新型ノートクロスオーバーのハンドル【デザインや操舵感など魅力&注目ポイントを紹介】

2021年10月にデビューを果たした日産のコンパクトSUV新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のハンドル・ステアリングホイールは、ベースのノートe-POWERとはひと味違う専用デザインになっています。

そのため、ノートe-POWERとはひと味違うスタイリッシュな運転席まわりに…。

また、ベースのノートe-POWERよりもハンドル・ステアリングホイールの操舵感が良くなっているのも好印象でした。

そんな新型モデルのハンドル・ステアリングホイールは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルのハンドルの操舵感は、どのような感じだったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のハンドル・ステアリングホイールのデザインや操舵感などを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートクロスオーバーのハンドル【デザイン&機能をチェック】

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーのハンドル

ブルーのステッチをあしらった専用デザインのハンドルを採用

この新型モデルのベースになっているノートe-POWERでは、ウレタン製のハンドルが標準装備となっており、本革巻きのハンドルは、メーカーオプションで用意されていました。

■ノートe-POWERのハンドル

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、ブルーのステッチをあしらった本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

そのため、ベースのノートe-POWERにはない高級感&上質感があります。

また、ブルーのステッチをあしらったシートやセンターコンソールとの相性も良く、スタイリッシュな運転席まわりを演出しているのも好印象でした。

操作性が良いステアリングスイッチを搭載

また、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のハンドル・ステアリングホイールで印象的だったのは、ハンドルの左右のスポークに備わっているステアリングスイッチの操作性の良さです。

この新型モデルは、左側のステアリングスイッチにオーディオ関連とメーターの表示切替スイッチを装着しているのですが、メーターの切り替えスイッチにはダイヤル式を採用。

■新型ノートクロスオーバーのステアリングスイッチ:左側

ボタン式よりも手軽に&素早くメーターの表示の切り替えができるようになっていたのは、非常に良いように感じました。

一方、ハンドル・ステアリングホイールの右側には、日産の代表的な機能でもあるプロパイロット機能を設定&発話スイッチを用意。

■新型ノートクロスオーバーのステアリングスイッチ:右側

スポークの下部に備わっている発話スイッチよりも使う機会が多いプロパイロット関連のスイッチの方がサイズが大きめに…。運転中のプロパイロット機能の作動や設定速度などがしやすくなっていたのも好印象でした。

【新型NOTE】プロパイロットを知らない人の為に徹底説明

マニュアルモード&パドルシフトの用意はなし

今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、マニュアル車のようにドライバー自ら変速操作を行うマニュアルモードが用意されてません。

■新型ノートクロスオーバーのシフトレバー

そのため、ハンドルを握ったままシフトチェンジを行えるパドルシフトの用意もありません。

ちょっとコレは残念ですよね。

この新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、キャンプやアウトドアシーンでも活躍をするクロスオーバーSUVです。

そのことを考えると、山道をキビキビと走り抜けることができるマニュアルモード&パドルシフトを用意してもらいたいところでした。

新型ノートクロスオーバーのハンドル【操舵感・ステアリングフィールをチェック】

スタイリッシュな見た目が魅力の新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のハンドル・ステアリングホイールですが、操舵感・ドライビングフィールは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのハンドル・ステアリングホイールの操舵感を確認してきたので、紹介したいと思います。

新型カローラクロスは軽めのステアリングフィール

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、軽めのステアリングフィール&操舵感になっています。また、ハンドルから手に伝わってくる振動も少ないです。

そのため、女性でも運転操作がしやすいクルマになっています。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、ベースのノートe-POWERよりも大径タイヤを履いていることもあり、しなやかな乗り心地になっています。

そのため、この新型モデルのステアリングフィール&操舵感は、ベースのノートe-POWERよりもさらに滑らかになったように感じました。

ゆったりとした応答性能

また、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)で驚いたのは、ハンドルの応答性能です。

この新型モデルは、日産のカスタムカーブランド”オーテック(AUTECH)”が手掛けているので、ハンドルのハンドル操作に対して車体がクイックに反応するレスポンスの良いクルマに仕上がっていると思っていました。

しかし、この新型モデルは、ステアリングの遊びが多いこともあり、応答性が思ったよりもマイルドです。

そのため、ハンドルを切った瞬間に素直に向きが変わるようなスポーティさはなく、ワンテンポ置いてから、ゆったりと旋回をしていく感じの乗り心地に…。

ただ、カーブを曲がる際のタイヤの接地感が良く、また、ボディの動きも非常にナチュラルなので、非常に乗りやすいクルマになっているように感じました。

まとめ:クセがなく運転がしやすい新型ノートクロスオーバーのハンドル

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のハンドル・ステアリングホイールのデザインや操舵感を確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーのハンドルのまとめ

・ブルーのステッチをあしらった本革巻きのハンドルを採用
・パドルシフトの用意はなし
・誰でも操舵がしやすい軽めのステアリングフィール
・ゆったりとした応答性能

今回デビューを果たした新型モデルは、ブルーのステッチをあしらった専用デザインのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

ただ、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、軽め&反応速度を抑えたゆったりとしたステアリングフィールに…。

この新型モデルは、見た目ほどスポーティな乗り心地・走破性になっていませんでしたが、老若男女問わず誰でも「運転がしやすい!」と感じるクルマに仕上がっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02