新型ノートe-POWERのエアコンはパワフル?【後部座席でも快適か確認してみた】

フルモデルチェンジを経てスタイリッシュな車内空間に進化を遂げた日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)ですが、先代モデルと大きく変わった装備&アイテムの一つが、エアコン&ヒーターです。

今回デビューを果たした新型モデルのエアコン&ヒーターは、先代モデルよりも使い勝手が良くなったような感じが…。

そんな新型モデルのエアコンのデザイン&使い勝手は、どのようになっていたのでしょうか?また、後部座席でも快適に過ごすことができたのでしょうか?

2020年12月にデビューを果たした日産の人気コンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”のエアコンの使い勝手&快適さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのエアコン/ヒーターのデザイン&使い勝手をチェック

2020年12月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエアコン/ヒーターのコントロールパネルは、このようなデザインになっていました。

■新型ノートe-POWERのエアコンパネル

オーソドックスなダイヤル式のエアコンパネルを採用

先代モデルのノートe-POWERは、ちょっとユニークなサークル状のエアコン/ヒーターのパネルを採用していました。

■先代モデルのエアコン/ヒーターのパネル

しかし、今回デビューを果たしたこの新型モデルは、2つダイヤルを備えたオーソドックスなデザインのエアコン/ヒーターのパネルを採用。

■新型ノートe-POWERのエアコンスイッチ

そのため、誰でも迷わずに使える使い勝手の良さが…。

また、この新型モデルのエアコンパネルに両サイドに備わっている2つのダイヤルには、ゴムが巻かれており、手にじんわりと馴染む感じも好印象でした。

フルオートエアコンを全グレードに標準装備

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は3つのグレードを用意していますが、フルオートエアコンを全グレードに標準装備。

最上位モデルのXグレードだけではなく全グレードに用意しているのは、嬉しいですよね。

競合車・ライバル車の中には、フルオートエアコンを標準装備しているのは上位モデルのみで、廉価グレードにはシンプルなマニュアルエアコンを搭載しているクルマもあるんですよね。

そんな中、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、フルオートエアコンを全グレードに標準装備しているのは、競合車にはない魅力の一つなのかなと思いました。

左右独立式の温度調整機能の用意はなし

このように使い勝手の良いデザインに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエアコン/ヒーターのパネルですが、運転席と助手席別々に温度の設定をすることができる左右独立式の温度調節機能は用意されていませんでした。

また、競合車・ライバル車に用意されていたようなエアコン/ヒーターの効き具合よりも燃費性能を優先する”エコモード”の用意もなし。

コンパクトカーなので仕方ないとは言え、このようにエアコン/ヒーターの使い勝手がよくなるような快適性が高まる機能が備わっていないのは、少し残念に感じてしまいました。

新型ノートe-POWERのエアコンの効き具合をチェック【後部座席でも快適?】

オーソドックスなデザインに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエアコン/ヒーターですが、パワー&快適性は、どうだったのでしょうか?

また、後部座席でも快適に過ごせるようになっていたのでしょうか?

この新型モデルに用意されているエアコン/ヒーターの効き具合&快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

新型ノートe-POWERのエアコンは7段階から風量調節が可能

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に用意されているエアコン/ヒーターは、7段階から風量を調節することが可能です。

7段階から温度を調節することができるといのは、嬉しいですよね。

また、この新型モデルのワイド感のある送風口を4つダッシュボードに搭載。

■新型ノートe-POWERの送風口

広範囲にエアコン/ヒーターの風を一気に送って、短時間で快適な温度にしてくれるパワフル設計となっているのが好印象でした。

後部座席まわりに送風口の用意はなし

ワイド感のある送風口が魅力の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のエアコン/ヒーターですが、後部座席まわりに送風口はありませんでした。

■新型ノートe-POWERの後部座席

なので、後部座席の両サイドに座ると、フロントシートの背もたれがエアコン/ヒーター風の流れを妨げるため、風量を一番強くしてもエアコン/ヒーターの風をダイレクトに感じることができません。

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力の一つは、広々とした快適な後部座席と言うことを考えると、後部座席用の送風口を用意しても良かったのかなと思いました。

ちなみに、ディーラーオプションで用意されているトノカバーを装着すると、エアコン/ヒーターの効率が高まります。

■新型ノートe-POWERのトノカバー

最近、トノカバーを備えているクルマは少なくなってきていますが、この新型モデルの後部座席を頻繁に使用する方は、ディーラーオプションで用意されているトノカバーの装着を検討しても良いのかなと思いました。

まとめ:パワフルで使い勝手の良い新型ノートe-POWERのエアコン

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の人気コンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”のエアコン/ヒーターは、このようなデザインになっていました。

■新型のノートe-POWERのエアコンのまとめ

・ダイヤル式のオーソドックスなエアコンパネルを採用
・フルオートエアコンを全グレードに標準装備
・左右独立して温度調整できる機能はなし
・後部座席に送風口はなし

ダイヤル式のエアコンパネルを搭載したこの新型モデルは、先代モデルよりも使い勝手の良いデザインに…。

また、この新型モデルは、モーターで駆動する”e-POWER”と言うこともあり、エアコン/ヒーターを使っている時もエンジン音が静かで静寂性に優れているのも好印象。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車と同様に後部座席用の送風口がないのが残念でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02