競合車より小回り性能は劣る!新型ステップワゴンの最小回転半径を徹底レビュー

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力の一つは、競合車・ライバル車よりもひと回り大きいボディサイズと広々とした車内空間です。

ただ、その影響もあり、今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりも小回り性能は劣ります。

今回デビューを果たした新型モデルの最小回転半径は、どれぐらいなのでしょうか?また、この新型モデルと競合車・ライバル車の最小回転半径は、 違いがあるのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)と競合車・ライバル車の小回り性能を比較してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの小回り性能【最小回転半径をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意していますが、各グレードの最小回転半径は、次のようになっています。

■新型ステップワゴンの最小回転半径

新型ステップワゴンの最小回転半径は5.4m~5.7m

今回デビューを果たした新型モデルの最小回転半径は、グレードによって異なるのですが、16インチのタイヤを履いているエアーとスパーダの最小回転半径は5.4mになっています。

■最小回転半径が5.4mのエアー

一方、エアー やスパーダよりもひと回り大きい17インチのタイヤを履いている最上位モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)の最小回転半径は5.7mと、他のグレードよりも0.3mほど最小回転半径が大きくなっていました。

■最小回転半径が5.7mのプレミアムライン

競合車よりも小回り性能が劣る新型ステップワゴン

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最小回転半径は5.4m~5.7mとなっていましたが、競合車・ライバル車は、どれくらいなのでしょうか?

この新型モデルと競合車・ライバル車の最小回転半径を比べてみたところ、次のようになっていました。

■新型ステップワゴンと競合車の最小回転半径比較

この新型モデルのエアー(AIR)とスパーダ(SPADA)の小回り性能は、トヨタのヴォクシー/ノアや日産のセレナe-POWERよりも、若干ですが優れています。

ただ、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PREMIUM LINE)の最小回転半径は、日産のセレナe-POWERの最上位モデルのハイウェイスターGと並んで、ミドルクラスのミニバンの中で最下位となっています。

なので、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデル”プレミアムライン”の購入を検討している方は、購入前に小回り性能や駐車&バックのしやすさを確認した方が良いかもしれませんね。

新型ステップワゴンの小回り性能【走破性&運転のしやすさをチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の一部グレードは、競合車・ライバル車よりも小回り性能が劣りますが、実際に運転をして、”小回りが効かない”と感じるシーンはあるのでしょうか?

私が最小回転半径5.7mのプレミアムライン(PREMIUM LINE)を運転した感想を紹介したいと思います。

普段使いで小回りの悪さは気にならない

競合車・ライバル車と比べて最小回転半径が大きい新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインですが、街中ななどを普通に走る分には、小回り性能の効きの悪さはかんじません。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりもハンドルを切った時の反応が穏やかということもあり、鼻先がスイッと向きを変える感覚はなく、ワンテンポ置いてから緩やかに曲がっていきます。

そのため、いつもより多めにステアリングを回さないと曲がらない感覚があります。

また、最上回転半径の大きさとは違いますが、今回デビューを果たした新型モデルは、カーブを曲がる際、競合車・ライバル車よりも車体が大きく傾くのも気になるところでした。

Uターンはしにくい

また、最小回転半径が5.7mの新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインを運転をして気になったのが、Uターンのしにくさです。

先日、この新型モデルのプレミアムライン試乗した際、片側2車線の比較的狭い道路でUターンを試みたのですが、一度では曲がり切れず、切り返しを一回しました。

今回は後続車や対向車がいなかったため、他のドライバーに大きな迷惑をかけることはなかったのですが、後続車や対向車がいる時には、Uターンをするのを躊躇するかも…。

また、今回の試乗では試すことができなかったのですが、ディーラーさんの話によると、道幅が2.5mくらいのT字路をカーブをする際も、「ボディサイズの大きさや小回り性能の悪さを感じる場合がある。」とのことでした。

駐車のしやすさも競合車よりも劣る

また、最小回転半径が競合車よりも大きい新型ステップワゴン(STEP WGN)は、駐車のしやすさも競合車・ライバル車よりも若干劣ります。

駐車スペースや前方の道路が十分に確保されている駐車場での駐車のしやすさは、競合車・ライバル車とそれほど大きな差はありません。

この新型モデルのプレミアムラインでも、スムーズに駐車をすることができました。

ただ、何度か切り返しをしないといけない駐車エリアの狭いパーキングに駐車をしようとすると、ボディサイズの大きさや小回りが効かないことを実感します。

なので、駐車が苦手ない方は、最小回転半径が大きいプレミアムライン(PREMIUM LINE)より小回りが効くエアーやスパーダを選んだ方が安心なのかなと思いました。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのヴォクシー/ノアは、スマホの操作で駐車&出庫をしてくれる”アドバンスト パーク”をオプションで用意しているんですよね。

新型ノア・ヴォクシーでできる!アドバンストパークのリモート機能ご紹介!

駐車やバックが苦手な人には、この機能は非常に助かりますよね。

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)にも、トヨタのヴォクシー/ノアのように駐車を支援する機能を備えてもらいたかったです。

まとめ:競合車より小回り性能が劣る新型ステップワゴン

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の最小回転半径&小回り性能を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの最小回転半径のまとめ

・エアー&スパーダの最小回転半径は5.4m
・プレミアムラインの最小回転半径は5.7m
・プレミアムラインの小回り性能は競合車より劣る
・駐車を支援する機能の用意もなし

今回デビューを果たした新型モデルの最小回転半径は5.4m~5.7mとなっており、最上位モデルのプレミアムラインの小回り性能は、競合車・ライバル車よりも劣ります。

そのため、カーブを曲がる際やバックをする際、小回りが効かないことを実感します。

細い路地などを運転する機会が多い方やバックや駐車に不安がある方は、ディーラーさんにお願いをして小回り性能や駐車のしやすさなどを確かめさせてもらってくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02