こんなところにも違いが!新型オーラ ニスモの内装の専用装備を徹底解説

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、外装だけではなく、内装・インテリアにも様々な専用装備が用意されています。

そのおかげもあり、この新型モデルの内装・インテリアは、ベースのオーラ(AURA)とは全く異なるシックな雰囲気に…。

この新型モデルのの内装・インテリアには、どのような専用装備が用意されていたのでしょうか?また、この新型モデルの内装・インテリアに用意されている専用装備・アイテムは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?

実車画像を使って、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアのみに用意されている専用装備&アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモの内装【用意されている専用装備&アイテムとは?】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモの内装

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura/specifications/nismo.html

この新型モデルは、ブラックをベースに赤のアクセントカラーを採用したスポーツモデルらしい内装・インテリアに…。

また、この新型モデルは、ハンドルやダッシュボード、シートなどにNISMO専用エンブレムを装着。ベースモデルでは味わえない特別感を感じることができるのも、好印象でした。

そんな新型モデルの内装・インテリアには、次のような専用装備&アイテムが用意されていました。

■新型オーラの内装の専用装備

・ダッシュボード
・センターコンソール
・ドア内側パネル
・メーター
・ハンドル
・パワースイッチ(エンジンスターター)
・ドライブモード切替スイッチ
・シートベルト
・シート

新型オーラ ニスモは9つの専用装備を内装に用意

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ダッシュボードやセンターコンソールなど、内装・インテリアに用意されている9つのアイテムが専用デザインの装備になっています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)とは車内の雰囲気が異なり、精悍さがただよう内装・インテリアになっていました。

■新型オーラ ニスモの内装

■オーラの内装

ただ、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアで意外だったのは、シフトレバーです。

■新型オーラ ニスモのシフトレバー

トヨタのGRヤリス(GR YARIS)やホンダのフィット モデュートX(FIT ModuloX)などの競合車は、赤をあしらった専用デザインのシフトレバーを採用していました。

■フィット モデューロXのシフトレバー

なので、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)も専用デザインのシフトレバーを採用することを期待していました。

ただ、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)と全く同じデザインのシフトレバーを採用していたのには、少しガッカリしてしまいました。

新型オーラ ニスモの内装の専用装備【デザイン&使い勝手をチェック】

このように様々な車内に専用装備を備えている日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)ですが、各アイテムのデザインや使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの内装・インテリアに用意されている各アイテムの特徴や魅力、デザインを、実車画像を交えて紹介します。

ダッシュボード

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のみに用意されている内装の専用装備の一つが、ダッシュボード・インパネです。

ベースのオーラ(AURA)は、ツイード調の織物をあしらったナチュラル感あふれるダッシュボードを採用していました。

■ナチュラル感あふれるオーラのダッシュボード

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、黒と赤の糸を織り交ぜたようなデザインをしているカーボン調のパネルを採用。

■カーボン調の新型オーラ ニスモのダッシュボード

また、ダッシュボードの上段には、合成レザーがあしらわれており、オーラ(AURA)とはひと味違う引き締まった印象の車内空間になっていました。

センターコンソール

また、運転席と助手席の間に備わっているセンターコンソールも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の専用装備の一つです。

この新型モデルのベースのオーラ(AURA)は、ツイード調の織物と木目調のパネルをあしらった上品なデザインのセンターコンソールを備えていました。

■オーラのセンターコンソール

一方、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のセンターコンソールは、シフトレバーまわりにダッシュボードと同じ柄の黒と赤を組み合わせたカーボン調のパネルを採用。

■新型オーラ ニスモのセンターコンソール

また、センターコンソールのまわりには、レッドのステッチをあしらっており、スポーツモデルらしい刺激的なデザインになっていました。

ドア内側パネル

また、ドア内側パネルも、オーラ(AURA)とはデザインが異なる専用装備となっていました。

オーラ(AURA)は、ダッシュボードやセンターコンソールなどにも採用されているツイード調の織物をトリム部分にあしらっていました。

■オーラのドア内側パネル

一方、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、赤のステッチをあしらった合成レザーのアームレストを採用。

■新型オーラ ニスモのドア内側パネル

そのおかげもあり、腕を置いた時の肌触りに大きな差が…。

また、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のドア内側パネルは、オーラ(AURA)とはひと味違うシック&スタイリッシュな雰囲気がただよっていました。

メーター

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアに用意されている専用装備の一つが、メーターです。

この新型モデルも、オーラ(AURA)と同様、バイザーレスのフル液晶メーターを標準装備しています。

■オーラのメーター

■新型オーラ ニスモのメーター

ただ、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、メーターの左側に備わっているパワーメーターのリングが赤く塗装しており、ベースのオーラ(AURA)よりも迫力のあるデザインになっていました。

ハンドル・ステアリングホイール

また、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目の装備&アイテムの一つが、ハンドル&ステアリングホイールです。

この新型モデルのベース車のオーラ(AURA)は、高級感ただよう本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備していました。

■オーラの本革巻きのハンドル

一方、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、センター部分に赤のマークをほどこしたアルカンターラ製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■新型オーラ ニスモのハンドル

また、ハンドルの下部のスポーク部分には、NISMOのエンブレムが刻印されており、特別感を演出しているのも好印象でした。

パワースイッチ(エンジンスターター)

センターコンソールに備わっているパワースイッチ(エンジンスターター)も、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装の専用装備の一つです。

ベースのオーラ(AURA)は、オーソドックスなブラックのパワースイッチを採用していました。

■オーラのパワースイッチ

一方、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、赤く塗装をしたパワースイッチを装着。

■新型オーラ ニスモのパワースイッチ

スポーツマインドを刺激する存在感のあるデザインになっていました。

ドライブモード切替スイッチ

パワースイッチ(エンジンスタータースイッチ)のすぐ下に備わっているドライブモード切替スイッチも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の専用デザインとなっていました。

ベースモデルのオーラ(AURA)のドライブモード切替スイッチは、オーソドックスなメタル調のカラーになっていました。

■オーラのドライブモード切替スイッチ

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のは、パワースイッチと同様、赤く塗装をほどこしたドライブモード切替スイッチを採用。

■新型オーラのドライブモード切替スイッチ

スポーツモデルらしいピリッと引き締まった車内空間を演出していました。

また、この新型モデルは、スポーツモード(SPORT MODE)の代わりにNISMOモードを用意しているのも、この新型モデルの注目ポイントの一つですよ。

シート

また、シートも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアの専用装備の一つです。

この新型モデルのベースのオーラ(AURA)は、ツイード調の織物×合成レザー、もしくは、本革シートが標準装備となっていました。

■オーラのGグレードの織物×合成レザーのシート

■オーラのGレザーの本革シート

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、ブラックをベースに赤をアクセントカラーに使用をしたファブリック×合成レザーのコンビシートを標準装備。

■新型オーラ ニスモのシート

また、背もたれの中央には、専用のエンブレムが刺繍されており、特別感を演出しているのも注目ポイントの一つですよ。

ちなみに、この新型モデルは、オプションでファブリック×合成レザーのコンビシートから、ホールド性が高く、運転中の疲労を軽減してくれるレカロ製(RECARO)のシートに変更することができます。

■新型オーラ ニスモのレカロシート

ストレスのない快適な運転を楽しみたい方や腰痛が気になる方は、ワンランク上の座り心地&ホールド感を味わえるレカロシートへの変更を検討してみても良いかもしれませんね。

シートベルト

また、シートベルトも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目の内装・インテリアの装備の一つです。

ベースのオーラ(AURA)では、内装色にあったブラック、もしくは、ホワイトのシートベルトを採用していたのですが、今回デビューを果たした新型モデルは、日産車で初めてとなるレッドのシートベルトを採用。

■オーラのシートベルト

■新型オーラ ニスモのシートベルト

専用デザインのシートとの相性も良く、標準仕様のシートでもスポーツモデルらしさを存分に味わうことができました。

まとめ:スポーツマインドを刺激する新型オーラ ニスモの専用装備

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアに用意されている専用装備を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラの内装の専用装備

・ブラック×レッドに生まれ変わったダッシュボード
・レッドのステッチが印象的なセンターコンソール
・スタイリッシュな見た目になったドア内側パネル
・レッドをあしらった特別感のあるパワースイッチ
・特別感のある走りを楽しめるドライブモード切替スイッチ
・12時の赤いマークが印象的なハンドル
・スポーツモデルらしい迫力があるメーター
・エンブレムが印象的な特別感のあるシート
・日産車初となるレッドのシートベルト

ブラックを基調にレッドをあしらった専用装備を多数用意しているこの新型モデルは、ドライバーの気分を高める刺激的な内装・インテリアに…。

また、この新型モデルは、ブラックのルーフを採用していることもあり、ベースモデルのオーラ(AURA)よりも車内がグッと引き締まって見えるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02