予想以上に便利!新型ノートe-POWERの収納スペースの使い勝手&設置場所を徹底レビュー

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)が先代モデルよりも大きく進化を遂げたアイテムの一つが、収納スペース&小物入れです。

今回デビューを果たした新型モデルは、上下2段に分かれたセンターコンソールを備えるなど、収納力が格段に良くなった感じが…。

また、運転席から手が届く範囲にボックスティッシュを収納することができる大きな収納スペースが用意されているのも好印象でした。

そんな新型モデルでは、どこに収納スペース・小物入れが用意されていたのでしょうか?また、この新型モデルに用意されている収納スペース・小物入れの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

実車画像を使って、日産からデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の収納スペース・小物入れのデザインや使い勝手を確認したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERの運転席まわりの収納スペースを徹底解剖

スタイリッシュなデザインに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアですが、運転席まわりには、次のような収納スペース&小物入れが用意されていました。

センターコンソールアッパートレイ

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターコンソールの前方に用意されている収納スペースが”センターコンソールアッパートレイ”です。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソールアッパートレイ

サイズがそれ程大きくないため、収納することができるアイテムは限られてしまいます。

ただ、前方にUSBポートが用意されているため、USBと接続をしたスマホやiPhoneを置いておくのには、とても良いスペースなのかなと思いました。

また、この新型モデルのセンターコンソールアッパートレイのフロアは、ゴム素材でできており、スマホやiPhoneを置いても滑らないようになっているのも好印象でした。

ちなみに、メーカーオプションの”ワイヤレス充電”を搭載すると、このスペースに搭載されますよ。

センターコンソールロアボックス

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目の収納スペースの一つが、”センターコンソールロアボックス”です。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソールロアボックス

今回デビューを果たしたこの新型モデルのセンターコンソールボックスは上下2段構えになっているのですが、下段はボックスティッシュなども収納することができる大きな収納スペースに…。

コンパクトカークラスの場合、大きい収納スペースが少ないため、ボックスティッシュの置き場に困ることが多いんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、使い勝手の良い大きな収納スペースが用意されているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの大きな魅力&メリットだと思いました。

センターコンソールボックス

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、革張りの蓋(リッド)を持ち上げると小さいアイテムを収納することができる”アームレスト付きのセンターコンソールボックス”が用意されています。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソールボックス

アームレストになっている革張りの蓋(リッド)を持ち上げると、このような感じに…。

■センターコンソールボックスの内部

この新型モデルのセンターコンソールボックスの収納スペースは、周りの縁が太く、思ったよりも収納スペースのサイズが小さい感じが…。

個人的には、もう少し広い収納スペースにして貰いたかったです。

グローブボックス

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の助手席の前方には、グローブボックスが用意されています。

■新型ノートe-POWERのグローブボックス

この新型モデルのグローブボックスも思ったよりも小さめで、車検証を入れると、それ以外のアイテムを収納するのは、少し難しそうな感じが…。

個人的には、もう少し広いグローブボックスにして貰いたかったです。

フロントシート用ドリンクホルダー

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、ダッシュボードの左右に引き出して使用をするドリンクホルダーが用意されています。

■フロントシート用のドリンクホルダー

この新型モデルのドリンクホルダーは、ストッパーが備わるなどしっかりとした作りに…。

また、ダッシュボードの左右に備わっているドリンクホルダーにはスリットが入っており、収納時でもスマホやiPhoneを置くスペースとして使用できるよう工夫が施されているのも、好印象でした。

フロントドアポケット

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のフロントドアの下部には、フロントドアポケットが備わっています。

■新型ノートe-POWERのフロントドアポケット

フロントドアポケットには、ペットボトルを収納することができるドリンクホルダーに加えて、ポケットも用意。

フロントドアポケットのサイズも十分で、地図や雑誌、折り畳み傘などを収納するのに便利なのかなと思いました。

新型ノートe-POWERの後部座席まわりの収納スペースを徹底解剖

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、後部座席まわりにも様々な収納スペース・小物入れを用意していました。

この新型モデルの新型モデルの後部座席まわりには、どのような収納スペースが用意されていたのでしょうか?

この新型モデルの後部座席まわりに用意されている収納スペース・小物入れを確認してきたので、紹介したいと思います。

センターコンソール後方ボックス

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターコンソールの後方には、後部座席に乗車する人のための収納スペース”センターコンソール後方ボックス”が用意されています。

■新型のートe-POWERのセンターコンソール後方ボックス

サイズは小さいですが、スマホやiPhoneを収納しておくのには、とても便利な収納スペースなのかなと思いました。

シートバックポケット

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、助手席側のシートの裏側にシートバックポケットが全グレードに標準装備されています。

■新型ノートe-POWERのシートバックポケット

一見すると、オーソドックスなデザインに見えるこの新型モデルのシートバックポケットですが、内側には、スマホやiPhoneを収納するのに重宝する小さなポケットを用意。

このようにユーザーのことを考えて、収納スペース・小物入れに様々な工夫を施しているのも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

センターアームレスト

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、メーカーオプションで後部座席の中央にセンターアームレストを装着することができます。

■オプションのリヤセンターアームレスト

この新型モデルのセンターアームレストには、小物入れとして使用することができるドリンクホルダーも装着。スマホやiPhoneなどの小物を収納するのにも便利な作りになっていました。

リアドアポケット

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、後部座席の横のドアの下部にもポケットを用意しています。

■新型ノートe-POWERのリヤドアポケット

この新型モデルのリヤドアポケットは、フロントシートのものよりもサイズがひと回り小さくなっています。

ただ、ペットボトルのドリンクを収納しても、まだ多少アイテムを収納することができるようになっていたのは、好印象でした。

まとめ:使い勝手の良い収納スペースがたくさん用意されている新型ノートe-POWER

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、5ナンバーサイズのコンパクトカーと言うこともあり、収納スペース・小物入れ自体はそれほど多くありません。

ただ、ボックスティッシュを収納することができるセンターコンソールロアボックスや、スマホ/iPhoneも収納しやすいデザインになっているシートバックポケットなど、工夫が施された収納スペースを多数用意。

この新型モデルの収納スペース・小物入れの使い勝手に関しては、コンパクトカーの中でも群を抜いて良いように感じました。

もしこれから試乗に行かれる方は、競合車・ライバル車にはない魅力がある新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の収納スペース・小物入れにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02