新型ノートクロスオーバーとキックス比較【外装の違いはドコ?】

2021年10月、日産からノートe-POWERをベースにコンパクトSUV新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)がデビューを果たしました。

日産のコンパクトSUVと言うと、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)だけではなく、キックス(KICKS)も用意されているのですが、外装・エクステリアを比較してみると、様々な違いが…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルとキックス(KICKS)の外装・エクステリアは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この2台のモデルの外装・エクステリアには、どのような違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、日産から発売されている2台のコンパクトSUVの外装・エクステリアの違いを比較していみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートクロスオーバーとキックス【外装のデザインをチェック】

日産から発売されている2種類のコンパクトSUV新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)はどちらも、街中で映える都会派SUVとなっています。

■新型ノートクロスオーバーの外装

■キックスの外装

ただ、この2台のモデルは、見た目の雰囲気に大きな違いが…。

日産からデビューを果たしたこの2台のモデルの外装・エクステリアは、どのようなデザインをしていたのか?実車画像で確認をしてみましょう。

プレミアム感がただようキックス

日産の人気コンパクトSUVのジューク(JUKE)の後継モデルとして、2020年6月にデビューを果たした日産のキックス(KICKS)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■キックスの外装・エクステリア

このキックス(KICKS)は、最近のクルマでは珍しい角ばったフォルムを採用。

そのおかげもあり、シャープな印象の見た目に…。

また、このクルマは、メッキ調の加飾をほどこしたフロントバンパーやヘッドライトの下部、アウトドアハンドルなどが採用されており、高級感&上質感がただよう外装・エクステリアになっていました。

■キックスのフロントバンパー

■キックスのアウトドアハンドル

スポーティさが魅力の新型ノートクロスオーバー

一方、2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの外装・エクステリア

この新型モデルは、日産のカスタムカーブランドを手掛けるオーテック(AUTECH)が手掛けたということもあり、ドットパターンのフロントグリルやブルーに輝くシグネチャーLEDランプを装着。

■新型ノートクロスオーバーのシグネチャーLEDランプ

そのおかげもあり、この新型モデルは、キックス(KICKS)とはひと味違うスタイリッシュ&スポーティな見た目になっていました。

新型ノートクロスオーバーとキックスの外装【装備&パーツの違いを比較】

このように見た目の雰囲気が大きく異なる日産の新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)ですが、外装・エクステリアのパーツのデザインや機能性にも大きな差が…。

そんな2台のモデルの外装・エクステリアの違いを紹介したいと思います。

ボディサイズ

今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、ボディサイズです。

■新型ノートクロスオーバーとキックスのボディサイズ比較

ノートe-POWERをベースにした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は5ナンバーサイズのクルマなのに対し、キックス(KICKS)はひと回り大きい3ナンバーサイズのクルマとなってます。

そのおかげもあり、車内の広さ、荷室容量どれをとってもキックス(KICKS)の方がゆとりがあります。

なので、車内の快適性や荷物の積載性を最優先するのなら、キックス(KICKS)の方が良いかもしれません。

ただ、細い路地の運転のしやすさ、小回り性能に関しては、ボディサイズがコンパクトな新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方に軍配が上がるように感じました。

フロントグリル

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、フロントグリルです。

キックス(KICKS)がブラック塗装をほどこした重厚感のあるフロントグリルを採用。

■キックスのフロントグリル

また、フロントグリルを強調するダブルVモーショングリルを採用しており、押し出し感の強い迫力のあるフロントマスクを演出しているのも印象的でした。

一方、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、湘南の白波をモチーフにしたドットパターンのフロントグリルを採用。

■新型ノートクロスオーバーのフロントグリル

そのおかげもあり、この新型モデルは、スタイリッシュなフロントマスクに…。

また、フロントグリル内には、”AUTECH CROSSOVER(オーテック クロスオーバー)”と描かれた専用エンブレムが装着されており、特別感を演出しているのも好印象でした。

ヘッドライト

また、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)では、ヘッドライトも異なります。

■キックスのヘッドライト

■ノートクロスオーバーのヘッドライト

この2台のモデルはどちらもシャープな見た目のヘッドライトを採用していますが、フルLEDヘッドライトを標準装備しているのは、キックス(KICKS)のみ。

新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のヘッドライトは残念ながら、LEDを採用しているのは、ロービームとハイビームのみ。ウィンカーは、LEDではなく、豆球になっていました。

■キックスのヘッドライトの点灯時

■新型ノートクロスオーバーのヘッドライトの点灯時

そのため、見た目のスタイリッシュさは、キックス(KICKS)の方が良い感じが…。

ただ、ヘッドライトの機能性に関しては、前方のクルマや対向車を検知して、照射範囲を自動的に調整をしてくれる”アダプティブ機能”を備えた新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方が優れているように感じました。

リヤコンビネーションランプ

また、リヤコンビネーションランプのデザインも、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の大きな違いの一つです。

2020年6月にデビューを果たしたキックス(KICKS)は、先代モデルのノートe-POWERを彷彿とさせるようなブーメランシェイプのリヤコンビネーションランプを採用。

■キックスのリヤコンビネーションランプ

一方、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、最近トレンドの横一文字のリヤコンビネーションランプを標準装備。

■新型ノートクロスオーバーのリヤコンビネーションランプ

そのおかげもあり、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の方がワイド感があり、”どっしり”として見えます。

ただ、リヤコンビネーションランプ自体の性能に関しては、ウィンカーも含めてすべてLEDを採用しているキックス(KICKS)の方が優れているように感じました。

■キックスのリヤコンビネーションランプの点灯時の様子

タイヤ&ホイール

また、日産からデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)の外装・エクステリアの大きな違いの一つが、タイヤ&ホイールです。

どちらのモデルも、切削加工を施したアルミホイールを装着しているのは、共通です。

■キックスのアルミホイール

■新型ノートクロスオーバーのアルミホイール

ただ、キックスのアルミホイールは、街中で映えるスタイリッシュなデザインになっていたのに対し、登山靴のスパイクをモチーフにしてデザインされた新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のアルミホイールは、SUVらしいチカラ強いデザインになっていました。

また、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)よりもキックス(KICKS)の方がタイヤ&アルミホイールのサイズがひと回り大きく、迫力のあるサイドスタイルを演出しているのも、この2台のモデルの大きな違いの一つでした。

■新型ノートクロスオーバーとキックスのタイヤサイズ比較

見た目の迫力&洗練さに差がある新型ノートクロスオーバーとキックス

ノートe-POWERをベースにしたコンパクトSUVの新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)と、ジュークの後継モデルとして登場をしたキックス(KICKS)の外装・エクステリアを比較したところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーとキックスの主な外装の違い

・ボディサイズ
・フロントグリル
・ヘッドライト
・リヤコンビネーションランプ
・タイヤ&ホイール

日産から発売されている新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)とキックス(KICKS)は、どちらも街中で映える上品な見た目のクロスオーバーSUVとなっています。

ただ、見た目の迫力や存在感は、ボディサイズがひと回り大きく、ブラック塗装の重厚感のあるフロントグリルを採用しているキックス(KICKS)の方があるように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02