新型ノート-POWERの純正ナビは使いやすい?【実車画像でデザイン&機能をチェック】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、最上位モデルの”Xグレード”は、メーカーオプション品の純正ナビを装着することができます。。

メーカーオプションで用意された純正ナビは、画面サイズが大きく、視認性に優れている感じが…。

また、近未来感あふれるこの新型モデルの内装・インテリアにマッチをしたスタイリッシュなデザインになっているのも好印象でした。

今回デビューを果たした新型モデルの最上位モデルのXグレードに装着することができるメーカーオプション製の純正ナビは、どのようなデザイン&画面サイズになっていたのでしょうか?また、どのような機能&性能を備えていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレードに用意されている純正ナビのデザインや機能、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

デザイン&画面サイズをチェック【新型ノートe-POWERの純正ナビ実車画像レビュー】

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレード専用のメーカーオプションとして用意されている純正ナビは、このようなデザインをしています。

■新型ノートe-POWERの純正ナビ

新型ノートe-power ナビ

スタイリッシュなモノリス デザインを採用

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレードに用意された純正ナビの注目ポイントの一つは、スタイリッシュな見た目です。

この新型モデルでは、スクエア形状の液晶デジタルメーターとナビが一体となった”モノリス デザイン”を採用。

■モノリス デザインを採用した新型ノートe-POWER

そのおかげもあり、この新型モデルの純正ナビは”後付け感”がなく、スタイリッシュで先進性のあるデザインとなっていました。

迫力のある9インチワイドサイズの大画面を採用

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の純正ナビの画面サイズは、9インチワイドとなっており、コンパクトカーとしては十分なサイズに…。

最新モデルということもあり、画面の解像度も高く、テレビ画面を表示しても、クリアな映像で楽しめるのも好印象でした。

機能や使い勝手をチェック【新型ノートe-POWERの純正ナビの実車画像レビュー】

このようにスタイリッシュなデザインに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレードの純正ナビですが、コンパクトカーのものとは思えない便利な機能が備わっていました。

そのため、使い勝手も良かったです。

この新型モデルに用意されているメーカーオプション製の純正ナビでは、どのような機能を備えていたのでしょうか?

今回デビューを果たした新型モデルの純正ナビを実際に使用してみて、特に良いと思った機能を、包み隠さず紹介したいと思います。

アラウンドビューモニターに対応【純正ナビの注目の機能1】

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている純正ナビも魅力&メリットの一つは、ナビの大画面に真上から見下ろすような視点でクルマの周囲を確認することができる”アラウンドビューモニター”を表示することができることです。

■新型ノートe-POWERのアラウンドビューモニター

私も試乗をした際にこの新型モデルに用意されているアラウンドビューモニターを使用してみたのですが、バックや駐車をする時に頼りになります。

日産の代表的な機能の一つでもある”アラウンドビューモニター”を使えるようになるのは、純正ナビならではの魅力の一つなのかなと思いました。

多彩なオーディオ接続方法【純正ナビの注目の機能2】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の純正ナビを使って、良いと思ったのが、オーディオを楽しむための接続方法が多かったことです。

この新型モデルの純正ナビは、Bluetooth、USBなどの一般的な外部機器との接続方法だけではなく、映像出力を行う”HDMI”を用意。

■新型ノートe-POWERのHDMI端子

コンパクトカークラスのクルマでHDMI端子を用意しているのは、ちょっと珍しいですよね。

なので、お手持ちのスマホやiPhone、タブレット端末をHDMI端子を使って接続すると、YouTubeなどの動画が楽しむことができます。

車中泊をする際や車内で少しくつろぎたい時に、純正ナビの大画面で映像コンテンツが楽しめたら良いですよね。

このように音楽だけではなく、映像コンテンツを車内で楽しむことができるのは、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている純正ナビの良いところの一つなのかなと思いました。

ただ、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、CDやDVDを挿入するソケットがないので、ご注意を…。

Nissan Connectに対応【純正ナビの注目の機能3】

また、別途料金がかかるのですが、通信技術を活用した最新のサービスを受けることができる”Nissan Connect(ニッサン コネクト)”に対応しているのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の純正ナビの特徴の一つです。

例えば、この”ニッサン コネクト(Nissan Connect)”に申し込むと、Google検索を活用して、目的地などを探すことができるようになります。

また、”ニッサン コネクト(Nissan Connect)”に申し込むと、スマホのアプリを使用して、離れた場所からドアのロック状態を確認することができます。

そして、もしカギが閉め忘れていたら、スマホ/iPhoneのリモート操作でドアのロックをすることができます。

これ以外にも、緊急時に専用のオペレーターのサポートをうけることができる”SOSコール”や地図の自動更新など、様々なサービスが…。

このようにワンランク上のサービスを受けることができるのは、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されている純正ナビの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

車内Wi-Fiも利用可能【純正ナビの注目の機能4】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の純正ナビを確認していた良いと思ったのが、車内でWi-Fiを使えるように設定ができるようになっていたことです。

高級車では、車内Wi-Fiを用意しているクルマは増えてきましたが、コンパクトカークラスのクルマで車内Wi-Fiが使えるようになっていたのは、ちょっと驚きですよね。

こちらも別途契約が必要なのですが、車内Wi-Fiを使えるようになると、データ通信料やパケット代を気になることなく、車内でApple CarPlay(アップル カープレイ)やアンドロイド オート(Android Auto)、YouTubeなどの動画が楽しめます。

また、車内でリモートワークなんてことも…。

パケット代やデータ量を気にすることなく、Apple CarPlay(アップル カープレイ)やアンドロイド オート(Android Auto)を使うことができるのは、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:視認性&機能性を兼ね備えた新型ノートe-POWERの純正ナビ

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレード専用のメーカーオプションとして用意されていた純正ナビのデザイン&使い勝手は、このようになっていました。

■新型のートe-POWERの純正ナビの特徴のまとめ

・メーターと一体化したモノリス デザインを採用
・視認性に優れた9インチワイドの画面サイズ
・アラウンドビューモニターを表示可能
・Nissan Connect(ニッサン コネクト)に対応

メーターと一体となったモノリス デザインを採用したこの新型モデルの純正ナビは、後付け感が一切ないスタイリッシュな見た目に…。

また、アラウンドビューモニターやNissan Connect(ニッサン コネクト)にも対応しており、通信技術を活用した最新のサービスを売れることができるのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”に用意された純正のメーカーオプションナビの良いところの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02