新型ノートクロスオーバーの後部座席はリクライニング可能?【装備やデザインを紹介】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席は、背もたれの角度を調整することができるリクライニング機能を備えるなど、快適に過ごせるようになっています。

ただ、同じ日産から発売されているキックス(KICKS)などの競合車・ライバル車と比較すると、機能&装備面で物足りなさを感じる部分も…。

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席は、どのくらいリクライニングすることができるのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席まわりには、どのような機能&装備を用意しているのでしょうか?

日産の人気コンパクトカー”ノートe-POWER”をベースにしたSUV車新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席のデザインや後部座席まわりの装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートクロスオーバーの後部座席のデザイン&素材をチェック

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席は、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの後部座席

かなりオシャレなデザインですよね。

シートサイドには、ブルーのステッチがあしらわれており、日産のカスタムカーブランドのオーテック(AUTECH)が手掛けたクルマらしくスタイリッシュな見たい目に…。

ベースになっているノートe-POWERのXグレードよりもワンランク上の高級感&上質感ただようデザインになっていたのが好印象でした。

■ノートe-POWERの後部座席

シートの素材には人工皮革のレザレットを採用

今回デビューを果たした新型モデルでは、後部座席にサラっとした肌触りと優れた弾力性が魅力の人口皮革”レザレット”を採用。

■新型ノートクロスオーバーに採用されているレザレット

また、この新型モデルに採用されているレザレットはお手入れが簡単で、飲み物などをこぼしてもサッと拭き取るだけでキレイになるのも好印象でした。

2段階から調整できるリクライニング機能を搭載

また、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席には、ベースのノートe-POWERのXグレードと同様、2段階から調節することができるリクライニング機能が付いてます。

■後部座席をリクライニングした時の様子

2段階なので、背もたれの角度を調整できる幅は小さいです。

ただ、実際に後部座席の背もたれをリクライニングしてみると、頭上空間(ヘッドクリアランス)などの広さなどや腰の負担などで違いを感じます。

コンパクトSUVクラスで、後部座席の背もたれをリクライニングできるクルマって、結構少ないんですよね。

トヨタのコンパクトSUVのヤリスクロス(YARIS CORSS)などの後部座席には、リクライニング機能が用意されてないですし…。

■トヨタ ヤリスクロスの後部座席

そんな中、2段階とは言え、後部座席の背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能を備えているのは、競合車・ライバル車にはない新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)ならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

また、この新型モデルでは、後部座席をリクライニングするレバーは、背もたれの肩口に用意されているのですが、後部座席に座ったままでも操作しやすいようになっているのも好印象でした。

新型ノートクロスオーバーの後部座席まわりの装備をチェック

このようにスタイリッシュな見た目をしている新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席ですが、どのような機能&装備を備えているのでしょうか?

この新型モデルの後部座席まわりの機能&装備を確認してきたので、紹介します。

リヤセンターアームレストを標準装備

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席まわりの注目の装備&アイテムの一つが、シートの中央に備わるリヤセンターアームレストです。

■新型ノートクロスオーバーのリヤセンターアームレスト

この新型モデルのベースになっているノートe-POWERでは、後部座席の中央に備わるリヤセンターアームレストは、メーカーオプション設定だったんですよね。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、リヤセンターアームレストを標準装備。

しかも、この新型モデルに用意されているリヤセンターアームレストは、競合車・ライバル車のものとは異なり、高めの位置に設置。

そのため、アームレストに腕を置いても、姿勢が崩れません。

また、この新型モデルのリヤセンターアームレストにはドリンクホルダーが2個設置されており、手が届く範囲に飲み物を置いておけるようになっているのも大満足でした。

シートバックポケットは助手席側のみ

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)では、雑誌やタブレット端末などを収納するのに便利なシートバックポケットを用意していますが、備わっているのは助手席側のみ。

■新型ノートクロスオーバーのシートバックポケット

残念ながら、運転席側には、シートバックポケットの用意はありません。

■新型ノートクロスオーバーの運転席のシートバック

ただ、この新型モデルのシートバックポケットは二重構造になっており、シートバックポケットの内側にスマホやiPhoneを収納するのにピッタリな小型ポケットを用意。

乗車中、置き場所に困るスマホやiPhoneを置いておくスペースがあるのは、とても良いアイデアだと思いました。

後部座席用のUSB&送風口の用意はなし

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席まわりの装備&機能を確認して、残念に感じたことの一つが、後部座席用のUSBとエアコンの送風口がなかったことです。

■新型ノートクロスオーバーのセンターコンソール後方

同じ日産から発売されているコンパクトSUVのキックス(KICKS)では、1つのみですが、後部座席用のUSBポートが用意されているんですよね。

■キックスの後部座席用のUSB

また、ノートe-POWERの上位モデル”ノート オーラ(NOTE AURA)”でも、後部座席用のUSBポートは標準装備されています。

■ノート オーラの後部座席用USB

この新型モデルでも、ディーラーオプションで後部座席用のUSBを装着することができます。

ただ、キックスやノート オーラに後部座席用のUSBポートを標準装備しているのなら、この新型モデルでも後部座席用のUSBポートを最初から用意しても良かったのかなと思いました。

まとめ:機能や装備面で若干物足りない新型ノートクロスオーバーの後部座席

ノートe-POWERをベースにしたSUB仕様新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の装備&機能を確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーの後部座席のまとめ

・シートの表皮に合成レザーのレザレットを採用
・2段階から調節できるリクライニング機能を搭載
・リヤセンターアームレストを標準装備
・後部座席用のUSB&エアコンの送風口はなし

今回デビューを果たした新型モデルは、後部座席用のUSBやエアコンの送風口の用意がなく、後部座席の装備面は、競合車よりも少し劣ります。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルの後部座席は、背もたれの角度を調整できるリクライニング機能が用意されていることもあり、居心地は非常に良かったです。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02