新型ノートクロスオーバーの内装の専用装備【ノートe-POWERとの違いとは?】

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアには、専用デザインの装備&アイテムが多数用意されています。

そのため、ベースとなっているノートe-POWERとは全く異なる雰囲気に…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルとノートe-POWERの内装は、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この新型モデルの内装・インテリアには、どのような専用装備&アイテムを用意していたのでしょうか?

ノートe-POWERをベースにしたSUV仕様新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のみに用意されている専用装備&アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートクロスオーバーとノートe-POWER【内装のデザインをチェック】

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とベースになっているノートe-POWERの内装・インテリアは、それぞれ次のようなデザインをしていました。

チープさが気になるノートe-POWERの内装

日産の人気コンパクトカーのノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■ノートe-POWERの内装

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

この新型モデルは、ブラックを基調にした内装・インテリア採用。

ただ、この新型モデルは、ファブリックシートを標準装備しています。(※メーカーオプションで本革シートに変更可能)

■ノートe-POWERのファブリックシート

また、ダッシュボードやセンターコンソールもプラスチック感が満載です。

そのため、内装・インテリアの高級感&上質感に関しては、少し物足りなさを感じてしまいました。

シックで重厚感ただよう新型ノートクロスオーバーの内装

一方、2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの内装

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications/autech_crossover.html

今回デビューを果たした新型モデルのブラックを基調にした内装・インテリアを採用。

ただ、この新型モデルは、ブルーをアクセントカラーに採用しており、ノートe-POWERとはひと味違う装いに…。

また、シートには、肌触りの良さと弾力性が特徴の人工皮革”レザレット”が標準装備となっており、ベースのノートe-POWERよりも高級感&上質感のある内装・インテリアになっていました。

■新型ノートクロスオーバーのレザレットシート

新型ノートクロスオーバーの内装の専用装備とは?

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、内装・インテリアにノートe-POWERとはひと味違う専用デザインの装備&アイテムを多数用意しています。

この新型モデルでは、どのような専用装備&アイテムを用意しているのか?実車画像を使って、紹介したいと思います。

ダッシュボード【クロスオーバーの専用装備1】

今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアに用意されている専用装備&アイテムの一つが、ダッシュボード&インパネです。

ベースとなっているノートe-POWERは、カーボン調の加飾をダッシュボードにあしらっていましたが、この新型モデルでは、ダークウッド調のパネルをダッシュボードに採用。

■ノートe-POWERのダッシュボード

■新型ノートクロスオーバーのダッシュボード

そのおかげもあり、この新型モデルのダッシュボード、ベースとなっているノートe-POWERよりも重厚感のあるデザインになっていました。

ハンドル【クロスオーバーの専用装備2】

また、ハンドル・ステアリングホイールも、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の専用装備&アイテムの一つです。

■新型ノートクロスオーバーのハンドル

ベースとなっているノートe-POWERは、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備していましたが、この新型モデルでは、本革巻きのハンドルを採用。

また、この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールには、ブルーのステッチがあしらわれおり、スタイリッシュな見た目を演出しているのも注目ポイントの一つですよ。

センターコンソール【クロスオーバーの専用装備3】

また、運転席と助手席の間に備わっている大型のセンターコンソール&アームレストも、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の専用装備の一つです。

■新型ノートクロスオーバーのセンターコンソール

この新型モデルでは、電子式のシフトレバーの後方に”AUTECH”のロゴを装着し、特別感を演出しています。

ただ、個人的には、”AUTECH(オーテック)”ではなく、フロントグリルやリヤに備わっているエンブレムと同様”AUTECH CROSSOVER(オーテック クロスオーバー)”と描かれたこのクルマ専用のエンブレムを用意しても良かったのかなと思いました。

アームレスト【クロスオーバーの専用装備4】

また、センターコンソールの後方に備わっているアームレストも、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の専用装備&アイテムとなっています。

この新型モデルは、ベースモデルのノートe-POWERと同様、合成レザーを表面にあしらったアームレストを標準装備しています。

■ノートe-POWERのアームレスト

■新型ノートクロスオーバーのアームレスト

ただ、ノートe-POWERとは異なり、アームレストのサイドにブルーのステッチを採用。

そのおかげもあり、ノートe-POWERよりもスタイリッシュ&スポーティな雰囲気がただようアームレストになっていました。

シート【クロスオーバーの専用装備5】

また、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアの注目の装備の一つが、シートです。

■新型ノートクロスオーバーのシート

この新型モデルのフロントシートには、背もたれの中央に”AUTECH CROSSOVER(オーテック クロスオーバー)”と描かれたロゴが刺繍されており、ドアを開けると、ロゴが目に飛び込んできます。

■新型ノートクロスオーバーの背もたれの刺繍

また、この新型モデルでは、シートの素材にサラサラっとした肌触りが特徴の人工皮革”レザレット”を採用。

■新型ノートクロスオーバーに採用されているレザレット

この新型モデルに採用されているレザレットは、ノートe-POWERにオプションで用意されている本革シートよりも弾力性に優れ、もっちりとした座り心地になっているのが好印象でした。

まとめ:様々な専用装備を内装に用意している新型ノートクロスオーバー

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアに用意されている専用装備&アイテムを確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーの内装の専用装備

・ダークウッド調のダッシュボード
・エンブレムを装着したセンターコンソール
・ブルーのステッチをあしらったハンドル
・レザレットを採用したシート

ダークウッド調のダッシュボードやレザレット素材を使用したシートなど、この新型モデルの内装・インテリアには、様々な専用装備が用意されていました。

そのおかげもあり、ベースとなっているノートe-POWERとでは味わえない重厚感あふれるシックな内装・インテリアになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02