7つの違いが!新型ノートe-POWERのXグレードとSグレードの内装を比較

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の魅力の一つは、充実した機能&装備です。

先日、中間モデルに位置をする”Sグレード”と見比べることができたのですが、内装・インテリアの機能や装備に大きな違いが…。

そんな新型モデルのXグレードとSグレードの内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、XグレードとSグレードの内装・インテリアは、どのような違いがあったのか?

8年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのXグレードとSグレードの内装をチェック

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

■Xグレードの内装

■Sグレードの内装

ブラックを基調にしたスタイリッシュな内装を採用

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、Xグレード/Sグレードどちらもブラックを基調にしたスタイリッシュな内装・インテリアとなっています。

また、中間モデルの”Sグレード”でも、最上位モデルの”Xグレード”と全く同じデザインの液晶デジタルメーターやシフトレバーを採用。

■新型ノートe-POWERの液晶デジタルメーター

■新型ノートe-POWERのシフトレバー

中間モデルの”Sグレード”でも、最上位モデル”Xグレード”と同じ近未来感があふれる液晶デジタルメーターや電子式のシフトレバーを採用しているのは、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ノートe-POWERの内装【XグレードとSグレードの違いとは?】

このようにスタイリッシュなデザインになっている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレードとSグレードの内装・インテリアですが、細かい部分を見比べてみると、様々な違いが…。

この新型モデルのXグレードとSグレードの内装・インテリアは、どのような違いがあったのでしょうか?

最上位モデルに位置をする”Xグレード”と中間モデルに位置をする”Sグレード”の内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

シート【XグレードとSグレードの内装の違い1】

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Xグレード”の大きな違いの一つが、シートのデザインです。

どちらもファブリック素材を採用しているのですが、2台のモデルでは、シートのデザインに違いがありました。

中間モデルの”Sグレード”では、オーソドックスなブラックのシートのファブリックシートを採用しているのに対し、最上位モデルの”Xグレード”では、中央部分に行くにつれて座面や背もたれのカラーが徐々に明るくなる”グラデーショントリコット”を採用。

■Sグレードのシート

■Xグレードのシート

同じファブリック素材のシートになっていましたが、グラデーショントリコットを採用している最上位モデルの”Xグレード”の方が解放感があり、お洒落な感じが…。

また、最上位モデルの”Xグレード”のみファブリック素材のシートから本革シートに変更することができるのも、この2台のモデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。

ハンドル【XグレードとSグレードの内装の違い2】

また、ハンドル・ステアリングホイールも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”の大きな違いの一つです。

この新型モデルでは、Xグレード/Sグレードどちらもウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■新型ノートe-POWERのハンドル

ただ、この2台のモデルでは、ハンドルに備わっているスイッチに違いがあり、最上位モデルの”Xグレード”のみハンズフリーフォン スイッチを搭載。

■Xグレードのハンズフリーフォン機能

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の方がより快適に、そして、より安全に運転ができるようになっていました。

USBポートの数【XグレードとSグレードの内装の違い3】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の”Xグレード”と”Sグレード”では、スマホやiPhoneを充電をする際に重宝をするUSBポートの数にも違いがありました。

標準装備されているUSBポートの数は、ダッシュボードの中央下部に1つのみとなっており、XグレードとSグレードで違いはありません。

ただ、最上位モデルの”Xグレード”のみ、メーカーオプションでUSBポートを増設することが可能です。

■新型ノートe-POWERのUSBポート

このように車内に搭載することができるUSBポートの数に違いがあるのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレードとSグレードの大きな違いの一つなのかなと思いました。

センターコンソール【XとSグレードの内装の違い4】

また、運転席と助手席の間に備わるセンターコンソールも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の”Xグレード”と”Sグレード”で違いがありました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルでは、センターコンソール部分にアームレストを備えているのですが、最上位モデルの”Xグレード”では、ステッチ入りの合成レザーを採用。

■Xグレードのセンターアームレスト

また、シフトレバー部分にも、ピアノブラック調のパネルを採用。

■Xグレードのシフトレバー

そのおかげもあり、最上位モデルのXグレードの方が快適で、高級感のある運転席まわりになっていました。

スピーカーの数【XとSグレードの内装の違い5】

2020年8月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”では、スピーカーの数も異なります。

最上位モデルの”Xグレード”では、フロントシートまわりに2つ、後部座席まわりに2つ、合計4つのスピーカーを車内に備えています。

■新型ノートe-POWERのスピーカー

しかし、中間モデルの”Sグレード”のスピーカーは、フロントシートまわりの2つのみ。

後部座席に乗った人にとっては、フロントスピーカーだけでは、音楽やラジオ、DVDなどの音声が聞こえにくかったりするんですよね。

後部座席まわりでもクリアな音楽を楽しみたい方は、車内に4つのスピーカーを備えている最上位モデルの”Xグレード”の方が良いかもしれませんね。

後部座席の快適性【XとSグレードの内装の違い6】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の”Xグレード”と”Sグレード”では、後部座席の快適性も異なります。

どちらのモデルも6対4分割方式の後部座席を採用していますが、背もたれの角度を調節することができる”リクライニング機能”を搭載しているのは、最上位モデルの”Xグレード”のみです。

■リクライニングした時の後部座席

また、メーカーオプションで”リヤセンターアームレスト”を装着できるのも、最上位モデルの”Xグレード”だけです。

後部座席の快適性・居心地の良さを重要視するのなら、リクライニング機能が備わっている最上位モデルの”Xグレード”の方が良いのかなと思いました。

ドア内側パネル【XとSグレードの内装の違い7】

ドア内側パネルのデザインや快適性も、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と中間モデルの”Sグレード”も異なります。

最上位モデルの”Xグレード”は、高級感&上質感あふれるメッキ調のインナードアハンドルを標準装備しています。

■Xグレードのメッキ調のインナードアハンドル

また、合成レザーのドアアームレストを採用しているのも、最上位モデルの”Xグレード”のみです。

■Xグレードのドアアームレスト

そのおかげもあり、最上位モデルの”Xグレード”は、アームレストに腕を置いた時の感触が良いです。

この快適性に優れるドア内側パネルも、他のグレードにはない最上位モデル”Xグレード”ならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:高級感&快適性に差がある新型ノートe-POWERの内装

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”の最上位モデル”Xグレード”と中間モデル”Sグレード”の内装・インテリアは、それぞれこのようなデザインになっていました。

■新型ノートe-POWERのX/Sグレードの内装の違いのまとめ

・どちらのグレードも、ブラックを基調にした内装を採用
・メーターやシフトレバーのデザイン&使い勝手に違いはない
・高級感や上質感、快適性に差がある

どちらのモデルも液晶デジタルメーターや電子式のシフトレバー、オートブレーキホールドを採用しており、この新型モデルらしい近未来感を味わうことができます。

ただ、最上位モデルの”Xグレード”のみ後部座席のリクライニング機能を備えるなど、車内の快適性&居心地の良さには、だいぶ差があるように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02