、長時間ドライブでも快適に過ごせるように感じました。

2列目シートまわりの機能も充実

また、2022年9月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、2列目シートまわりの機能や装備も充実しています。

その一つが、気軽にアイテムを置くことができるテーブルです。

今回デビュー果たした新型モデルの2列目シートまわりには、 旧型モデルと同様、ドリンクホルダー付きの折りたたみテーブルが用意されています。

■新型ステップワゴンの折りたたみテーブル

見た目は非常にシンプルなのですが、頑丈な作りになっているため、使い勝手は非常に良いです。

また、上位モデルに位置をするスパーダ&プレミアムラインは、2列目シート用のUSBポートを用意。

■新型ステップワゴンの2列目シート用のUSBポート

USBポートの隣には、ケーブル接続したスマホやiPhoneを置いておくに便利な小型ポケットも用意されているため、使い勝手は非常に良いです。

このように2列目シートまわりの機能や装備が充実しているのも、今回デビューを果たした新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

新型ステップワゴンの2列目シートのココが残念【欠点&デメリットを紹介】

このように機能や装備が充実していて、座り心地も良い新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートですが、欠点&デメリットもありました。

この新型モデルの2列目シートの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?私が試乗をして気になったことを紹介したいと思います。

ロングスライドした時に快適性

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートで気になったのは、ロングスライドした時の快適性です。

先ほどもお話した通り、この新型モデルの2列目キャプテンシートは、最大865mmに達するロングスライド機能を備えているのですが、ロングスライドする時は、2列目シートを中央に寄せないといけないんですよね。

■ロングスライドした時の2列目シート

そのため、ロングスライドをすると、隣に座っている人との距離が近くなってしまい、快適性が損なわれます。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのヴォクシー/ノアは、新型ステップワゴン(STEP WGN)よりもスライド量は少ないですが、内側に寄せることなくロングスライドをすることができるんですよね。

画像引用:https://toyota.jp/voxy/

そのため、2列目シートを一番後方にした時も十分なパーソナルスペースが確保されているため、この新型モデルよりも居心地が良い感じが…。

このようにロングスライドした時の快適性は、競合車・ライバル車よりも少し劣るので、ご注意くださいね。

スパーダの2列目シートの快適性

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートで気になったのは、中間モデルのスパーダ(SPADA)の快適性です。

先ほどもお話したとおり、中間モデルのスパーダ(SPADA)の2列目シートには、足を伸ばして座ることができるオットマンが標準装備されています。

また、スマホやiPhoneを充電することができるUSBポートも用意されています。

ただ、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PREMIUM LINE)とは違い、この新型モデルの2列目シートには、シートヒーターが用意されていないんですよね。

そのため、2列目シートの快適性は、プレミアムライン(PREMIUM LINE)よりも劣ります。

しかも、今回デビューを果たした新型モデルのハイブリッド車のスパーダとプレミアムラインの乗り出し価格を比較してみると、11万円くらいしか違いがないんですよね。

スパーダとプレミアムラインの乗り出し価格比較

これくらいの乗り出し価格なら、2列目シートにもシートヒーターが備わる最上位モデルのプレミアムラインの購入を検討しても良いかもしれませんね。

オットマン使用時の足元空間の広さ

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)で気になったのは、オットマンを使用した時の足元空間(ニークリアランス)の広さです。

この新型モデルの2列目シートは、普通に座る分には、十分な足元空間の広さを確保していますが、オットマンを使用するには、少し狭すぎる感じが…。

例えば、2列目シートを中間位置(=2列目シートを左右に広げた状態の最後端)に設置した状態でオットマンを使用すると、フロントシートのシートバックに靴が当たってしまいます。

なので、この新型モデルでオットマンを快適に使用しようとすると、2列目シートを一番後ろくらいまでスライドする必要があります。

そのため、オットマンを使用する機会は限られてしまうような感じが…。

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の全長は〇〇cmと長さに制限があるため仕方がないと思いますが、足がシートバックに触れることを気にすることなく、もう少し気楽にオットマンを使えるようにして欲しかったです。

まとめ:旧型モデルよりも快適性が増した新型ステップワゴンの2列目シート

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の2列目シートには、このような特徴や魅力、欠点がありました。

■新型ステップワゴンの2列目シートの魅力

・865mmに達するロングスライド機能を採用
・新型ステップワゴン初のオットマンを搭載
・旧型モデルよりも格段に良くなった座り心地
・充実した2列目シートまわりの機能&装備

■新型ステップワゴンの2列目シートの欠点

・ロングスライドした時の快適性
・プレミアムラインよりも劣るスパーダの快適性
・オットマンを使用した時の足元空間の広さ

ロングスライドした時の快適性など、この新型モデルの2列目シートにも欠点&デメリットもあります。

ただ、フルモデルチェンジをする前の旧型モデルと比較すると、2列目シートの機能や快適性は、比べものにならないくらい良くなった感じがしました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、特別感が増して居心地が良くなった2列目シートにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02