競合車とはひと味違う!新型オーラならではの注目の装備&アイテムとは?

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、プレミアムコンパクトカーを謳うことだけあって、競合車・ライバル車よりも機能&装備が充実しています。

その中には、「おっ!これは嬉しいかも。」と思う機能&装備も…。

今回デビューを果たした新型モデルを実際に見て、「これは良いかも!」と思った機能&装備は、何だったのでしょうか?また、競合車・ライバル車と比較して、どこが優れていたのでしょうか?

日産の注目モデル新型オーラ(AURA)の注目の機能&装備を、包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

BOSEパーソナルプラスサウンドシステム【新型オーラの注目の機能1】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)で印象的だった機能&装備の一つが、ヘッドレスト内臓スピーカーを含む8つのスピーカーを駆使して、迫力のある音を実現した”BOSEパーソナルプラスサウンドシステム”です。

音の広がりを調整できるパーソナルプラスサウンドシステム

この新型モデルに用意されているBOSEパーソナルプラスサウンドシステムで驚いことの一つが、音の広がり・包まれ感をナビの画面で自由自在に調整できることです。

例えば、音の広がりをタイト(T)の方に設定すると、他の車種でも味わえるようなオーソドックスな音の広がり&音質を楽しめます。

一方、音の広がりをワイド(W)の方に設定すると、音に体全体が包み込まれているかのような臨場感が味わえます。

ちなみに、こちらの動画では、BOSEパーソナルプラスサウンドシステムの音の広がりや臨場感の違いを味わうことができます。(実際に聞いている感じとは、多少違いますが…)

【ASMR】日産オーラ BOSE パーソナルプラスサウンドシステム を 高性能 マイク で 収録してみた!!! 【※イヤホン推奨】

メーカーオプション価格は、純正ナビやプロパイロット機能などとセットで約40万円と、決してやすい金額ではありません。

ただ、一部の高級車でしか味わえないような臨場感とサラウンド感を味わえるのは、新型オーラ(AURA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

プレミアム感を演出するヘッドレスト内臓スピーカー

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のBOSEパーソナルプラスサウンドシステムで印象的だったのは、フロントシートに備わったヘッドレスト内臓スピーカーのデザインです。

■新型オーラのヘッドレスト内蔵スピーカー

このヘッドレスト内臓スピーカーのおかげで、車内の高級感&上質感が増したような感じが…。

また、シートのカラーにマッチするよう、ブラックとエアリーグレーの内装色で、ヘッドレスト内臓スピーカーのカラーに違いがあるのも好印象でした。

■ブラックの内装のヘッドレスト内装スピーカー

■エアリーグレーの内装のヘッドレスト内蔵スピーカー

メーター【新型オーラの注目の機能2】

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)で印象的だったのが、運転席の目の前にあるメーターのデザインです。

新型オーラは12.3インチのカラー液晶ディスプレイを採用

この新型モデルは、ベースとなっているノートe-POWERと同様、バイザーレスのメーターを採用しています。

ただ、メーター内のデザインは、ノートe-POWERとは違う専用デザインになっていました。

ノートe-POWERは、7.0インチサイズのカラー液晶ディスプレイと5.0インチサイズのモノクロディスプレイを組み合わせたデザインになっていたのに対し、この新型モデルで、12.3インチのカラー液晶ディスプレイをメーターに採用。

■ノートe-POWERのメーター

■新型オーラのメーター

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の方がスタイリッシュで先進性のあるメーターデザインになっていました。

新型オーラはメーターデザインを変更することが可能

また、今回デビューを果たした新型モデルは、クラシック表示とエンハンス表示の2種類のメーターデザインを用意しているのも魅力の一つです。

こちらは、オーソドックスな2眼式メーターをしたクラシック表示です。

■クラシック表示のメーター

一方、こちらは、中央にあるマルチインフォメーションディスプレイの画面サイズをひと回り大きくしたエンハンス表示です。

■エンハンス表示のメーター

クラシック表示とエンハンス表示では、メーターの印象がだいぶ異なりますよね。

また、エンハンス表示では、中央にあるマルチインフォメーションディスプレイのサイズが大きくなり、視認性に優れます。

特にナビと連動をした地図をメーターに表示する時には重宝します。

このように見た目のデザインが異なる2種類のメーターデザインを用意しているのも、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の注目ポイントの一つなのかなと思いました。

ちなみに、メーターのデザインは、左側のステアリングスイッチに備わっているショートカットスイッチで簡単に切り替えることができますよ。

■新型オーラのショートカットスイッチ

安全装備【新型オーラの注目の装備3】

2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)で印象的だったのは、ノートe-POWERよりも充実した安全装備です。

視認性が良くなった新型オーラのルームミラー

ノートe-POWERよりも進化を遂げたアイテムの一つが、ルームミラーです。

ノートe-POWERやホンダのフィット4(FIT4)など競合車・ライバル車の多くは、オーソドックスなルームミラーを標準装備しています。

■フィット4のルームミラー

ただ、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)では、車体の後方に備わっているカメラ映像をルームミラーに映し出すことができるインテリジェントルームミラーを標準装備しています。

■新型オーラのルームミラー

そのため、この新型モデルは、後部座席に同乗者や荷物をたくさん積み込んだ時でも、後方の視界を遮られることなく、スッキリとクリアな視界で運転することができます。

高速道路での安全性をサポートするアイテムが充実

また、新型オーラ(AURA)の安全装備で印象的だったが、高速道路での車線変更をサポートをしてくれる”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”の存在です。

ベースとなっているノートe-POWERなど競合車・ライバル車の多くは、斜め後方から接近をしてくるクルマをお知らせしてくれる”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”をメーカーオプションとして用意しています。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、”インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)”&”BSW(後側方車両検知警報)”をメーカーオプションではなく、標準仕様として用意。

■新型オーラのインテリジェントBSIのインジケーター

この新型モデルは、コンパクトカーの中でも特に乗り出し価格が高くなっていますが、競合車・ライバル車よりも安全装備が充実しているのは、魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:競合車より機能&装備が充実している新型オーラ

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は魅力的な機能&装備をたくさん備えていますが、特に印象に残ったのは次の3つのアイテムです。

■新型オーラの注目の装備&機能のまとめ

・臨場感のある音を楽しめるBOSEパーソナルプラスサウンドシステム
・スタイリッシュな運転席まわりを演出するメーター
・競合車よりも充実した安全装備

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、競合車・ライバル車よりも車体本体価格・乗り出し価格は、高めの設定になっています。

ただ、乗り出し価格が高くなっている分、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも機能&装備が充実しているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02