スポーツマインドを刺激!新型オーラ ニスモの内装を実車画像で徹底解説

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、外装と同様、内装・インテリアもスポーツマインドを刺激する迫力のあるデザインをしています。

また、この新型モデルの内装・インテリアには、日産車初の試みも…。

今回デビューを果たした新型モデルの内装・インテリアは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、このクルマの内装・インテリアには、どのような装備が用意されていたのでしょうか?

実車画像を使って、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアの特徴や魅力を紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモの内装のデザイン【特徴や注目ポイントを紹介】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモの内装

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura/specifications/nismo.html

ニスモらしい刺激的なデザインになっているこの新型モデルの内装・インテリアですが、ベースのオーラにはない様々な魅力&メリットを備えていました。

そんな新型モデルの内装・インテリアの特徴や魅力を紹介します。

スポーティさを強調するブラック×レッドの内装

この新型モデルのベースのオーラ(AURA)は、ダッシュボードやセンターコンソール、ドア内側パネルなどに木目調のパネル&ツイード調の織物をあしらったナチュラルテイストの内装・インテリアになっていました。

■オーラの内装・インテリア

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアは、ブラックを基調にハンドルやシート、ダッシュボードのパネルなどに赤のアクセントカラーをあしらったデザインを採用。

■新型オーラのダッシュボード

スポーツモデルらしい刺激的なデザインになっていました。

NISMO専用装備を多数用意

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアの特徴の一つが、ニスモらしさを演出する専用装備です。

この新型モデルは、外装だけではなく、内装・インテリアにも様々な専用装備を用意していました。

その一つが、メーターです。

この新型モデルは、オーラ(AURA)と同様にバイザーレスの液晶デジタルメーターを採用しているのですが、パワーメーターに赤をあしらった専用デザインに…。

新型オーラ ニスモのメーター

また、パワースイッチやドライブモードスイッチも赤く塗装をした専用デザインになっているのも注目ポイントの一つですよ。

NISMOエンブレムで特別感を演出

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、シートの背もたれやダッシュボード、ハンドルなど車内の様々なところにNISMOエンブレムを装着。

■ダッシュボードのNISMOエンブレム

■ハンドルのNISMOエンブレム

■シートのNISMOエンブレム

そのおかげもあり、この新型モデルは、乗っただけでワクワクするような特別感がありました。

日産車初となるレッドのシートベルトを採用

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の注目ポイントの一つが、シートベルトです。

この新型モデルは、日産車で初となるレッドのシートベルトを採用。

■新型オーラ ニスモのレッドのシートベルト

フロントシートだけではなく、後部座席にもにもレッドのシートベルトが採用されており、スポーツモデルらしい刺激的な車内空間になっていました。

新型オーラ ニスモの内装【装備&アイテムをチェック】

このようにスポーツマインドを刺激するスポーティな内装・インテリアになっていますが、車内にどのような装備&アイテムを用意しているのでしょうか?

この新型モデルの内装・インテリアに用意されている装備&アイテムを紹介したいと思います。

インパネまわりの装備

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のダッシュボード・インパネは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモのダッシュボード

ブラックをベースに赤をアクセントカラーに使用をしたスポーティな雰囲気がただようこの新型モデルですが、インパネまわりの装備&アイテムも刺激的なデザインになっていました。

その一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

■新型オーラ ニスモのハンドル

この新型モデルのは、12時の部分の赤のマーキングが入ったアルカンターラ素材のハンドル・ステアリングホイールを採用。

また、メーターやセンターコンソールも、この新型モデルのイメージカラーでも赤をあしらった専用デザインに…。

■新型オーラ ニスモのメーター

■新型オーラ ニスモのセンターコンソール

そのおかげもあり、この新型モデルの内装・インテリアは、スポーツモデルらいし刺激的な運転席まわりになっていました。

一方、電子式のシフトレバーやエアコンパネルなどは、オーラ(AURA)と全く同じデザインになっていました。

■新型オーラ ニスモのシフトレバー

また、USBポートなど便利アイテムが多数用意されているも、この新型モデルの内装
インテリアの魅力の一つですよ。

収納スペース

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアの魅力の一つは、収納スペースです。

この新型モデルは、上下2段組のセンターコンソールなど、フロントシートまわりと後部座席まわりにバランスよく収納スペースを用意。

■新型オーラ ニスモの上下2段組のセンターコンソール

そのため、スポーツモデルでありながら収納スペースで困ることはなさそうです。

ただ、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)よりもドリンクホルダーの数が少なくなっていたのが、少々残念でした。

荷室・ラゲッジスペース

2021年12月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモの荷室

この新型モデルは、競合車の一つでもあるトヨタのGRヤリス(GR YARIS)よりもひと回り大きい荷室・ラゲッジスペースを確保。

そのため、使い勝手&積載性は非常に良いです。

ただ、ディーラーオプションで用意されているデッキボードを使用しなければ、後部座席を収納時に大きな段差ができてしまうのが、気になるところでした。

シート(フロントシート&後部座席)

また、シートも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアの注目の装備の一つです。

■新型オーラ ニスモのフロントシート

■新型オーラ ニスモの後部座席

シートの形状は、ベースモデルのオーラ(AURA)と同じですが、表皮に合成レザーとファブリックを採用した専用デザインに…。

シートサイドには、アクセントカラーのレッドがあしらわれており、スポーツモデルらしいデザインになっていたのが、印象的でした。

また、この新型モデルは、オプションでワンランク上のサポート力に優れたレカロ シートを採用しているのも、注目ポイントの一つですよ。

■新型オーラ ニスモのレカロシート

まとめ:スポーツモデルらしい刺激的なデザインの新型オーラ ニスモの内装

2021年10月にデビューを果たしたオーラ(AURA)をベースにしたスポーツモデル”新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■新型オーラ ニスモの内装のまとめ

・スポーツマインドを刺激するブラック×レッドの内装
・センターコンソールなどには合成レザーを採用
・メーターなど専用装備&アイテムを多数用意
・専用デザインのシートを標準装備

この新型モデルは、ブラックを基調に赤をアクセントカラーに使用をしたスポーツモデルらしいデザインに…。

また、この新型モデルは、専用デザインの装備&アイテムが多数用意されていたため、ベースのオーラ(AURA)とは全く異なる雰囲気の内装・インテリアになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02