新型オーラとノートの内装の違いを実車画像で比較【装備の豪華さに差が…】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、ノートe-POWERをベースにしたプレミアムコンパクトカーです。

そのため、ダッシュボードやセンターコンソールの形状、シートの骨格など内装・インテリアの基本的な部分は、共通となっています。

ただ、この新型モデルとノートe-POWERでは、機能や装備の豪華さに大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルとノートe-POWERの内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、機能や装備にどのような違いが違いがあったのでしょうか?

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERの内装・インテリアの違いを、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラとノートe-POWERの内装比較【デザインをチェック】

2021年8月にデビューを果たした3ナンバーサイズのプレミアムコンパクトカー”新型オーラ(AURA)”と、ベースになっているノートe-POWERの内装・インテリアは、それぞれ次のようなデザインになっていました。

シックな雰囲気がただようノートe-POWERの内装

新型オーラ(AURA)のベースになっている日産の人気コンパクトカー”ノートe-POWER”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■ノートe-POWERの内装

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をしたノートe-POWERは、ブラックを基調にしたシックな雰囲気の内装・インテリアに…。

ただ、最上位モデルのXグレードでも、ウレタン製のハンドルや全面ファブリック素材のシートが標準装備になるなど、車内の豪華さや上質感と言う点で少し物足りなさを感じました。

上品さが増した新型オーラの内装

一方、2021年8月にデビューを果たしたプレミアムコンパクトカー”新型オーラ(AURA)”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型オーラの内装

ベースとなっているノートe-POWERとは異なり、この新型モデルでは、ツイード調の織物と木目調のパネルをあしらったダッシュボードやセンターコンソールを備えるなど、上品さがただよう車内空間に…。

また、上位モデルに位置をするGレザーディションでは、シート全体にレザーをあしらった本革シートを標準装備するなど、車内の機能&装備が充実しているのも好印象でした。

新型オーラとノートe-POWERの内装比較【機能&装備の違いをチェック】

このようなデザインになっていた新型オーラ(AURA)とノートe-POWERの内装・インテリアですが、車内はどのような違いがあったのでしょうか?

この新型モデルと新型オーラとノートe-POWERの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

内装色・インテリアカラー

2021年8月にデビューをした新型オーラ(AURA)とベースになっているノートe-POWERの違いの一つが、内装色・インテリアカラーです。

ベースとなっているノートe-POWERでは、ブラックを基調にした内装・インテリアを採用していました。

■ノートe-POWERのブラックの内装色

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/

一方、プレミアムコンパクトカーとしてデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)では、ブラックに加えて、車内を明るく彩るエアリーグレーも用意。(※エアリーグレーの内装色を選べるのは、Gレザーエディションのみ)

■新型オーラのブラックの内装色

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/

■新型オーラのエアリーグレーの内装色

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/

また、ダッシュボードやシートに使用されている素材の違いもあり、新型オーラ(AURA)とノートe-POWERでは、同じブラックの内装色・インテリアカラーでも、車内の雰囲気に大きな違いがありました。

ダッシュボード

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERの内装・インテリアで異なるのが、ダッシュボードの素材感です。

ベースとなっているノートe-POWERでは、助手席側にカーボン調のパネルをほどこしたブラック基調のダッシュボード・インパネを採用していました。

■ノートe-POWERのダッシュボード

しかし、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)では、木目調パネルとナチュラルな素材感を魅力のツイード調の織物をダッシュボードに採用。

■新型オーラのダッシュボード

そのおかげもあり、新型オーラ(AURA)は、ノートe-POWERとはひと味違う柔らかい上品さがただよう内装・インテリアになっていました。

センターコンソール

また、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)とノートe-POWERでは、運転席と助手席の間に備わっているセンターコンソールのデザインにも違いがありました。

ベースとなっているノートe-POWERでは、合成レザーをアームレスト部分にあしらったブラック基調のセンターコンソールを標準装備していました。

■ノートe-POWERのセンターコンソール

一方、新型ノート オーラ(NOTE AURA)では、アームレスト部分にダッシュボードと同じツイード調の素材を、そして、アームレストの前方部分には木目調のパネルをあしらった上品なデザインのセンターコンソールを標準装備していました。

■新型オーラのセンターコンソール

シートの素材

また、シートのデザイン&素材も、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とベースのノートe-POWERで異なります。

ベースのノートe-POWERでは、ブラックを基調にしたファブリック素材のシートが全グレード標準装備となっており、高級感ただよう本革シートは、メーカーオプション設定となっていました。

■ノートe-POWERの標準仕様のファブリックシート

一方、新型オーラ(AURA)では、グレード別にシートを設定。

この新型モデルの下位モデルに位置をするGグレードでは、ツイード調の織物と合成レザーを組み合わせたコンビシートを標準装備。

■新型オーラGグレードのコンビシート

また、上位モデルに位置をするGレザーエディションでは、シート全体をレザーでおおった本革シートを標準装備していました。

■Gレザーエディションの本革シート

ドア内側パネル

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERでは、ドア内側パネルのデザイン&素材も異なります。

ベースとなっているノートe-POWERでは、トリム部分にシンプルなのファブリック素材を、そして、アームレスト部分に合成レザーをあしらったブラック基調のドア内側パネルを採用していました。

■ノートe-POWERのドア内側パネル

一方、今回デビューをした新型オーラ(AURA)では、ツイード調の織物をドアトリムとアームレスト部分に採用。

■新型オーラのドア内側パネル

このように見比べると、見た目の雰囲気や上質感が全然違うますよね。

このようにベースとなっているノートe-POWERとはひと味違うオシャレ感がただようドア内側パネルになっているのも、新型オーラ(AURA)の魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

メーターパネル

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERの内装インテリアの薔薇の大きな違いの一つが、メーターパネルです。

この新型モデルとノートe-POWERは、どちらもメーターフードを備えていないスッキリとしたデザインのメーターパネルを採用していますが、液晶ディスプレイのサイズ&構成に違いがありました。

ベースとなっているノートe-POWERでは、右側にデジタル表示のスピードメーター、そして、左側にマルチインフォメーションディスプレイを表示するメーターを採用していました。

■ノートe-POWERのメーター

しかし、新しくデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)は、左右にスピードメーターとパワーメーター、そして、中央に大きくマルチインフォメーションディスプレイを表示する2眼式メーターを採用。

■新型オーラのメーター

そのおかげもあり、この新型モデルのメーターの方がワンランク上の先進感があります。

また、新型ノート オーラ(NOTE AURA)は、フル液晶ディスプレイを採用しているため、メーターの見た目のデザインを2種類から変更できるようになっているのも、大きな違いの一つですよ。

ハンドル・ステアリングホイール

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERの内装・インテリアの装備の違いの一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

ベースとなっているノートe-POWERでは、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールが全グレード標準装備となっており、本革巻きのハンドルは、メーカーオプション設定になっていました。

■ノートe-POWERのハンドル

しかし、プレミアムコンパクトカーを謳う新型ノート オーラ(NOTE AURA)では、高級感がただよう本革巻きのハンドル・ステアリングホイールが全グレード標準装備となっていました。

■新型オーラのハンドル

ルームミラー

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERでは、車内に用意されているルームミラーも異なります。

ベースになっているノートe-POWERでは、後方から照らされるヘッドライトの眩しさを抑制してくれる玄昉式のルームミラーが標準装備となっていました。(画像はキックスのものです。)

しかし、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)では、クルマの後方に備えたカメラの映像をルームミラーに部分に映し出してくれるインテリジェント ルームミラーを標準装備。

■新型オーラのインテリジェントルームミラー

このように運転のしやすさ、安全性が異なるのも、新型オーラ(AURA)とノートe-POWERの大きな違いの一つなのかなと思いました。

USBポート

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とノートe-POWERでは、用意されているUSBポートの数&使い勝手も異なります。

ベースとなっているノートe-POWERでは、運転席まわりにUSBポートを1つのみ標準装備しています。そして、メーカーオプションでタイプCのUSBを装着できるようになっていました。

■ノートe-POWERのUSBポート

一方、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)では、運転席まわりだけではなく、センターコンソールの後方にUSBポートを1つ、合計2個のUSBポートを用意。

■新型オーラの後部座席用のUSBポート

後部座席用のUSBポートを用意しているのは、かなり嬉しいですよね。

また、新型オーラ(AURA)でも、ノートe-POWERと同様にメーカーオプションでタイプCのUSBポートを用意しており、最大で3つのUSBポートを車内に装着することができますよ。

まとめ:見た目だけではなく、機能&装備も充実している新型オーラ

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)とベースのノートe-POWERの内装・インテリアを比べたところ、このような違いがありました。

新型ノート オーラ(NOTE AURA)では、ツイード調の織物と木目調のパネルをあしらっており、ノートe-POWERにはない上品さとオシャレさが…。

また、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールやインテリジェントルームミラーなど、ノートe-POWERではオプションで用意されているアイテムが、新型オーラ(AURA)では標準装備されているのも魅力の一つですよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02