いくつ用意?新型ノートe-POWERのUSBの数と使い勝手を徹底解剖

2020年12月にデビューを果たした日産の人気コンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、車内の装備&機能も充実しており、USBポートも用意しています。

また、標準装備されているUSBだけでは物足りない人のために、オプションで増設することも可能です。

ただ、この新型モデルに用意されているUSBポートは、競合車・ライバル車と異なるところも…。

そんな新型モデルでは、いくつのUSBポートを用意していたのでしょうか?また、この新型モデルに用意されているUSBポートの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

8年ぶりにフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているUSBポートの数&使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERに用意されているUSBの数をチェック

2020年12月にフルモデルチェンジをして新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は3つのグレードを用意しているのですが、装着することができる数・個数に違いがありました。

■新型ノートe-POWERに用意されているUSBポート

標準装備のUSBの数はグレードによって違いはない

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、全グレードにUSBポートが1つ標準装備されています。

最上位モデルに位置をする”Xグレード”や中間モデルの”Sグレード”だけではなく、最廉価モデルの”Xグレード”にもUSBポートが標準装備されているのは嬉しいですよね。

全グレードにUSBポートが標準装備されているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

グレードによって増設できるUSBポートの数が異なる

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、グレードによって、増設することができるUSBポートが異なります。

最上位モデルに位置をする”Xグレード”では、メーカーオプションで1つ、そして、ディーラーオプションで1つ増設をすることができるため、合計で3つのUSBポートを装着することができます。

一方、中間モデルの”Sグレード”、最廉価モデルの”Fグレード”では、メーカーオプションの用意はなくディーラーオプションで1つのみ増設可能。

なので、中間モデルの”Sグレード”と最廉価モデルの”Fグレード”に装着することができる純正のUSBポートは、最上位モデルの”Xグレード”よりも少ない2つとなっていました。

新型ノートe-POWERのUSBポートの配置&使い勝手をチェック

オプションで増設することができる新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のUSBポートですが、配置場所&使い勝手は、どのようになっていたのでしょうか?

2020年12月にデビューを果たしたこの新型モデルに用意されているUSBポートの配置場所と使い勝手を、グレード別に紹介したいと思います。

最上位モデルXグレードのUSBポートの使い勝手

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”では、3つのUSBポートを用意しているのですが、設置場所&使い勝手は、このようになっていました。

■XグレードのUSBポート

ダッシュボード中央下部…2個(タイプA&C)
センターコンソール後方…1個(タイプA)

メーカーオプションでタイプCのUSBポートを増設可能

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、ダッシュボードの中央下部エアコンパネルの下に使い勝手の用意タイプAのUSBポートを標準装備しています。

また、メーカーオプションで電力の供給量に優れ、短時間でスマホやiPhoneに充電することができるタイプCのUSBポートを装着することが可能です。

■Xグレードの運転席まわりのUSBポート

ただ、タイプCに対応している電化製品がまだそれほど多くないということを考えると、「タイプCよりも急速充電タイプのタイプAのUSBを増設してくれた方が良かったな…。」と、思ってしまいました。

後部座席用のUSBはディーラーオプションで増設可能

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、後部座席用のUSBポートが標準装備されていません。

■新型ノートe-POWERの後部座席

ただ、ディーラーオプションで後部座席用のUSBポートを1つ増設することが可能です。

■新型ノートe-POWERの後部座席用のUSBポート

この新型モデルの後部座席用のUSBポートはリッド(蓋)がないシンプルな作りですが、2.4Aまでの急速充電に対応した使い勝手の良いデザインに…。

オプション価格も、取り付け費&消費税込みで1万4520円とお手頃ですし、後部座席を利用する機会が多い方は、後部座席用のUSBポートの装着を検討してみても良いかもしれませんね。

Sグレード/FグレードのUSBポートの使い勝手

一方、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の中間モデルに位置をする”Sグレード”と最廉価モデルに位置をする”Fグレード”に用意されているUSBポートの配置場所は、このようになっていました。

■Sグレード/FグレードのUSBポートの配置場所

ダッシュボード中央下部…1個(タイプA)
センターコンソール後方…1個(タイプA)

運転席まわりのUSBポートは1つのみ

最上位に位置をする”Xグレード”では、タイプAに加えてタイプCのUSBポートを用意したいた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、中間モデルのFグレードと最廉価モデルのSグレードでは、標準装備のUSBポートが一つ用意されているのみ。

最上位モデルのXグレードのようにタイプCのUSBポートを増設することができないので、ご注意くださいね。

後部座席用のUSBポートは増設可能

一方、後部座席まわりに関しては、最上位モデルに位置をするXグレードと同様にディーラーオプションで用意されているUSBポートを装着することが可能です。

中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”Fグレード”でも、後部座席用のUSBポートを装着することができるのは嬉しいですよね。

オプション価格も最上位モデルのXグレードと全く同じ1万4520円ですし、装着する価値は、十分にあるのかなと思いました。

まとめ:オプションで快適&利便性がグッと高まる新型ノートe-POWERのUSB

2020年12月にフルモデルチェンジヲして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているUSBポートを確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERのUSBのまとめ

・標準装備されているUSBポートの数は1つのみ
・Xグレードは最大3つのUSBポートを装着可能
・S/Fグレードは最大2つのUSBポートを装着可能

今回デビューを果たした新型モデルに標準装備されているUSBポートは、ダッシュボードに1つのみ。

そのため、USBポートが1つしか用意されていない標準仕様のままでは使い勝手が良いとは、お世辞にも言うことができません。

ただ、ディーラーオプションやメーカーオプションで用意されているUSBポートを装着すると、だいぶ使い勝手が良くなる感じが…。

快適なドライブ&カーライフを楽しみたいのなら、ディーラーオプションやメーカーオプションで車内のUSBポートを増設した方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02