意外なデメリットも…新型ノートクロスオーバーの魅力と欠点を大公開

2021年10月にデビューを果たしたノートe-POWERのSUV仕様新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、スタイリッシュな見た目など競合車・ライバル車にはない魅力&メリットがあります。

その一方、競合車・ライバル車よりも見劣りするところも…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルの魅力&メリットは、何だったのでしょうか?逆に競合車・ライバル車よりも劣る欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

ノートe-POWERをベースにしたSUV車新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力&欠点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ココが凄い!新型ノートクロスオーバーの魅力

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装&内装は、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの外装

■新型ノートクロスオーバーの内装

競合車・ライバル車にはない独特の存在感が際立つこの新型モデルですが、次のような特徴&魅力を備えていました。

スタイリッシュな見た目

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力の一つは、スタイリッシュさとSUVらしい無骨さを兼ね備えた外装・エクステリアです。

この新型モデルは、ドットパターンのフロントグリルやブルーに輝くシグネチャーランプを備えており、日産のカスタムカーブランド”オーテック(AUTECH)”が手掛けたクルマらしくスタイリッシュなフロントマスクに…。

■新型ノートクロスオーバーのフロントグリル

■新型ノートクロスオーバーのシグネチャーランプ

その一方、ブラック塗装をほどこしたホイールアーチガーニッシュやサイドシルプロテクターなどを備えており、SUVらしい無骨さも強調。

■新型ノートクロスオーバーのサイドシルプロテクター

高い次元でオーテックらしいスタイリッシュさとSUV車らしい無骨さを両立しているのは
、競合車・ライバル車にはないこの新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力の一つなのかなと思いました。

小回りが効くコンパクトなボディサイズ

また、ボディサイズも、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力の一つです。

競合車のトヨタのヤリスクロス(YARISS CROSS)やカローラクロス(COROLLA CROSS)、ホンダのフィット クロスター(FIT CROSTER)は、3ナンバーサイズのクルマとなっているのですが、この新型モデルは、5ナンバーサイズ内に収めています。

■新型ノートクロスオーバーと競合車のボディサイズ比較

そのため、競合車・ライバル車よりも小回りが効きます。

また、高さ制限のある機械式の駐車場・コインパーキングも利用することができます。

ボディサイズを気にすることなく使い倒せる使い勝手の良さも、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

乗り心地の良さ

また、ベースとなっているノートe-POWERよりも乗り心地が良いのも、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力の一つです。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、ベースのノートe-POWERよりもひと回り大きいタイヤを履いているんですよね。

■新型ノートクロスオーバーのタイヤ

また、サスペンションも専用のセッティングとなっています。

そのおかげもあり、ノートe-POWERよりもしっとりとした柔らかな乗り心地に…。

ノートe-POWERの乗り心地も十分に満足できる乗り心地になっているのですが、ワンランク上のフラットで路面の凹凸感を感じない乗り心地を楽しめるのは、競合車・ライバル車とはひと味違う新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ココが残念!新型ノートクロスオーバーの欠点&デメリット

このように様々な魅力&メリットがある日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)ですが、競合車・ライバル車よりも見劣りをする欠点&デメリットもありました。

この新型モデルが競合車・ライバル車よりも見劣りをするところは、ドコだったのでしょうか?私がこの新型モデルを実際に確認をして気になったところを包み隠さず紹介したいと思います。

荷室・ラゲッジスペースの容量と使い勝手

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の欠点&デメリットの一つが、荷室・ラゲッジスペースの容量と使い勝手です。

■新型ノートクロスオーバーの荷室

この新型モデルは、ベースになっているノートe-POWERにSUVっぽさを演出するパーツを装着しただけの“なんちゃってSUV”です。

そのため、この新型モデルの荷室容量は、ヤリスクロス(YARIS CROSS)やカローラクロス(COROLLA CROSS)などの競合車・ライバル車よりも見劣りします。

■新型ノートクロスオーバーと競合車の荷室容量比較

また、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も、荷室の高さを調整することができるデッキボードや、中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用しているトヨタのヤリスクロス(YARIS CORSS)に劣ります。

■ヤリスクロスの荷室

街中メインなら、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の荷室・ラゲッジスペースでも十分です。

ただ、「せっかくSUVを購入するのなら、街乗りだけではなく、アウトドアやキャンプに行ってみたい!」と考えているのなら、この新型モデルではなく、たくさんの荷物を積み込むことができるヤリスクロス(YARIS CORSS)やカローラクロス(COROLLA CROSS)の方が良いのかなと思いました。

後部座席まわりの居住スペース

また、2021年8月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)が、競合車・ライバル車よりも見劣りすると感じたのが、後部座席まわりの居住スペースです。

ボディサイズは競合車よりもひと回り小さいこの新型モデルですが、室内の広さに関しては、競合車・ライバル車に引けを取りません。

■新型ノートクロスオーバーと競合車の室内サイズ比較

室内長など競合車・ライバル車に勝っているところもあります。

ただ、後部座席まわりの居住性に関しては、競合車・ライバル車よりも少し劣る感じが…。

特に気になったのは、後部座席に座った時の頭上空間(ヘッドクリアランス)の狭さです。
身長175cmある私がこの新型モデルの後部座席に座ると、頭のてっぺんから天井まで手の平2枚分くらいの余裕しかありません。

そのため、この新型モデルの後部座席に座ると、少し窮屈感を感じます。

また、この新型モデルは、シートやダッシュボード、センターコンソールがシックなブラックで統一されているため、圧迫感を感じます。

一方、同じ日産から発売されているキックス(KICKS)やトヨタのカローラクロス(COROLLA CROSS)は、後部座席まわりの天井が新型ノートクロスオーバーよりも高いため、窮屈感を感じることなくゆったりと座ることができます。

また、車内も新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)よりも明るい配色・カラーリングになっているため、後部座席に座った際に圧迫感を感じません。

■日産 キックスの後部座席まわり

この後部座席に座った時に感じる天井の低さや圧迫感も、競合車・ライバル車よりも劣るこの新型モデルの欠点&デメリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:競合車にはない魅力が盛りだくさんな新型ノートクロスオーバー

2021年10月にデビューを果たしたノートe-POWERをベースにしたSUVモデル新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、このような魅力&欠点がありました。

■新型ノートクロスオーバーの魅力

・スタイリッシュな見た目
・コンパクトなボディサイズ
・乗り心地の良さ

■新型ノートクロスオーバーの欠点

・荷室の使い勝手
・競合車よりも劣る燃費性能

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも劣る燃費性能など、欠点&デメリットもあります。

ただ、この新型モデルには、見た目のデザインや際立つ存在感、しなやかな乗り心地など、競合車・ライバル車にはない魅力&メリットもあります。

コストパフォーマンスを最重要視する人には、この新型ノート クロスオーバーは不向きですが、「他の人と違うクルマに乗りたい」「存在感のあるクルマに乗りたい」と考えている方には、この新型モデルは、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02