新型ノートe-PWOERのセンターコンソールって使いやすい?【魅力や欠点を大公開】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目のアイテムの一つが、運転席と助手性の間に備わっているセンターコンソールです。

この新型モデルに用意されているセンターコンソールは、上下2段に分かれたタイプになっており、競合車・ライバル車よりも使い勝手が良い感じが…。

ただ、「もう少し改善して貰いたかった…」と思ったところもありましたが…。

2020年12月にデビューを果たしたこの新型モデルのセンターコンソールは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、どのような魅力&欠点を備えていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目の装備の一つでもあるセンターコンソールのデザインや使い勝手、欠点を余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERのセンターコンソールは、どんなデザイン?【特徴や魅力を紹介】

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターコンソールは、このようなデザインになっています。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソール

ちなみに、こちらは先代モデルのセンターコンソールです。

■先代モデルのセンターコンソール

見た目の高級感やデザイン性が全く異なりますよね。

今回デビューを果たした新型モデルは、コンパクトカーの中で唯一、上下2段に分かれたタイプのセンターコンソールを採用。

そのおかげもあり、この新型モデルのセンターコンソールは、他のクルマにはない魅力や使い勝手の良さがありました。

そんな新型モデルのセンターコンソールの特徴や注目ポイントを紹介していくことにしましょう。

高級感ただようシフトレバー&スイッチ類

今回デビューを果たした新型のモデルのセンターコンソールの前方部分には、シフトレバーやパワースタータースイッチ、ドライブモードスイッチなど用意。

■新型ノートe-POWERのシフトレーバー

■新型ノートe-POWERのパワースタータースイッチ

■新型ノートe-POWERのドライブモードスイッチ

この新型モデルでは電子式のシフトレバーを採用しているのですが、ピアノブラック調の加飾が施されており、コンパクトカーとは思えない高級感&上質感のあるデザインに…。
また、スイッチの縁の部分にシルバーの加飾が施されているパーキングブレーキスイッチも、ブラック基調のセンターコンソールの中で良いアクセントになっていました。

■新型ノートe-POWERのパーキングブレーキスイッチ

合成レザーのアームレストを標準装備

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターコンソールの後方には、ブラックの合成レザー仕様のアームレストを標準装備。

■新型ノートe-POWERのセンターアームレスト

この新型モデルに使用されている合成レザーは、マットな風合いになっており、シックで大人っぽい運転席まわりを演出。

また、今回デビューを果たしたこの新型モデルのセンターアームレストは、シフトレバーなどと全く同じ高さになっており、アームレストに腕を置いたまま、シフトレバーを楽に操作をすることができるのも好印象でした。

センターコンソール下段は、使い勝手の良い収納スペース

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターコンソールの下段部分は、大きな収納スペースとなっております。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソールの下段

この新型モデルのセンターコンソールの下段部分は、奥行きが約27cm、横幅が約12cmとなっており、ボックスティッシュを置けるサイズに…。
※横幅は中央付近で計測

若干の取り出しにくさはありますが、運転席から手が届く範囲にボックスティッシュを置いておけるのは、とても嬉しいですよね。

このように収納力に優れているのも、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターコンソールの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、メーカーオプションで用意されているHDMI端子を注文すると、センターコンソールの下段の前方部分に装着されますよ。

新型ノートe-POWERのセンターコンソールの欠点&デメリットとは?

高級感ただようデザインに生まれ変わった日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターコンソールですが、実際に使用してみると、気になるところ、ちょっと物足りなさを感じるところもありました。

この新型モデルのセンターコンソールの残念だったところは、どこだったか?欠点&デメリットを包み隠さずお話したいと思います。

ボックスの収納力【センターコンソールの欠点1】

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のセンターコンソールの残念だったことの一つが、センターコンソールに備わっている収納スペースの使い勝手です。

この新型モデルに用意されているセンターアームレストの内部は、収納ボックスになっています。

ただ、この新型モデルに用意されている収納ボックス(センターコンソールボックス
)は、サイズが小さく、使い勝手が悪い感じが…。

■新型ノートe-POWERのセンターアームレストボックス

この新型モデルのセンターコンソールボックスは枠が太く、スタイリッシュさに欠ける感じが…。

センターアームレストに腕を置いた時の安定感や頑丈さを考慮してこのようなデザインになったのかもしれませんが、個人的は、もう少し枠を薄くして、広々とした収納スペースにしても良かったのかなと思ってしまいました。

まとめ:使い勝手に優れる新型ノートe-POWERのセンターコンソール

8年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした日産のコンパクトカー”新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)”に用意されているセンターコンソールは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ノートe-POWERのセンターコンソールのまとめ

・上下2段タイプのセンターアームレストを標準装備
・ピアノブラック調&合成レザーをあしらった高級感のあるデザイン
・上段には、シフトレバーやドライブモードスイッチなどを搭載
・下段にはボックスティッシュも置ける収納スペースを用意
・センターアームレストボックスのサイズは小さめ

今回デビューを果たした新型モデルのセンターコンソールは、合成レザー&ぴらのブラック調のパネルをあしらった高級感のあるデザインに…

センターコンソールボックスの収納力など気になるとこもありましたが、上下2段になっているこの新型モデルのセンターコンソールは、コンパクトカーの中でトップクラスの使い勝手の良さを備えてりうように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02