新型ノートe-POWERの後部座席はリクライニング可能?【装備&機能をチェック】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、先進性のあるスタイリッシュな車内空間が魅力&メリットの一つですが、試乗をして気になったのが、後部座席まわりの機能や装備です。

この新型モデルの後部座席は、グレードや装着するオプションによって、機能や装備に大きな違いが…。

そんな新型モデルの後部座席には、背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能は、備わっていたのでしょうか?また、アームレストやUSBポート、エアコンなど後部座席まわりの装備や機能は、充実していたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席のデザイン、装備&機能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERの後部座席の機能をチェック【リクライニングは可能?】

2020年12月にデビューを果たした日産の人気コンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席は、このようなデザインをしています。

■新型ノートe-POWERの後部座席

今回デビューを果たした新型モデルは、6対4分割方式の後部座席を全グレードに採用しています。なので、左右別々に後部座席の背もたれを収納することができます。

ただ、背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能や後部座席の中央に備わるリヤセンターアームレストに関しては、グレードや装着するオプションによって違いがありました。

リクライニング機能は最上位のXグレードのみ

今回デビューを果たした新型モデルは、6対4分割方式の後部座席を全グレードに標準装備していますが、後部座席の背もたれの角度を調整することができるのは、最上位モデルに位置をする”Xグレード”のみに標準装備されています。

後部座席の背もたれをリクライニングするためのレバーは、後部座席の背もたれの両サイドに備わっているのですが、後部座性の背もたれをリクライニングしてみると、背もたれの角度はこのような感じに…。

■後部座席をリクライニングした時の様子

この新型モデルに用意されているリクライニングの調整幅は、残念ながらそれ程大きくありません。

ただ、長時間ドライブの時などなど座る姿勢を変えたい時には、背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能は、重宝するのかなと思いました。

リヤセンターアームレストはオプション設定

一方、後部座席の中央に備わる”リヤセンターアームレスト”に関しては、標準装備ではなく、セットオプションの一つとして用意されていました。

■新型ノートe-POWERのリヤセンターアームレスト

ちょっとコレは、残念ですよね。

最上位モデルに位置をする”Xグレード”では、後部座席の快適性や利便性を高めてくれるリヤセンターアームレストくらい標準装備にしても良かったのかなと、思ってしまいました。

ちなみに、この新型モデルに用意されているリヤセンターアームレストのオプション価格は、16インチサイズのアルミホイール、LEDヘッドランプ、本革ステアリング&本革シートなどのアイテムとセットで33万5500円となっていました。

■本革シート&ステアリングを備えたモデルの内装

つまり、この新型モデルでは、リヤセンターアームレストが欲しい人は、なぜかアルミホイールやLEDヘッドランプなどを装着しないといけないことに…。

このようにセットオプションの価格が高く、気軽にリヤセンターアームレストを装着することができないのも気になるところでした。

新型ノートe-POWERの後部座席の使い勝手は?【機能や装備をチェック】

リクライニング機能を備え、快適に過ごせるようになっていた日産の人気コンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”ですが、後部座席まわりの機能や装備は充実していたのでしょうか?

また、USBポートやエアコン/ヒーターの送風口を備え、快適に過ごせるようになっていたのでしょうか?

この新型モデルに用意されている新型モデルの後部座席まわりの装備&機能を確認してきたので、紹介したいと思います。

後部座席用のUSBポートやエアコンの用意はナシ

今回デビューを果たした日産のコンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、後部座席用のUSBポートやエアコン/ヒーターの送風口の用意はなく、非常にシンプルな作りに…。

日産車では、同じe-POWERを搭載しているコンパクトSUV”新型キックス(KICKS)”では、後部座席まわりにUSBポートを用意していたんですよね。

■新型キックスの後部座席用のUSBポート

なので、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)でも、後部座席用のUSBポートが用意されていることを期待していたのですが…。

しかし、ご覧の通り、この新型モデルのセンターコンソールの後方は、このようにシンプルなデザインに…。

■新型ノートe-POWERの後部座席

この新型モデルでは、後部座席用のUSBポートやエアコン/ヒーターの送風口など、快適性を高めるアイテムが用意されていないのは、少々残念でした。

ただ、この新型モデルでは、ディーラーオプションで後部座席用のUSBポートを用意しています。

■ディーラーオプションの後部座席用のUSBポート

ディーラーオプションの後部座席用のUSBポートは、挿入口が1つしか用意されていないのは少々残念ですが、オプション価格は1万4520円と、比較的リーズナブルなお値段となっています。

お子さんが乗車するなど、後部座席を利用する頻度が多い方は、ディーラーオプションとして用意されているUSBポートの装着を検討しても良いかもしれませんね。

新型ノートe-POWERは工夫を凝らした収納スペースが盛り沢山

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席で良いと思ったのが、後部座席まわりの収納スペース&小物入れです。

この新型モデルの後部座席には、工夫を凝らした使い勝手の良い収納スペース&小物入れが、たくさん用意されていました。

その一つが、センターコンソル後方ボックスです。

この新型モデルのセンターコンソールの後方には、スマホやiPhoneを収納するのに重宝をする薄型の収納スペース・小物入れが用意されています。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソール後方ボックス

また、シートバックポケットにも、スマホ/iPhoneを収納するのに最適な小さなポケットも用意されています。

■新型ノートe-POWERのシートバックポケット

後部座席まわりにスマホやiPhoneを置いておくスペースがないと、意外と不便なんですよね。

このようにスマホやiPhoneを収納するのに便利な収納スペース・小物入れを複数用意しているのは、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:使い勝手&快適性に優れる新型ノートe-POWERの後部座席

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席まわりの機能や装備を確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERの後部座席まわりの機能や装備の特徴

・リクライニング機能はXグレードのみ標準装備
・リヤセンターアームレストはオプションで用意
・エアコンの送風口/USBポートの用意はなし
・スマホ/iPhoneを置くのに適した収納スペースを用意

今回デビューを果たしたこの新型モデルの後部座席は、リヤセンターアームレストやUSBポートが標準装備されていないのは、少しガッカリしました。

ただ、後部座席の背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能が用意されているのは、好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02