新型オーラ ニスモのエンジンと足回り【どんな専用チューニングをほどこした?】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、エンジン&足回りにベースのオーラ(AURA)とは違う専用のチューニングをほどこしています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)とはひと味もふた味も違う異次元な走り&加速を堪能することができます。

そんな新型モデルは、どのようなチューニングをほどこしているのでしょうか?また、ベースモデルのオーラとは、どんな違いがあるのでしょう?

ベースモデルのオーラ(AURA)とは違う専用のチューニングをほどこされた新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のエンジンと足回りについて、詳しくお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモのエンジン【特徴&専用のチューニングを徹底解説】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)に搭載されているエンジンは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモのエンジン

新型オーラ ニスモはオーラと同じエンジンを搭載

今回デビューを果たした新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)と同じ”HR12DE”と名付けれた直列3気筒エンジンを搭載しています。

また、この新型モデルとベースのオーラ(AURA)に搭載されているエンジンは、全く同じ最高出力&最大トルクになっています。

■新型オーラ ニスモとオーラのエンジン比較

ただ、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースのオーラ(AURA)よりも「加速の伸びの良さ」や「レスポンス」を重視したチューニングをほどこしているようですよ。

オーラとの大きな違いが中速域のチカラ強さ

専用のチューニングをほどこした新型オーラ ニスモは、ベースのオーラよりもアクセルペダルを踏み込んだ時のレスポンスが鋭くなっています。

ただ、それ以上に驚いたのが、中速域からの伸び&チカラ強さです。

ベースモデルのオーラ(AURA)は、時速30~40km/hで走行している時にアクセルペダルを踏み込むと、スーっと滑らかに加速が伸びていくような乗り心地&ドライビングフィールになっています。

一方、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、時速30~40km/hで走行中にアクセルぺダルを踏み込むと、後ろから「グググッ」と押されたかのようなチカラ強さがあります。

また、チカラ強い加速がオーラ(AURA)よりも長続きするのも、今回デビューを果たした新型モデルのエンジンにほどこされたチューニングの特徴の一つですよ。

車速にリンクをしているエンジン音

また、車速や加速にエンジン音がリンク(同調)しているのも、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のチューニング特製の一つです。

エンジンを発電機として利用しているe-POWERの欠点&デメリットの一つは、車速やアクセルの踏み込みとは関係ないタイミングで、エンジンが駆動してしまうことですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、車速の上昇にエンジンの回転数を同調させたとのこと。

なので、この新型モデルは、静かにアクセルを踏み込むとオーソドックスなハイブリッド車のようにエンジンが回転せず静かに発進をしていきます。

しかし、アクセルをグッと踏み込んで攻めた感じで加速をすると、エンジンも目覚め、伸びていく加速に応じて、気持ちが良いエキゾースト音が耳に届きます。(動画の4分40秒付近でエンジン音を確認できます。)

【新型AURA nismo (オーラ ニスモ) 】プロレーシングドライバーによる試乗レビュー 元嶋佑弥選手/織戸学選手

アクセルとブレーキペダルの操作が多くなるワインディングロードなど、エンジ音とのリンクが若干ギクシャクする場面もあります。

ただ、この新型モデルは、エンジン音も楽しめるクルマになっているので、試乗をする際は、エンジン音にも注目をしてみてくださいね。

新型オーラ ニスモの足回り【特徴&専用チューニングを徹底解説】

また、2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、足回りも専用のチューニングをほどこしています。

この新型モデルの足回りには、どのようなチューニングがほどこされているのでしょうか?特徴&注目ポイントを、紹介したいと思います。

グリップ性能に優れたスポーツタイヤを標準装備

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の足回りの注目ポイントの一つは、タイヤ&ホイールです。
この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)と同じ、17インチのタイヤ&ホイールを標準装備しています。

■新型オーラ ニスモとオーラのタイヤサイズ

ただ、この2台のモデルは、履いているタイヤが異なります。

この新型モデルのベースモデルのオーラ(AURA)では、プレミアムコンパクトカーと呼ぶのに相応しい上品な乗り心地を楽しめるブリヂストンの”トランザT005″を履いています。

■オーラのタイヤ

一方、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、レースカーでも使用されるくらい高いグリップ性能&ハンドリング性能を備えているミシュランのハイパフォーマンス スポーツタイヤの”パイロット スポーツ4″を標準装備。

■新型オーラ ニスモのタイヤ

また、この新型モデルは、6.5Jから7.0Jにワイド化した専用デザインのホイールを履いています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)よりも少し硬めの乗り心地になっています。ただ、段差などを乗り越えた時の吸収が非常に良いため、不快さは一切ないフラットさを兼ね備えた乗り味になっていました。

NISMO専用仕様になっているサスペンション

また、足回りを支えるサスペンションも、新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)専用のチューニングになっています。

この新モデルは、サスペンションに20mmローダウンしたスプリングを使用しているだけではなく、フロントはバネレートを36%、リヤは25%硬めに変更。サスペンションが縮んだときの特性を左右するバンプラバーも、NISMO専用の形状になりました。

また、ショックアブソーバーにも手を加えており、フロントの外筒板厚をアップしただけではなく、リヤをモノチューブ式に変更。

これにより、この新型モデルは、FF車にも関わらず、4WD車のような前後左右4つのタイヤが地面にビタっと吸い付いているかのような接地感があります。

日産 ノートオーラ ニスモ 【試乗レポート】 出力変わらずでも加速がスゴイ!! ハンドリングも超キビキビ系!! NOTE AURA NISMO E-CarLife with 五味やすたか

また、この新型モデルは、タイヤの接地感が非常に良いため、ワンディングロードのような難しい連続コーナーも安心して運転できるクルマになっていました。

まとめ:オーラよりも気持ち良さと安心感がある新型オーラ ニスモ

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)のエンジンや足回りには、このような専用のチューニングがほどこされていました。

■新型オーラ ニスモのエンジン&足回りのまとめ

・エンジンはオーラと同じ
・加速の伸び&レスポンスを重視したチューニングに変更
・エンジンの回転数と同調し、気持ち良さを演出
・専用のスポーツタイヤを装着
・サスペンションも専用設定

今回デビューを果たした新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)と全く同じエンジンを搭載。

ただ、専用のチューニングをほどこした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースモデルとは全然違う気持ちが良い加速と軽快な走りが楽しめるクルマに仕上がっていました。

また、この新型モデルは、タイヤの接地感が非常に良く、カーブを曲がった時の安心感が増しているのも魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルとベースのオーラ(AURA)の乗り出し価格の差は、思ったよりも大きくありません。普通のコンパクトカーとはひと味違う気持ちが良い走りを楽しみたい方は、新型オーラ ニスモの購入を検討しても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02