新型ステップワゴンのおすすめグレードはスパーダe:HEV【3つの理由を紹介】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ガソリン車/ハイブリッド車あわせて6つのグレードを用意しています。

そんな新型モデルに用意されている6つのグレードの中で一番のおすすめは、ハイブリッド車の中間モデルに位置をする”スパーダe:HEV”です。

今回デビューを果たした新型モデルに用意されている6つのグレードの中で、なぜ中間モデルのスパーダe:HEVが一番おすすめなのでしょうか?また、スパーダe:HEVは、他のグレードよりもどこが優れているのでしょうか?

新型ステップワゴン(STEP WGN)のおすすめグレードが、中間モデルの”スパーダe:HEV”の理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

充実した機能&装備【新型ステップワゴン スパーダがおすすめの理由1】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN) ハイブリッドの中間モデル”スパーダe:HEV”をおすすめの理由の一つは、機能&装備の充実度です。

スパーダは快適装備&便利アイテムが充実

そんな新型モデルのスパーダe:HEVの注目ポイントの一つが、快適装備&便利アイテムが下位モデルのエアー(AIR)よりも充実しているところです。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)は、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターやスイッチ一つでテールゲートを開閉できる電動パワーゲートの用意がないんですよね。

■電動パワーゲートの用意がないエアーの荷室

また、USBポートも、ナビと接続するためのタイプAのUSBが1つ用意されているのみ。2列目シート&3列目シートに、USBは備わっていません。

■USBポートがないエアーの2列目シート

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルに位置をする”スパーダ”になると、フロントシート用のシートヒーターや電動パワーゲート、また、充電用のUSBポートが全列に標準装備されます。

■スパーダの2列目シートのUSB

■スパーダの電動パワーゲート

それだけではなく、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの2列目シートには、足を伸ばして座ることができるオットマンが備わります。

そのおかげもあり、この新型モデルのスパーダは、長距離ドライブでも快適に過ごせる居心地の良い車内空間になっていました。

安全装備も充実

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルに位置をするスパーダになると、イザという時にドライバーや同乗者の身を守ってくれる安全装備も充実します。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)でもホンダ センシングは標準装備となっているため、自動ブレーキや誤発進抑制機能などは備わっています。

ただ、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)になると、自動ブレーキなどの基本的な機能に加え、高速道路での車線変更をサポートしてくれるブラインドスポットインフォメーションも追加されます。

■新型ステップワゴンのブラインドスポットインフォメーション

このようにエアー(AIR)よりもワンランク上の安全装備が備わるのも、スパーダ(SPADA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

乗り心地の良さ【新型ステップワゴン スパーダがおすすめの理由2】

また、乗り心地が良く運転がしやすいのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”をおすすめする理由の一つです。

少し足回りの硬さを感じるプレミアムライン

この新型モデルの最上位グレードに位置をする”プレミアムライン”は、中間モデルのスパーダ(SPADA)同様に、機能&装備は充実しています。

むしろ2列目シートヒーターやマルチビューカメラシステムを標準装備しているプレミアムラインの方が機能や装備は充実しています。

■プレミアムラインのマルチビューカメラシステム

ただ、新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインは、スパーダよりもひと回り大きい17インチのタイヤ&ホイールを履いていることもあり、足回りが少し硬めなんですよね。

■プレミアムラインの17インチタイヤ&ホイール

そのため、角張ったマンホールなどを乗り越えると、下からの突き上げが他のグレードよりも大きく感じます。

また、荒れたアスファルト道路を運転すると、足回りの硬さが他のグレードよりも際立つのも気になるところでした。

しなやかな乗り心地を楽しめるスパーダ

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダは、プレミラムラインよりもひと回り小さい16インチサイズのタイヤ&ホイールを履いています。

■スパーダの16インチタイヤ&ホイール

そのおかげもあり、中間モデルのスパーダの足まわりは、プレミアムラインよりも硬さが取れ、しなやかでフラットな乗り心地に…。

段差を乗り越えた時も、衝撃をしっかりと吸収しているのがわかる乗り心地になっているのも好印象でした。

コスパの良さ【新型ステップワゴン スパーダがおすすめの理由3】

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダe:HEV”をおすすめする理由の一つが、コスパ(コスパ&コストパフォーマンス)の良さです。

エアーとの価格差はたった約26万円

今回デビューを果たした新型モデルのスパーダe:HEVとエアーe:HEVの乗り出し価格は、エアーe:HEVよりも26万円ほど高くなっています。

■スパーダe:HEVとエアーe:HEVの乗り出し価格比較

この価格差だけを見ると、スパーダe:HEVの方が高く感じてしまいます。

ただ、先ほどもお話した通り、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダはエアーよりも機能&装備が充実していて、電動パワーゲートやフロントシート用のシートヒーター、充電用のUSBポートが標準装備されているんですよね。

また、ハンドル・ステアリングホイールも本革巻きになるなど、ワンランク上の高級感や上質感を楽しむこともできます。

■スパーダの内装・インテリア

このスパーダとエアーに備わっている機能や装備、車内の雰囲気の違いを見比べると、この26万円という価格差は、決して高くないのかなと思いました。

プレミアムラインとの価格差は約11万円

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダe:HEV”と最上位モデル“プレミアムライン”の乗り出し価格の差は、約11万円です。

■スパーダとプレミアムラインの乗り出し価格の差

正直に言って、これくらいの価格差なら、最上位モデルのプレミアムライン(PLEMIUM LINE)を購入しても良いと思います。

最上位モデルのプレミアムラインは、2列目シートヒーターやヘッドライトの照射範囲を自動調整してくれる”アダプティブドライビングビーム”を用意していますし…。

■プレミアムラインのヘッドライト

ただ、個人的には、プレミアムライン(PLEMIUM LINE)の足回りの硬さや突き上げの大きさが、どうしても気になってしまうんですよね。

機能や装備だけを見ると、最上位モデルのプレミアムラインの方が良いのですが、わざわざ11万円追加して、新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力でもある電気自動車のようなフラット&しなやかな乗り心地を手放す必要はないと思いました。

まとめ:価格と機能のバランスが一番取れている新型ステップワゴンのスパーダ

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は魅力的なモデルが揃っています。

ただ、機能や費用、乗り心地などをトータルで考えると、中間モデルのスパーダe:HEVが一番バランスが取れていて、良いのかなと思いました。

■スパーダe:HEVをおすすめする3つの理由

・充実した機能&装備
・フラット&しなやかな乗り心地
・コストパフォーマンスの良さ

ちなみに、ディーラーさんに話を聞いたところ、一番人気のグレードはスパーダe:HEVで、約35%の方がこのグレードを選んでいっているみたいですよ。

ただ、中間モデルのスパーダe:HEVは、納期・納車待ちが他のグレードよりも長くなる可能性もあるので、ご注意を…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02