新型ノート クロスオーバーとノートe-POWERの外装はココが違う【実車画像で比較】

2021年10月、ノートe-POWERをベースにしたSUVモデル新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)がデビューを果たしました。

この新型モデルは、ベースとなっているノートe-POWERにはなかったルーフレールが備わるなど、SUVらしい無骨な見た目に…。

また、クロスオーバー仕様らしく車高も少し高くなっていました。

そんな新型モデルとノートe-POWERの外装・エクステリアは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアは、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

デザインの違いは?【新型ノート クロスオーバーとノートe-POWERの外装比較】

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とベースとなっているノートe-POWERの外装・エクステリアは、それぞれこのようなデザインをしています。

大人っぽい落ち着いたデザインのノートe-POWER

日産の人気コンパクトカーノートe-POWERの外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■ノートe-POWERの外装

2020年11月にフルモデルチェンジをしたノートe-POWERは、格子状のフロントグリルを備えるなど、大人っぽい落ち着いたデザインに…。

■ノートe-POWERのフロントグリル

また、シャープなヘッドライトや水平に広がる横一文字のリヤコンビネーションランプを備えるなど、先進性を強調したデザインに…。

ただ、最上位モデルに位置をするXグレードでも、ハロゲンのヘッドライトやホイールキャップ付きのスチールホイールを標準装備するなど、機能&装備面で少し劣るのが気になるところでした。

スタイリッシュな新型ノート クロスオーバー

一方、ノートe-POWERのベースにしたSUVモデル新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーの外装

このクロスオーバーモデルは、日産のカスタムカーブランド”オーテック(AUTECH)”が手掛けたこともあり、オーテックの特徴でもあるドットパターンのフロントグリルを採用。

■新型ノート クロスオーバーのフロントグリル

また、LEDヘッドライトやアルミホイールが標準装備されるなど、ベースとなっているノートe-POWERよりも機能&装備が充実しているのも好印象でした。

機能&装備の違いは?【新型ノート クロスオーバーとノートe-POWERの外装比較】

このように見た目の印象が大きく異なる新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERの外装・エクステリアですが、機能&装備も異なります。

この2台のモデルの外装・エクステリアは、どのような違いがあるのか?実車画像を使って、違いを紹介したいと思います。

ボディサイズ

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とベースのノートe-POWERの外装・エクステリアの大きな違いの一つは、ボディサイズです。

■新型ノートクロスオーバーとノートのボディサイズ比較

この2台のモデルの全長に関しては、まったく同じになっています。

ただ、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ホイールアーチガーニッシュ&サイドシルプロテクターを備えていることもあり、ノートe-POWERよりも全幅が若干大きくなっています。

また、最低地上高を高くしたことにより、また、タイヤをひと回り大きくしたことにより、全高も新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方が45mmほど高くなっていました。

■ノートe-POWERの外装

■新型ノート クロスオーバーの外装

フロントグリル

また、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERの外装・エクステリアの装備の大きな違いの一つが、フロントグリルです。

ベースとなっているノートe-POWERは、艶やかなピアノブラック塗装をほどこした格子状のフロントグリルを採用しています。

■ノートe-POWERのフロントグリル

そのおかげもあり、ノートe-POWERは上品で高級感あふれるフロントマスクになっていました。

一方、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、オーテック(AUTECH)が手掛けたこともあり、湘南の白波をモチーフにしたドットパターンのフロントグリルを採用。

■新型ノート クロスオーバーのフロントグリル

そのおかげもあり、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、洗練されたスタイリッシュなフロントマスクになっていました。

ヘッドライト&シグネチャーランプ

また、ヘッドライト、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERの外装・エクステリアの外装・エクステリアの大きな違いの一つです。

ベースとなっているノートe-POWERでは、ハロゲンのヘッドライトが標準装備となっていました。

■ノートeーPOWERのヘッドライト

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

一方、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ハロゲンではなく、LEDのヘッドライトを標準装備。

■新型ノート クロスオーバーのヘッドライト

また、この新型モデルは、ブルーに輝くLEDのシグネチャーランプも備えており、標準仕様とはひと味違うスタイリッシュなフロントマスクを強調しているのも魅力の一つなのかなと思いました。

■新型ノートクロスオーバーのシグネチャーランプ

サイドミラー

また、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERでは、サイドミラーのデザインも異なります。

ベースとなっているノートe-POWERのモノトーンはボディと同系色、そして、ツートンカラーは、ブラックカラーのサイドミラーを採用しています。

■ノートe-POWERのサイドミラー

一方、SUV仕様の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)では、メタル調の塗装をほどこしたサイドミラーを採用。

■新型ノート クロスオーバーのサイドミラー

そのおかげもあり、ベースモデルのノートe-POWERとはひと味違うスタイリッシュな雰囲気がただようサイドミラーになっていました。

ちなみに、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERの最上位モデルのXグレードは、どちらもドアロック連動格納機能が備わっており、サイドミラーの機能に違いはありませんでした。

エンブレム

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、フロントとリヤに”NOTE CROSSOVER”の描かれた専用デザインのエンブレムを装着しています。

■フロントマスクの専用エンブレム

■リヤの専用エンブレム

そのおかげもあり、ベースとなっているノートe-POWERとはひと味違う特別感のある外装・エクステリアになっていました。

ルーフレール

また、新型ノート クロスオーバーとノートe-POWERの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、ルーフレール(ルーフモール)です。

ノートe-POWERとは違い新型ノート クロスオーバーでは、ルーフに荷物の積載などをする際に重宝をするルーフレール(ルーフモール)を標準装備。

■新型ノート クロスオーバーのルーフレール

そのおかげもあり、ノートe-POWERとはひと味違う無骨感あふれる外装・エクステリアになっていました。

ホイールアーチガーニッシュ&サイドシルプロテクター

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、サイドスタイルです。

ベースとなっているノートe-POWERは、特別な加飾がなくコンパクトカーらしいオーソドックスなサイドスタイルになっています。

■ノートe-POWERのサイドスタイル

一方、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、樹脂製のホイールアーチガーニッシュ&サイドシルプロテクターを装着。

■新型ノート クロスオーバーのホイールアーチガーニッシュ

■新型ノート クロスオーバーのサイドシルプロテクター

そのおかげもあり、ノートe-POWERとは違う新型ノート クロスオーバーは、SUVらしいタフで無骨感のサイドスタイルになっていました。

■新型ノート クロスオーバーのサイドスタイル

タイヤ&ホイール

また、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールです。

ベースとなっているノートe-POWERでは、ガンメタ塗装をほどこしたフルホイールキャップ付きをスチールホイール(鉄チン)を全グレード標準装備していました。

■ノートe-POWERのホイール

しかし、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、登山靴をモチーフにした光輝加工を施したアルミホイールを標準装備。

■新型ノート クロスオーバーのホイール

また、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とノートe-POWERの最上位モデルに位置をするXグレードはどちらも16インチのタイヤを標準装備しています。

■新型ノート クロスオーバーとノートe-POWERのタイヤサイズ比較

ただ、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方が直径がひと回り大きくなっており、迫力のあるサイドスタイルを演出していました。

まとめ:全く異なる雰囲気の新型ノート クロスオーバーとノートe-POWER

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)と、ベースモデルのノートe-POWERの外装・エクステリアを比べたところ、このような違いがありました。

■新型ノート クロスオーバーとノートの外装の違いのまとめ

・ノートe-POWERは落ち着いた上品なデザイン
・新型ノート クロスオーバーはスタイリッシュな見た目
・機能や装備の充実度にも差

この新型モデルのベースになっているノートe-POWERは、老若男女に愛される落ち着いた雰囲気だったのに対し、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、スタイリッシュで洗練された見た目に…。

また、ルーフレールやホイールアーチガーニッシュ、サイドシルプロテクターなどSUVらしさを強調する装備が多数用意されているのも、この新型モデルの注目ポイントの一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02