新型オーラのルームランプはちょっと残念【デザインや点灯時の様子を実車画像で紹介】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の少し残念だったアイテム&装備の一つが、車内を明るく照らすルームランプです。

充実した機能&装備が魅力の新型モデルですが、ルームランプに関しては、競合車・ライバル車よりも劣る感じが…。

この新型モデルのルームランプは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、競合車・ライバル車よりもどこが劣っていると感じたのでしょうか?

日産からデビューを果たしたプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)のルームランプをデザインや点灯時の様子、残念なところを包み隠さずお話します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのルームランプのデザインをチェック

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、車内の3ヶ所にルームランプを用意しています。

■新型オーラのルームランプの種類

・マップランプ
・ルームランプ
・ラゲッジランプ

また、この新型モデルに用意されているルームランプのデザインは、それぞれこのようなデザインになっていました。

フロントシートの天井にあるマップランプ

フロントシートの天井部分に備わっている新型オーラ(AURA)のマップランプは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのマップランプ

乳白色の半透明カバーを採用したこの新型モデルのマップランプは、柔らかく落ち着いた雰囲気の内装・インテリアを演出しています。

また、上品なこの新型モデルの内装・インテリアとマッチしているのも好印象でした。

そんな新型オーラ(AURA)のマップランプを点灯してみると、このような感じに…。

■新型オーラのマップランプの点灯時の様子

この新型モデルでは、マップランプにLEDではなく、オレンジ色っぽく光る豆球を採用。

そのため、明るさは少し足りない感じが…。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもホンダのフィット4(FIT4)では、青白く光るスタイリッシュなLEDのマップランプを標準装備しているんですよね。

■ホンダのフィット4のルームランプ

この新型オーラ(AURA)の乗り出し価格の高さやコンセプトを考えると、豆球ではなくLEDのルームランプを標準装備にしても良かったのかなと思いました。

後席の天井にあるルームランプ

また、新型オーラ(AURA)の後部座席の天井付近に備わっているルームランプは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのルームランプ

この新型モデルのルームランプは、フロントシートまわりに用意されているマップランプと同様に乳白色の半透明カバーを採用。

天井にルームランプが埋め込まれており、視界&前方の見晴らしを妨げないのは非常に良いと思います。ただ、上質感・高級感と言う点では、少し物足りなさを感じました。

また、この新型モデルのルームランプもマップランプと同様、LEDではなく豆球だったのも少々残念でした。

■新型オーラのルームランプを点灯した時の様子

荷室を照らすラゲッジランプ

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、夜間に荷室・ラゲッジスペースに積み込んだ荷物を探すのに便利なランプを全グレードに標準装備しています。

■新型オーラのラゲッジランプ

ただ、この新型モデルのラゲッジランプは、荷室・ラゲッジランプの左側(助手席側)にしかなく、右側(運転席側)には備わっていません。

また、この新型モデルのラゲッジランプは、ルームランプやマップランプと同様、豆球を採用しており、荷物を探す時の明るさが少し足りないのも気になるところでした。

オプションで用意されている新型オーラのLEDルームランプ

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、マップランプ/ルームランプ/ラゲッジランプすべてLEDではなく、豆球が標準装備となっています。

ただ、この新型モデルでは、ディーラーオプションでLEDのルームランプにアップグレードすることができます。

■オプションで用意されているLEDのルームランプ

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/optional-parts/vehicles/aura.html

この新型モデルに用意されているLEDのルームランプは、青白く光るタイプとなっており、スタイリッシュな装いに…。

また、ディーラーさんの話によると、標準装備されている豆球のルームランプよりも明るいとのこと。

このように車内を明るく照らしてくれるのも、ディーラーオプションで用意されているLEDルームランプの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

LEDルームランプのオプション価格は約1万6000円

新型ノート オーラ(NOTE AURA)らしい上品な車内空間にしてくれるLEDルームランプですが、オプション価格は、マップランプ/ルームランプ/ラゲッジランプの3つのランプがセットになって約1万6000円となっています。

■新型オーラのインテリアLEDバルブパックの詳細

・オプション価格:1万5928円
・セット内容 :
マップランプ、
ルームランプ、ラゲッジランプ

ちなみに、この新型モデルに用意されているマップランプ/ルームランプ/ラゲッジランプは、個別に装着することも可能です。

■新型オーラのLEDルームランプの価格

・マップランプ …8,360円
・ルームランプ …4,620円
・ラゲッジランプ…4,620円

ただ、個人的には、オプション価格もそれ程高くないですし、3つのルームランプがセットになったインテリアLEDバルブパックを装着した方が良いのかなと思いました。

フットウエルランプもセットになったオプションも用意

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、フロントシートと後部座席の脚元を白い光で照らしてくれるフットウエルランプもセットになったオプション”インテリアLEDバルブパック プラスワン”も用意しています。

■新型オーラのインテリアLEDバルブパック プラスワンの詳細

・オプション価格:4万1228円
・セット内容:マップランプ、ルームランプ
ラゲッジランプ、フットウエルランプ

足元を白い光で照らしてくれるフットウエルランプを備えると、車内の高級感&上質感がグッと増します。

■新型オーラのフットウエルランプ

また、この新型モデルは、サイドシルの段差が大きくなっているのですが、足元を照らしてくれるフットウエルランプを備えると、夜間の乗りがしやすくなるのも魅力の一つです。

このフットウエルランプのオプション価格は決して安くありませんが、車内の高級感&上質感にこだわる方は、装着を検討してみても良いかもしれませんね。

ちなみに、フットウエルランプ単体で装着することもできます。

■フットウエルランプのオプション価格…2万5300円

ただ、豆球のルームランプとLEDのフットウエルランプの組み合わせは、統一感がなくて、もったいない感じが…。もしLEDのフットウエルランプを装着するのなら、やはりLEDのルームランプは必須なのかなと思いました。

まとめ:物足りなさを感じる新型オーラのルームランプ

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)に用意されているルームランプのデザインや点灯した時の様子を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラのルームランプのまとめ

・車内の3ヶ所にルームランプを用意
・新型オーラのルームランプはすべて豆球
・LEDルームランプはディーラーオプションで用意

今回デビューを果たした新型モデルは、残念ながら豆球のルームランプが標準装備となっており、LEDのルームランプは、ディーラーオプション設定に…。

新型ノート オーラ(NOTE AURA)は機能や装備も充実していて非常に良いクルマなのですが、プレミアムコンパクトカーを謳うのならルームランプくらいはLEDにして欲しかったです。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02