新型オーラのGレザーの内装色【ブラックとエアリーグレーどっちがおすすめ?】

2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の上位モデルに位置をするGレザーエディションでは、ブラックとエアリーグレーの2種類から内装色・インテリアカラーを選ぶことができます。

先日この新型モデルのブラックとエアリーグレーの内装色を見比べることはできたのですが、社内は全く異なる雰囲気に…。

また、シートやダッシュボード、センターコンソールだけではなく、 細かい部分まで違いがあるのが印象的でした。

そんな新型モデルのGレザーエディションのブラックとエアリーグレーの内装・インテリアはそれぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、 ブラックとエアリーグレーではどのような違いがあったのでしょうか?

実写画像を使って、新型ノート オーラ(NOTE AURA)のGレザーエディションに採用されているブラックとエリーグレーの内装色インテリアカラーの違いを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ブラックの内装色はどんな感じ?【新型ノートオーラのGレザーエディション】

2021年8月にデビューを果たしたまるまるの上位モデルGレザーエディションに用意されているブラックの内装色店インテリアカラーはこのようなデザインになっています。

■Gレザーエディションのブラックの内装色

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/

ブラックのツイード織物とダークブラウンの木目調パネルを採用

今回デビュー果たした新型モデルのGレザーエディションのブラックの内装色では、ダッシュボードやセンターコンソールに黒のツイード調の織物とダークブラウンカラーの木目調のパネルを採用。

■Gレザーエディションのダッシュボード

■Gレザーエディションのセンターコンソール

また、フロントとピアノドア内側パネルのトリム部分にも、黒のツイード調の織物をあしらったデザインを採用。

■Gレザーエディションのドア内側パネル

そのおかげもあり、新型ノート オーラ(NOTE AURA)のG レザーエディションのブラックの内装色・インテリアカラーでは、洗練された上品さと大人っぽい落ち着いた雰囲気がただよう車内空間になっていました。

ブラックの本革シートを採用

また、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)のGレザーエディションのブラックの内装色・インテリアカラーでは、全面ブラックの本革シートを採用しています。

■Gレザーエディションのブラックの本革シート

ツイード調織物×合成レザーを採用しているGグレードと比較すると、グッとスタイリッシュさが増したような感じが…。

ただ、この新型モデルのGレザーエディションに採用されている本革シートは、シートの背もたれや座面に様々な方向からラインが入っているため、少しゴチャゴチャとしている感じが…。

そのため、上品で落ち着いた雰囲気がある新型ノート オーラ(NOTE AURA)の内装・インテリアとはマッチをしていません。

この新型モデルの本革シートのデザインは、ベースとなっているノートe-POWERのものをそのまま流用していますが、個人的には、この新型モデルの車内の雰囲気にあった専用デザインのシートにしても良かったのかなと思いました。

エアリーグレーの内装色はどんな感じ?【新型ノートオーラのGレザーエディション】

一方、新型ノート オーラ(NOTE AURA)の上位モデルGレザーエディションのみに用意されているフェアリーグレーの内装色インテリアカラーはこのようなデザインをしています。

■Gレザーエディションのエアリーグレーの内装色

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/

グレーのツイード織物と明るめのカラーの木目調パネルを採用

今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)のGレザーエディションのフェアリーグレーの内装色・インテリアカラーでは、グレーのツイード調の織物とブラックの内装色の時よりも明るめのブラウンの木目調パネルをダッシュボードとセンターコンソールに採用。

■エアリーグレーのダッシュボード

■エアリーグレーのセンターコンソール

また、エアリーグレーの内装・インテリアには、グレーのツイード調の織物をあしらったフロントと後部座席のドア内側パネルのトリム部分採用。

■エアリーグレーのドア内側パネル

グレーのツイード調の織物と明るめのブラウンの木目調パネルをあしらったエアリーグレーの内装・インテリアは、ブラックの内装色よりも開放感があり、優しい印象の内装・インテリアになっていました。

また、グレーのツイード調の織物がはられているダッシュボード自体も明るいグレーカラーにしており、ブラックの内装色との差別化を図っているのも好印象でした。

ライトグレーカラーの本革シートを採用

また、2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)のエアリーグレーの内装色・インテリアカラーでは、ホワイトにかなり近いライトグレーの本革シートを採用しています。

■エアリーグレーの本革シート

様々な方向から深めのラインが入ったこの新型モデルのエアリーグレーの本革シートは、思った以上にスタイリッシュな感じが…。

そのおかげもあり、この新型モデルのエアリーグレーの内装色は、木目やツイードのぬくもりがありつつも、都会的で洗練された印象もある”ナチュラルモダンテイスト”な内装・インテリアになっていました。

シートベルトもライトグレーに変更

また、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)のライトグレーの内装色・インテリアカラーで印象的だったのは、シートベルトです。

ブラックの内装色・インテリアカラーでは、シートベルトやシートベルトを固定するストッパーもオーソドックスなブラックカラーになっていました。

しかし、エアリーグレーの内装色・インテリアカラーでは、シートベルトやシートベルトのバックルまでライトグレーカラーに変更。

■エアリーグレーのシートベルト

■エアリーグレーのシートベルトバックル

ライトグレーカラーのシートベルトバックルと言うのは、ちょっと珍しいですよね。

このようにシートベルト&バックルのカラーまでこだわっているの、今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:内装色で車内の雰囲気が大きく異なる新型オーラのGレザーエディション

2021年8月にデビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)の上位モデルGレザーエディションの2種類の内装色”ブラック”と”エアリーグレー”は、それぞれこのような特徴&魅力を備えていました。

この新型モデルのブラックの内装色・インテリアカラーは、落ち着いた大人っぽい雰囲気の車内空間だったのに対し、エアリーグレーは、最近トレンドのナチュラルモダンっぽいテイストの内装・インテリアに…。

このように全く異なる雰囲気の2種類の中から自分好みで好きな内装色・インテリアカラーを選べるようになっているのも、この新型モデルのGレザーエディションの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02