上品で使いやすい!新型オーラのインパネのデザイン&装備を徹底解説

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)のインパネ・ダッシュボードまわりは、上品で高級感ただよう仕上がりになっています。

そのため、この新型モデルのベースとなっているノートe-POWERとは、クルマに乗った瞬間に違いを感じます。

また、ノートe-POWERよりも運転席まわりの機能や装備が充実しているのも、この新型モデルの魅力の一つです。

そんな新型モデルのインパネは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、インパネ・運転席まわりの装備の使い勝手は、どうだったのでしょうか?

日産から新たにデビューを果たした新型オーラ(AURA)のインパネ・ダッシュボードのデザインや特徴、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのインパネ【デザイン&特徴をチェック】

2021年8月にデビューをはたした日産のプレミアムコンパクトカー新型ノート オーラ(NOTE AURA)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのインパネ

サイドにスーッと伸びるワイド感を強調したデザインが印象的なこの新型モデルのインパネ・ダッシュボードですが、次のような特徴&魅力を備えていました。

ノートよりも上質さが際立つ新型オーラのインパネ

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のインパネ・ダッシュボードの魅力の一つは、ワンランク上のクルマに乗っていた人でも満足できる上質さです。

この新型モデルのダッシュボードの基本的なデザインは、ベースとなっているノート-POWERと全く同じになっています。

■ノートe-POWERのインパネ

■新型オーラのインパネ

ただ、新型オーラ(AURA)では、ノートe-POWERとは違い、木目調のパネルやツイード調の織物をダッシュボード・インパネに採用。

プラスチック感が満載だったノートe-POWERとは違い、高級感&上質感ただようインパネ・ダッシュボードになっていました。

内装色によってダッシュボードの色合いが異なる

また、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)は、内装色によって、インパネ・ダッシュボードの色合いが異なります。

Gグレード/Gレザーエディションに採用されているブラックの内装色・インテリアカラーでは、重厚感のあるウォールナットをイメージしたダークブランカラーの木目調パネルとブラックのツイード調の織物を採用しています。

■ブラックの内装色のインパネ

一方、Gレザーエディションのみに採用されているエアリーグレーの内装色のダッシュボードでは、白っぽい色合いが特徴のオークをイメージしたベージュ色の木目調パネルとライトグレーカラーのツイード調織物を採用。

■エアリーグレーのインパネ

そのおかげもあり、新型オーラ(AURA)は、選ぶ内装色によって、ダッシュボード・インパネの雰囲気に大きな差がありました。

収納力はイマイチ

このように上品なデザインに生まれ変わった新型ノート オーラ(NOTE AURA)ですが、インパネ・ダッシュボードまわりの収納力は、イマイチです。

この新型モデルのベースとなっているノートe-POWERの先代モデルでは、助手席側のダッシュボードの上部にボックスタイプの収納スペース”インパネアッパーボックス”を用意していたんですよね。

■先代ノートのインパネアッパーボックス

しかし、この新型モデルでは、このような収納スペースの用意はなし。

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、グローブボックスのサイズが小さいのも少し気になるところでした。

新型オーラのインパネ【装備&機能をチェック】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、インパネ・ダッシュボードまわりの機能&装備も充実しています。

この新型モデルのインパネ・ダッシュボードには、どのような機能&装備を備えていたのでしょうか?また、各アイテムの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのインパネに備わっているアイテム&装備を紹介したいと思います。

先進性が増したメーター

今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の注目のアイテム&装備の一つが、メーターです。

ベースとなっているノートe-POWERとは異なり、この新型モデルでは、12.3インチサイズの液晶ディスプレイを採用。

■ノートe-POWERのメーター

■新型オーラのメーター

そのおかげもあり、先進感がありました。

また、新型オーラ(AURA)のメーターは、アナログメーターっぽさを残した”クラシックモード”と、中央のマルチインフォメーションディスプレイの表示画面を拡大した”エンハンスモード”の2種類から選べるようになっているのも、注目ポイントの一つですよ。

高級感がただようハンドル

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのハンドル

ベースとなっているノートe-POWERでは、ウレタン製でしたが、この新型モデルでは、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを全グレードに標準装備。

そのおかげもあり、高級感ただよう運転席まわりになっていました。

また、ハンドルの左右に備わっているステアリングスイッチの使い勝手が良いのも、好印象でした。

使い勝手が良いナビ

今回デビューを果たした日産の新型ノート オーラ(NOTE AURA)は、メーカーオプション製の純正ナビを用意しています。

■新型オーラの純正ナビ

この新型モデルの純正ナビは、9インチサイズとなっており、コンパクトカークラスとしては十分なサイズに…。

また、この新型モデルの純正ナビは、メーターと連動しており、目的地をセットすると、マルチインフォメーションディスプレイ部分に大きく表示してくれるのも好印象でした。

スマホやiPhoneの充電に重宝するUSBポート

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)は、タイプAのUSBポートが1つ標準装備されています。

ただ、メーカーオプションで用意されている純正ナビを装着すると、タイプCのUSBポートが1つ追加されますよ。

■新型オーラのタイプCのUSBポート

操作性に優れるエアコン

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)は、ダイヤル式のフルオートエアコンを全グレードに標準装備しています。

■新型オーラのエアコンパネル

温度調節や風量の調節はダイヤルで行えるため、使い勝手は非常に良いのですが、運転席と助手席で別々に温度調整をすることができる左右独立式の温度調整機能の用意がないのは、少々残念でした。

まとめ:ノートよりもデザインも使い勝手も優れる新型オーラのインパネ

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインをしていました。

■新型オーラのダッシュボードのまとめ

・基本的なデザインはノートe-POWERと同じ
・木目調パネル&織物をあしらった上質感のあるデザイン
・ノートe-POWERよりもワンランク上の機能&装備を標準装備

木目調のパネルやツイード調の織物をあしらった新型オーラ(AURA)のインパネ・ダッシュボードは、ノートe-POWERにはない高級感&上質感が…。

また、ワンランク上の機能&性能を備えたアイテムを標準装備しているのも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02