新型ノートクロスオーバーのカタログ情報のまとめ【装備や納期など特徴を総ざらい】

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、日産のカスタムカーブランド”オーテック(AUTECH)”が手掛けたコンパクトSUVです。

そのため、ベースのノートe-POWERとはひと味違うスポーティ&スタイリッシュな見た目に…。

また、機能や装備が装備が充実しているのも好印象でした。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?

日産のノートe-POWERをベースにしたコンパクトSUV新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装や内装のデザイン、備わっている装備、納期など特徴や魅力をまとめてみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートクロスオーバーの外装をチェック

2021年10月にデビューを果たした日産のコンパクトカー新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの外装

ベースはノートe-POWERのXグレード

この新型モデルのベースになっているのは、日産の人気コンパクトカー”ノートe-POWER”の最上位モデルに位置をするXグレードです。

■ノートe-POWERのXグレード

ただ、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ドットパターンのフロントグリルや専用デザインのホイール、ブラック塗装をほどこしたホイールアーチガーニッシュ&サイドシルプロテクターなどの専用アイテムを備えています。

■新型ノートクロスオーバーのフロントグリル

そのため、ベースのノートe-POWERの面影が一切ない特別感のある外装・エクステリアになっていました。

5ナンバーサイズ内に収まるコンパクトボディ

また、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の注目ポイントの一つが、ボディサイズです。

トヨタのヤリスクロス(YARIS CROSS)やカローラクロス(COROLLA CROSS)、日産のキックス(KICKS)など、ほとんどの競合車は、3ナンバーサイズのクルマになっていたんですよね。

しかし、この新型モデルは、5ナンバーサイズに収まるコンパクトなボディサイズに…。

■新型ノートクロスオーバーと競合車のボディサイズ比較

そのおかげもあり、この新型モデルは、高さ制限のある立体駐車場も問題なく使うことができます。

また、この新型モデルは、5ナンバーサイズのクルマと言うことで、小回り性能も良く、細い路地や狭い道での対向車とすれ違いがしやすいのも好印象でした。

機能や装備も充実

また、充実した機能&装備も、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力の一つ。

この新型モデルのベースになっていたノートe-POWERは、ハロゲンのヘッドライトやフルホイールキャップ付きのスチールホイールが標準装備になっていたんですよね。

■ノートe-POWERのハロゲンのヘッドライト

■ノートe-POWERのスチールホイール

しかし、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、LEDのヘッドライトや専用デザインのアルミホイールを標準装備。

■新型ノートe-POWERのLEDヘッドライト

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのノートe-POWERとはひと味違うスタイリッシュな見た目に…。

この充実した機能&装備も、ノートe-POWERにはないこの新型モデルならではの魅力の一つなのかなと思いました。

新型ノートクロスオーバーの内装をチェック

2021年10月にデビューを果たした日産のコンパクトSUV新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの内装

ブルーを差し色に使用をしたスタイリッシュな内装

今回デビューを果たした新型モデルの内装・インテリアには、ブラックを基調にシートサイドやハンドルのステッチなどにブルーをあしらったデザインを採用。

ベースのノートe-POWERとはひと味違うシック&スタイリッシュな内装・インテリアになっていました。

■ノートe-POWERの内装

また、センターコンソールやシートの背もたれには、”AUTECH(オーテック)”のエンブレムが刻印されており、特別感を演出しているのも好印象でした。

肌触りの良い合成レザーをシートの表皮に採用

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアで見逃せないのは、シートの表皮に使用されている素材です。

この新型モデルは、ゴムのような弾力性とサラサラとした肌触りが特徴の合成レザー”レザレット”をシートの表皮に採用。

■新型ノートクロスオーバーに使用されているレザレット

そのおかげもあり、この新型モデルのシートは、腰を掛けた瞬間、お尻が適度に沈み込む柔らかい座り心地になっています。

また、この新型モデルに採用されているレザレットは、防水性&撥水性に優れているため、小さいお子さんがいるご家庭などにも重宝するのかなと思いました。

室内の広さはノートe-POWERと同じ

今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の室内の広さは、コンパクトカーのノートe-POWERと全く同じになっています。

なので、競合車・ライバル車と比較すると、少し室内の高さは劣ります。

ただ、後部座席の足元空間(ニークリアランス)に関しては、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない広さを確保。

■新型ノートクロスオーバーの後部座席の足元空間の広さ

そのおかげもあり、大人でも快適に過ごすことができるクルマに仕上がっていました。

新型ノートクロスオーバーの荷室をチェック

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの荷室

アレンジ&使い勝手は競合車より劣る

今回デビューを果たしたこの新型モデルで気になったのは、荷室アレンジのバリエーションの少なさです。

競合車・ライバル車の一つでもあるヤリスクロス(YARIS CROSS)は、後部座席の中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の後部座席を採用しています。

■ヤリスクロスの荷室・ラゲッジスペース

一方、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、オーソドックスな6対4分割方式の後部座席を採用しています。

■新型ノートクロスオーバーの荷室

そのため、荷室アレンジのバリエーションは、競合車よりも劣ります。

また、後部座席を収納した際に10cmに及ぶ大きな段差ができてしまうのも、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの気になるところの一つでした。

荷室の広さも競合車に劣る

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)で気になったのは、荷室・ラゲッジスペースのサイズです。

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりもボディサイズが小さいため、荷室・ラゲッジスペースも狭いです。

■新型ノートクロスオーバーの荷室サイズ

普段使いでは十分な荷室サイズになっていますが、荷物が多くなるキャンプやアウトドアでは、少し物足りなさを感じる可能性も…。

もし荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込む機会が多い方は、新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)よりも荷室サイズが広く、使い勝手に優れるクルマを選んだ方が良いかもしれませんね。

新型ノートクロスオーバーの安全装備をチェック

2021年10月にデビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、このような安全装備を用意しています。

■標準装備されている安全装備

・自動ブレーキ(インテリジェントエマージェンシー)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・標識検知機能(進入禁止/最高速度/一時停止)
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・フロント&バックソナー
・アダプティブLEDヘッドライトシステム

■メーカーオプションで用意されている安全装備

・アラウンドビューモニター
・インテリジェントルームミラー
・プロパイロット機能
・SOSコール
・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知システム)
・RCTA(後退時車両検知警報)

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない安全装備を用意しています。

ただ、安全装備の使い勝手や性能などで少し物足りなさを感じるものもありました。

最新の自動ブレーキを全モデルに標準装備

今回デビューを果たした日産の新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、車両だけではなく、夜間の歩行者も検知をする最新の自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を備えています。

これはちょっと嬉しいですよね。

ただ、この新型モデルの自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)は、フィット クロスターなどに備わっている交差点を右折する時の対向車や歩行者を検知する機能は備わっていないので、ご注意くださいね。

メーカーオプションでプロパイロット機能を用意

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、高速道路の運転をラクにしてくれるプロパイロット機能をメーカーオプションで用意しています。

ただ、プロパイロット機能は、純正ナビやSOSコール、インテリジェントルームミラーなどの他のメーカーオプションのアイテムとセットになっています。

■新型ノートクロスオーバーの純正ナビ

そのため、オプション価格が高めになっているので、ご注意くださいね。

新型ノートクロスオーバーのお金事情&納期をチェック

このようにスタイリッシュな見た目と使い勝手の良いボディサイズが魅力の日産の新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)ですが、車体本体価格は、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーの車体本体価格

競合車よりもお手頃な新型ノートクロスオーバー

今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の車体本体価格は約260万円となっており、トヨタのカローラクロスなどの競合車・ライバル車と比較すると、かなりお手頃な価格設定になっています。

■新型ノートクロスオーバーと競合車の価格比較(FF車)

この新型モデルの見た目のデザイン性、備わっている機能&装備を考えると、購入する価値のあるクルマになっているように感じました。

2WD車と4WD車の車体本体価格の差は約26万円

また、今回デビューを果たした新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の2WD車と4WD車の価格差は、約26万円となっています。

この価格差だけを聞くと、「思ったよりも差があるな…。」と感じてしまうかもしれませんが、4WD車は、ステアリングヒーターやシートヒーターが標準装備されるなど、用意されている機能&装備に差があります。

■4WD車に標準装備のシートヒーター

また、後輪駆動専用のモーターを搭載している4WD車は、2WD車を運転した時に気になった後輪まわりのバタつきが解消され、同じクルマとは思えないほどしなやかな乗り心地になっているのも魅力の一つです。

2WD車でも十分に満足できるクルマになっていますが、ワンランク上の上質な走りを楽しみたいのなら、4WD車の購入を検討してみても良いかもしれませんね。

新型ノートクロスオーバーの納期・納車待ちは少し長め

そんな新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)ので注意が必要なのは、納期・納車待ちです。

この新型モデルは、日産のカスタムカーブランドのオーテック(AUTECH)に持ち込んで、クロスオーバー専用のアイテムを装着する必要があります。

また、ナンバー登録を登録する際は、陸運局に直接持ち込まないといけません。

そのため、この新型モデルの納期・納車待ちは競合車・ライバル車よりも少し長く、2ヶ月半~3ヵ月半となっているので、ご注意くださいね。

まとめ:見た目のデザイン性と使い勝手の良さが魅力の新型ノートクロスオーバー

2021年10月にデビューを果たしたノートe-POWERのSUV仕様新型ノートクロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、このようなクルマに仕上がっていました。

この新型モデルは、スタイリッシュな内外装や、走る道を選ばないコンパクトなボディなど、競合車・ライバル車にはない魅力&メリットがたくさんあります。

コンパクトSUVは人気が高いため、街中で良く見かけますが、他の人と違うクルマに乗りたい方には、オーテック(AUTECH)が手掛けたこの新型モデルは、ピッタリなクルマなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02