新型ステップワゴンのシートはグレードで違う【座り心地や機能の違いを実写画像で比較】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、グレードによって、シートのデザインや素材、備わっている機能が異なります。

そのため、座った時の肌触りや快適性に大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルの各グレードのシートは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、使用されている素材や備わっている装備&機能にどのような違いがあるのでしょうか?

実写画像を使って、新型ステップワゴン(STEP WGN)のシートの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン エアーのシート【デザイン&座り心地をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の下位モデル”エアー”のシートは、このようなデザインをしています。

■エアーのフロントシート

■エアーの2列目シート

■エアーの3列目シート

カジュアルで親しみやすいデザインをしているエアー(AIR)のシートですが、次のような特徴&魅力を備えています。

エアーはシートの素材に織物を採用

今回デビューを果たした新型モデルのエアー(AIR)は、シートの表皮にファブリック素材の一つでもある織物を採用。

ファブリック素材と聞くと、安っぽく感じてしまうかもしれませんが、この新型モデルでは、他のクルマのファブリック素材とは違い、明るさが異なる糸を組み合わせた織物をシート素材に採用しています。

そのおかげもあり、この新型モデルのエアー(AIR)は、安っぽさは一切なし。

新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーは、少し目の粗いざっくりとした風合いの織物を採用していることもあり、ナチュラル感あふれる温かみのある車内空間になっていました。

柔らかい座り心地を楽しめるエアー

また、座り心地の良さも、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーの魅力の一つです。

この新型モデルは、シート表皮に弾力性のあり織物を採用しているため、スパーダやプレミアムラインよりも柔らかな座り心地に…。

エアー(AIR)のフロントシートシートや2列目シートに座ると、座面がじんわりと沈み込み、お尻に優しくフィットするため、非常に快適です。

この新型モデルは、旧型モデルよりもシートの座面に使用されているウレタンの厚みを23mm、密度を27%高めたようですが、クッションの柔らかさを一番感じられるのが、エアー(AIR)なのかなと思いました。

機能や装備は上位モデルよりも劣る

ナチュラル感あふれるオシャレなシートを採用している新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーですが、備わっている機能&装備は、上位モデルのスパーダやプレミアムラインよりも劣ります。

例えば、2列目シート。

上位モデルに位置をするスパーダ(SPADA)やプレミアムライン(PREMIUM LINE)は、足を伸ばしてゆったりと座ることができるオットマンを2列目シートに備えています。

しかし、下位モデルに位置をするエアー(AIR)の2列目シートには、オットマンの用意はなし。

また、新型ステップワゴンのエアー(AIR)は、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターも備わっていません。

■シートヒーターが備わっていないエアー

なので、快適性や居心地の良さを考えると、下位モデルに位置をするエアー(AIR)よりも機能や装備が充実している上位モデルの方が良いかもしれませんね。

新型ステップワゴン スパーダのシート【デザイン&座り心地をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダのシートは、このようなデザインをしています。

■スパーダのフロントシート

■スパーダの2列目シート

■スパーダの3列目シート

中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)は、高級感ただようブラックを基調にしたシートを採用。そんな新型モデルのスパーダ(SPADA)のシートは、次のような特徴&魅力を備えていました。

スパーダはコンビシートを採用

今回デビューを果たした新型モデルのスパーダ(SPADA)では、メイン部分にファブリック素材、シートサイドに合成レザーのような風合いを楽しめるプライムスムースをあしらったコンビシートを標準装備。

■ファブリックを採用しているシートのメイン部分

■プライムスムースを採用しているシートサイド

この新型モデルのスパーダ(SPADA)では、背もたれやシートサイドにシルバーのダブルステッチを採用しており、エアーとはひと味もふた味も違うスタイリッシュなシートになっていなっていました。

エアーとは違うファブリック素材を採用

2022年5月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダは、エアーと同様、シートのメイン部分にファブリック素材を採用しています。

ただ、この新型モデルのスパーダ(SPADA)のメイン部分には、サラっとしたスムーズが肌触りが特徴の“ファブテクト”という素材を採用。

そのおかげもあり、座り心地にも若干の差が…。

下位モデルに位置をするエアーは、弾力性のある柔らかな座り心地になっていましたが、スパーダ(SPADA)は、沈み込みの少ないしっかり&もっちりとした座り心地になっています。

私はの妻は、柔らかい座り心地が好きなので、クッション性の良いエアーの方が良いと言っていました。

ただ、私は、柔らかめのエアー(AIR)より長時間正しい姿勢をキープしてくれるしっかりとした少し硬めの座り心地のスパーダ(SPADA)の方が好みでした。

このように新型ステップワゴン(STEP WGN)は、グレードによって、シートの座り心地が異なるので、ご注意くださいね。

スパーダは機能や装備が充実

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルに位置をするスパーダのシートは、下位モデルのエアーよりも機能や装備が充実しているのも魅力の一つです。

例えば、2列目シートのオットマン。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)の2列目シートには、オットマンの用意がありませんでし。

しかし、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)の2列目シートは、足を伸ばしてリラックスすることができるオットマンを標準装備。

上記の画像のようにこの新型モデルの2列目シートは、180度近くまでリクライニングすることができるので、オットマンを使えば、横になって休憩をすることもできます。

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダは、運転席と助手席に3段階から温度を調整することができるシートヒーターが備わるのも嬉しいポイントの一つですよ。

新型ステップワゴン プレミアムラインのシート【デザイン&座り心地をチェック】

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムラインのシートは、このようなデザインをしています。

■プレミアムラインのフロントシート

■プレミアムラインの2列目シート

■プレミアムラインの3列目シート

スパーダと同じブラックのシートを採用しているプレミアムライン(PREMIUM LINE)ですが、次のような特徴&魅力を備えていました。

シートのメイン部分にスエード調の素材を採用

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインのシートサイドは、スパーダと同じ、プライムスムースを採用しています。

■プライムスムースをあしらったシートサイド

しかし、シートのメイン部分は、スパーダとは違い、毛羽立ち加工をほどこしたスエードを採用。

■シートのメイン部分に採用されているスエード調素材

そのおかげもあり、プレミアムライン(PREMIUM LINE)のシートは、肌触りが良いです。

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルのプレミアムラインは、スパーダよりもスタイリッシュ&スポーティな内装・インテリアになっているのも好印象でした。

座り心地はスパーダとほぼ同じ

シートのメイン部分にスエード調の素材を採用している新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインですが、座り心地は、スパーダとほぼ変わらず、反発力の高いしっかりとした座り心地になっていました。

ただ、シートのメイン部分にスエード調を採用しているプレミアムライン(PREMIUM LINE)の方があたりが柔らかく、上質で快適な座り心地に…。

また、プレミアムラインのシートのメイン部分には、毛羽立ち加工が施されているため、背中や足の蒸れが不安でした。

ただ、気温が30度を超える真夏の暑い日に運転しても、背中やお尻が汗で蒸れることなくサラっとした肌触りを長時間キープしてくれているのも好印象でした。

2列目にもシートヒーターも標準装備

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインのシートは、機能&装備も充実しています。

プレミアムライン(PREMIUM LINE)の2列目シートは、オットマンだけではなく、シートヒーターも標準装備。

■プレミアムラインの2列目シートのオットマン

■プレミアムラインの2列目シートのシートヒータースイッチ

そのおかげもあり、プレミアムライン(PREMIUM LINE)の2列目シートは、真冬の寒い日でも快適に過ごすことができます。

このようにミドルクラス ミニバンの中でトップクラスの機能&装備を備えているのも、プレミアムライン(PREMIUM LINE)の魅力の一つなのかなと思いました。

プレミアムラインで選べるのは7人乗りのみ

このようにワンランク上の機能を備えている新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインですが、注意をしなければいけないこともあります。

下位モデルのエアー(AIR)や中間モデルのスパーダ(SPAD)は、2列目シートに3人乗車することができるベンチシートもオプションで用意していました。

■新型ステップワゴンのベンチシート

しかし、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PREMIUM LINE)で選べるのは、7人乗り仕様のキャプテンシートのみ。

プレミアムライン(PREMIUM LINE)は、エアーやスパーダのように2列目シートに3人乗車することができるベンチシートを選ぶことができないので、車中泊などを考えている方は、ご注意くださいね。

まとめ:グレードでシートの座り心地や機能性が異なる新型ステップワゴン

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のシートを確認してみたところ、このような違いがありました。

■新型ステップワゴンのシートのまとめ

・エアーは、ファブリックシートを標準装備
・スパーダは、ファブリック×プライムスムースのコンビシート
・プレミアムラインは、スエード×プライムスムースのコンビシート

今回デビューを果たした新型モデルは、グレードによってシートに使用されている素材が異なります。

そのため、座り心地に大きな差が…。

また、シートヒーターやオットマンなど、シートに備わっている機能や装備もグレードによって異なるので、ご注意くださいね。

ちなみに、現在のところ、ハイブリッド車/ガソリン車ともにファブリック×プライムスムースのコンビシートを採用している中間モデルのスパーダ(SPADA)が圧倒的に人気が高いようですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02