新型オーラはルームミラーもノートと違う【デザインや機能、視認性を徹底解剖】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)とベースのノートe-POWERは、機能や装備に様々な違いがありますが、後方の視界を確認する際に利用をするルームミラーも異なります。

そんな新型モデルのルームミラーは、どのようなデザイン&視認性になっているのでしょうか?また、ベースとなっているノートe-POWERとどのような違いがあるのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型オーラ(AURA)に用意されているルームミラーのデザインや特徴、視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのルームミラーはオシャレ?【デザインをチェック】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)に用意されているルームミラーは、このようなデザインをしています。

■新型オーラのルームミラー

新型オーラはインテリジェントルームミラーを標準装備

この新型モデルのベースとなっているノートe-POWERでは、オーソドックスな鏡で後方を映し出すルームミラーを標準装備していました。

■ノートe-POWERのルームミラー

しかし、新型ノート オーラ(NOTE AURA)では、後方に備わったカメラ映像をルームミラーの鏡面に映し出すことができるインテリジェントルームミラーを標準装備。

そのおかげもあり、この新型モデルの後方の視界&視認性は、ベースとなっているノートe-POWERよりも良くなっていました。

スタイリッシュなベゼルレスデザインを採用

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のルームミラーで印象的だったのは、デザインです。

ノートe-POWERやホンダのフィット4(FIT4)、トヨタのヤリス(YARIS)のルームミラーは、黒い縁が付いたオーソドックスなデザインになっていました。

■フィット4のルームミラー

しかし、この新型モデルに用意されているルームミラーは、競合車・ライバル車とは違い縁のないベゼルレスデザインを採用。

■ベゼルレスデザインを採用している新型オーラのルームミラー

このスタイリッシュなデザインも、この新型モデルに用意されているルームミラーの魅力・メリットの一つでした。

新型オーラのルームミラーはどんな機能を搭載?【使い勝手をチェック】

このようにスタイリッシュなデザインをしている新型ノート オーラ(NOTE AURA)のルームミラーですが、使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのルームミラーの機能や特徴を紹介したいと思います。

新型オーラのルームミラーは2種類のモードを用意

今回デビューを果たした新型モデルに標準装備されているインテリジェントルームミラーは、ミラーとして使用をする”ルームミラーモード”と、カメラ後方の映像を映し出す”インテリジェントルームミラーモード”の2種類用意しています。

■新型オーラのルームミラーモード

■新型オーラのインテリジェントルームミラーモード

このように2つのミラーモードを用意しているのは、かなり嬉しいですよね。

また、ミラー下に備わっているレバーで瞬時にルームミラーモードとインテリジェントルームミラーモードを切り替えられるようになっているのも好印象でした。

■ミラーのモード切替レバー

インテリジェントルームミラーモードは設定も簡単

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のルームミラーは、左側の下の部分にスイッチが搭載されており、インテリジェントルームミラーモード時の明るさや上下左右、見える範囲を調整することが可能です。

■新型オーラのルームミラーの設定画面


このように角度や明るさを簡単に調整することができるのも、この新型モデルのインテリジェントルームミラーの良いところの一つなのかなと思いました。

アラウンドビューモニターも表示可能

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、シフトレバーをバックに入れると、ルームミラー部分に真上から見下ろすような視点でクルマの周囲を確認することができるアラウンドビューモニターを映しだすことができます。

ちなみに、これは他の日産車なのですが、ルームミラー部分にアラウンドビューモニターを映しだすとこのような感じになります。

ご覧いただければ分かると思いますが、画面サイズが小さいこともあり、ルームミラー部分に映し出されるアラウンドビューモニターの視認性は、あまり良くないんですよね。

ただ、メーカーオプションで用意されている純正ナビを装着すると、ナビ画面の大画面にアラウンドビューモニターを表示することが可能ですよ。

新型オーラのルームミラーは見やすい?【後方の視認性をチェック】

ルームミラーモードとインテリジェントルームミラーモードの2種類を用意している新型オーラ(AURA)のルームミラーですが、やはり気になるのは、それぞれのモードの視認性・見やすさですよね。

そこでこの新型モデルのルームミラーに用意されている2つのモードの視認性を確認してきました。

視認性に物足りなさを感じるルームミラーモード

普通にクルマの後方の様子を鏡に映し出すルームミラーモードにした時の、新型ノート オーラ(NOTE AURA)の後方の視界&視認性は、このようになります。

■ルームミラーモードの時の視認性

今回デビューを果たしたこの新型モデルのリヤガラスは、コンパクトカーの中では十分なサイズを確保しています。

ただ、後部座席に同乗者がいたり、荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込むと、後方に視認性&視界は、かなり悪くなるのかなと思いまいた。

クリアな視界が魅力のインテリジェントルームミラーモード

一方、リアに備わったカメラの映像を映し出すインテリジェントルームミラーモードにした時の後方の視界・視認性は、このような感じになります。

■インテリジェントルームミラーモード時の視認性

インテリジェントルームミラーモードにすると、後部座席や荷室・ラゲッジスペースが写り込まないため、スッキリとしたクリアな後方視界に…。

また、ルームミラーモードの時よりも広角なため、確認できる範囲が広いのもインテリジェントルームミラーモードの良いところの一つでした。

まとめ:視認性に優れる新型オーラのルームミラー

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)に用意されているルームミラーは、このようなデザインをしていました。

■新型オーラのルームミラーのまとめ

・インテリジェントルームミラーを標準装備
・インテリジェントルームミラーは2つのモードを用意
・2つのモードの切り替えは瞬時に可能
・ルームミラーモードの時の視認性はイマイチ
・クリアな視界のインテリジェントルームミラーモード

この新型モデルのベースとなっているノートe-POWERは、オーソドックスな鏡のルームミラーを採用していましたが、この新型モデルでは、クルマの後方の備えたカメラ映像を鏡面に映し出すインテリジェントルームミラーを全グレード標準装備。

そのおかげもあり、ベースとなっているノートe-POWERよりも後方の視界&視認性が良く、安心して運転をすることができました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02