注意点も!新型オーラのツートンカラーの特徴や魅力、デメリットを実車画像で徹底解説

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、モノトーンだけではなく、ボディとルーフのカラーが異なるツートンカラーも用意しています。

モノトーンとはひと味違う精悍な見た目が魅力のツートンカラーですが、注意点も…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルのツートンカラーは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、この新型モデルのツートンカラーの欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

実車画像を使って、新型オーラ(AURA)に用意されているツートンカラーの特徴や魅力、注意点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのツートンカラーのデザイン【モノトーンとの違いは?】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のツートンカラーは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのツートンカラー
ボディカラー:ピュアホワイトパール×スーパーブラック

ちなみに、この新型モデルのモノトーンは、このような感じになります。

■新型オーラのモノトーン
ボディカラー:ステルスグレー

やはりツートンカラーとモノトーンカラーでは、見た目の印象が大きく異なりますね。

ツートンカラーの方が、モノトーンよりもメリハリが効いていて、引き締まった印象の外装・エクステリアになっていました。

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のモノトーンとツートンカラーの外装・エクステリアを比べたところ、このような違いがありました。

ルーフ【モノトーンとツートンの違い1】

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のモノトーンカラーとツートンカラーの外装・エクステリアの違いの一つが、ルーフのカラーです。

ベースとなっているモノトーンでは、ルーフはボディと同じカラーになっていますが、ツートンカラーでは、ブラック塗装をほどこしたルーフを採用。

■ツートンカラーのルーフ

また、この新型モデルのツートンカラーは、フロントウィンドウを支えるAピラー&サイドウィンドウ後方のCピラーもすべてブラック塗装が施したデザインに…。

そのおかげもあり、この新型モデルのツートンカラーは、モノトーンよりも精悍な見た目になっていました。

サイドミラー【モノトーンとツートンの違い2】

また、新型オーラ(AURA)のモノトーンとツートンカラーでは、サイドミラーのデザインも異なります。

どちらもウィンカー付きのサイドミラーを搭載しているのは変わりないですが、ツートンカラーでは、ブラック塗装をほどこしたサイドミラーに…。

■モノトーンのサイドミラー

■ツートンカラーのサイドミラー

このブラック塗装が施されたサイドミラーが良いアクセントに…。

ちなみに、今回デビューを果たした新型モデルでは、ディーラーオプションでシーケンシャル・サイドミラーウィンカー(流れるウィンカー)を用意しています。

【オーラ】オプショナルパーツ「シーケンシャルドアミラーウインカー」

この流れるウィンカーは、ブラック塗装をほどこしたサイドミラーに良く映えるので、ツートンカラーの購入を検討している方は、シーケンシャルウィンカーへの変更を検討してみても良いかもしれませんね。

Bピラーの塗装【モノトーンとツートンの違い3】

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のモノトーンとツートンカラーの外装・エクステリアの大きな違うの一つが、フロントドアと後部座席のドアの間に備わっているBピラーです。

この新型モデルのモノトーンでは、オーソドックスなブラック塗装をほどこしたBピラーを採用しています。

■モノトーンのBピラー

一方、ツートンカラーでは、艶やかなピアノブラック塗装をほどこしたBピラーを採用。

■ツートンカラーのBピラー

そのおかげもあり、この新型モデルのツートンカラーは、モノトーンよりも高級感&上質感のある外装・エクステリアになっていました。

■モノトーンのサイドスタイル

■ツートンカラーのサイドスタイル

新型オーラは何種類のツートンカラー用意?【人気カラーを紹介】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)は全部で17色のボディカラーを用意していますが、その中で、5色がツートンカラーとなっていました。

■ミッドナイトブラック×サンライズカッパ

■ピュアホワイトパール×スーパーブラック

■ビビットブルー×スーパーブラック

■オペラモーブ×スーパーブラック

■ガーネットレッド×スーパーブラック

特に人気が高いホワイトとレッドのツートン

また、いつもお世話になっているディーラーさんに人気が高いツートンカラーを聞いてみたところ、やはり定番のピュアホワイトパール×スーパーブラックのツートンカラーの人気が頭一つ抜けているようです。

■新型オーラのピュアホワイトパール×スーパーブラック

また、カタログやテレビのCMなどで使用されているガーネットレッド×スーパーブラックのツートンカラーの人気も高いようですよ。

■新型オーラのガーネットレッド×スーパーブラック

独特の存在感を放つブラック×カッパーのツートンカラー

また、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)のツートンカラーで印象的だったのが、ミッドナイトブラックをベースに、ゴールドっぽいカッパー色をワンポイントであしらったミッドナイトブラック×サンライズカッパーです。

■新型オーラのミッドナイトブラック×サンライズカッパー

こののミッドナイトブラック×サンライズカッパーのツートンカラーは、一見すると”ギラつき”が強そうな感じがしますよね。

しかし、この新型モデルのブラック×カッパーのツートンカラーは、ルーフ全体はブラックで、カッパー色をピラーやサイドミラーなどワンポイントで使っているのみ。(※フロント&リアのバンパーのフィニッシャーは、オプション設定)

■ブラック×カッパーのルーフ

■ブラック×カッパーのサイドミラー

そのおかげもあり、この新型モデルのミッドナイトブラック×サンライズカッパーのツートンカラーは、思ったよりも上品で落ち着いた感じがしました。

新型オーラのツートンのデメリット【購入時の注意点とは?】

モノトーンとはひと味違う高級感&上質感がただよっている新型オーラ(AURA)のツートンカラーですが、注意点も…。

モノトーンにはないこの新型モデルのツートンカラーのデメリット&注意点は、何だったのか?包み隠さずお話したいと思います。

特別塗装料の高さ【ツートンカラーのデメリット1】

今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)のツートンカラーのデメリットの一つが、特別塗装料の高さです。

この新型モデルのツートンカラーは、すべて特別塗装料が発生するのですが、この新型モデルのツートンカラーの特別塗装料は5万500円~8万2500円となっており、競合車・ライバル車よりも少しお高めの価格設定に…。

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも車体本体価格が高いですが、ツートンカラーにすると、さらに購入費用が高くなるので、ご注意くださいね。

ちなみに、この新型モデルの中で一番特別塗装料が高いボディカラーは、ガーネットレッド×スーパーブラックの8万2500円でした。

納期が長い【ツートンカラーのデメリット2】

また、納期・納車待ちの長さも、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のツートンカラーのデメリットの一つです。

この新型モデルは、売れ行きが良いこともあり、全体的に納期・納車待ちが長くなっています。ただ、この新型モデルのツートンカラーは塗装工程が多いこともあり、モノトーンよりもさらに納期・納車待ちが長めに…。

なので、車検切れ間近の方などは、ご注意くださいね。

まとめ:精悍&上品な見た目が魅力の新型オーラのツートンカラー

2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)に用意されているツートンカラーは、このようなデザインをしていました。

■新型オーラのツートンカラーのまとめ

・5色のツートンカラーを用意
・ピアノブラック塗装のBピラーに変更
・5万500円~8万2500円の特別塗装料が発生
・モノトーンよりも納期は長め

ピアノブラック塗装のBピラーになることもあり、この新型モデルのツートンカラーは、モノトーンよりも上品さがあふれる見た目に…。

ただ、この新型モデルのツートンカラーは、モノトーンよりも納期・納車待ちが長くなるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02