標準仕様より快適!新型ノートe-POWERオーテックの後部座席の特徴や魅力を徹底レビュー

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”と標準モデルの大きな違いの一つが、後部座席まわりの装備&機能です。

そのおかげもあり、ベースとなっている標準モデルの”Xグレード”よりもカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席の方が快適に過ごせるようになっていました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席は、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、ベースとなっている標準モデルのXグレードよりもどこが優れていたのでしょうか?

日産の人気コンパクトカー新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席の特徴や魅力を、包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERオーテックの後部座席のデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席は、このようなデザインをなっています。

■新型ノートe-POWERオーテックの後部座席

ブルーをあしらったスポーティなデザイン

今回デビューを果たした新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席は、シートサイドや中央部分、ヘッドレストにブルーをあしらったオーテックらしいスポーティなデザインに…。

また、オーテック仕様の後部座席には、シートサイドや背もたれには、ブルーのダブルステッチが施されているのも印象的でした。

シートの素材にはスタイリッシュなレザテックを採用

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の後部座席には、合成レザーのような肌触りを味わえる”レザテック”という素材をシートに採用。

■オーテックに採用されているレザテック

そのおかげもあり、ファブリックシートを採用している標準モデルよりもスタイリッシュな後部座席まわりになっていました。

また、この新型モデルのオーテック(AUTECH)に採用されている”レザテック”は汚れや水濡れに強く、汚れてもサッと拭くだけでキレイになるのも好印象でした。

ドア内側パネルはシンプル

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席の残念だったところの一つが、ドア内側パネルです。

■オーテックの後部座席のドア内側パネル

カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席のドア内側パネルは、アームレスト部分などにもハードプラを採用した非常にシンプルなデザインに…。

スタイリッシュさが魅力のオーテック(AUTECH)と言うことを考えると、フロントシートのドアアームレストと同様にブルーのステッチをあしらった合成レザーにしても良かったのかなと思いました。

新型ノートe-POWERオーテックの後部座席の魅力&注目ポイントとは?

このようにブルーをあしらったスタイリッシュなデザインになっている新型ノートe-POWERのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席ですが、ベースになっている標準車にはない魅力&メリットが用意されていました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席の魅力&メリットを包み隠さずお話したいと思います。

背もたれの角度を調節できるリクライニングを搭載

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席の魅力の一つが、背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能が用意されていることです。

■オーテックの後部座席のリクライニングした時の様子

オーテック(AUTECH)の後部座席に用意されているリクライニング機能の調整幅は、標準モデルのXグレードと同じ2段階のみなのですが、背もたれの角度を変えると、座り心地が大きく変わります。

また、この新型モデルの背もたれをリクライニングすると、頭上空間(ヘッドクリアランス)にゆとりが生まれるため、より快適に過ごすことができるようになります。

このように自分好みに背もたれの角度を調整することができるのは、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

リヤセンターアームレストを標準装備

また、後部座席の中央にドリンクホルダー付きのセンターアームレストを備えているのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力の一つです。

■オーテックのリヤセンターアームレスト

ベースとなっている標準モデルの”Xグレード”では、リヤセンターアームレストは標準装備ではなく、メーカーオプション設定だったんですよね。

しかも、標準モデルのリヤセンターアームレストは、本革シートなどとセットになっているため、オプション価格が7万3700円(税込み)とちょっとお高めのお値段に…。

そのため、気軽に装着をすることができません。

そんなリヤセンターアームレストが標準装備となっているのは、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

また、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)のリヤセンターアームレストは、ブルーになっており、標準モデルとはひと味違う特別感があるのも好印象でした。

使い勝手の良いスマホポケットを用意

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席の注目ポイントの一つが、シートバックポケットです。

■オーテックのシートバックポケット

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートバックポケットは、二重構造になっており、シートバックポケットの内側にスマホやiPhoneを収納するのにピッタリな小型ポケットを用意。

■オーテックの小型ポケット

実は標準モデルでは、シートバックの小型ポケットは標準装備ではなく、メーカーオプションの本革シートを装着した時のみシートバックポケットにスマホ/iPhone用の小型ポケットが付くようになっているんですよね。

このように地味だけど快適性を高めるアイテムが用意されているのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルのフロントシートのシートバックは、ブルー一色となっています。

■オーテックのシートバック

標準モデルとは異なる雰囲気の上質感ただようシートバックになっているのも、カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:見た目のデザイン性&快適性に優れるオーテックの後部座席

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席は、このような特徴&魅力を備えていました。

■オーテックの後部座席のまとめ

・レザテックをあしらったスタイリッシュな見た目
・背もたれの角度を調整できるリクライニング機能を搭載
・リヤセンターアームレストを搭載
・スマホ/iPhoneを収納するのに便利な小型ポケットを標準装備

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の後部座席は、シートサイドやヘッドレストにブルーのアクセントカラー採用したスタイリッシュなデザインに…。

また、リヤセンターアームレストやリクライニング機能を標準装備しており、ベースとなっている標準モデルよりも快適に過ごせるようになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02