新型オーラ ニスモって、どう?【デザインや装備、お金事情など特徴&魅力を総ざらい】

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、日産のプレミアムコンパクトカー”オーラ(AURA)”をベースにしたスポーツモデルです。

様々な専用装備を装着しているこの新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)とは全然違う精悍な見た目に…。

また、見た目だけではなく、走りや加速力にも大きな違いが…。

今回デビューを果たした新型モデルの内外装は、どのようなデザインを備えているのでしょうか?また、どのような特徴や魅力を備えているのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の特徴や魅力、お金事情などを分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラ ニスモのスペック&諸元表をチェック

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の基本的なスペックは、このような感じになっています。

■新型オーラ ニスモのスペック

ベースのオーラよりも80mm長い新型オーラ ニスモ

今回デビューを果たしたこの新型モデルの注目ポイントの一つは、全長の長さです。

この新型モデルは、前後に大きく張り出した専用バンパーを備えているおかげで、ベースのオーラ(AURA)よりも全長が80mmほど長くなっています。

また、全高が20mmほど低くなっているおかげで、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)よりもロー&ワイドを強調したスポーツモデルらしいデザインに生まれ変わっていました。

搭載しているエンジンはオーラと同じ

一方、エンジンに関しては、ベースモデルのオーラ(AURA)と全く同じ直列3気筒の”HR12DE”を搭載しています。

■新型オーラ ニスモのエンジン

また、最高出力/最高トルクともにオーラ(AURA)と全く同じになっています。

ただ、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、専用のチューニングをほどこしているおかげで、ベースのオーラ(AURA)とは全く異なる走り&加速感になっていました。

燃費性能はオーラよりも劣る

また、2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は23.3km/Lとなっており、ベースモデルのオーラ(AURA)より3.9km/Lほど劣ります。

■新型オーラ ニスモとオーラの燃費比較

ただ、この新型モデルは、走りや加速力にこだわったチューニングをほどこしていることを考えると、このくらい燃費性能が劣るのは、仕方がないことなのかもしれませんね。

新型オーラ ニスモの外装をチェック

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモの外装

オーラには様々な専用装備を装着

この新型モデルは、ピアノブラック塗装をほどこした専用バンパーやアクセントラインが印象的なサイドシルプロテクターなど、様々な専用装備を備えています。

■新型オーラ ニスモの専用デザインのフロントバンパー

■新型オーラ ニスモの専用デザインのリヤバンバー

また、この新型モデルのリヤの中央には、フォーミュラーカーをモチーフにしたドット状に点灯をする大きなリヤフォグランプも標準装備されています。

■新型オーラ ニスモのリヤフォグランプ

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)とはひと味違う迫力と存在感のある外装・エクステリアになっていました。

機能や装備も充実

また、今季デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、外装まわりの機能&装備も充実しています。

その一つが、ヘッドライトです。

この新型モデルは、前走車や対向車を検知して自動的に照射範囲を調整してくれるアダプティブ機能付きのLEDヘッドライトを標準装備しています。

■新型オーラ ニスモのLEDヘッドライト

また、ヘッドライトの下に備わっているウィンカーは、内側から外側に流れるシーケンシャルウィンカー(流れるウィンキー)になっているのも、注目ポイントの一つですよ。

■新型オーラ ニスモのウィンカーを点灯した時の様子

専用デザインのタイヤ&ホイールを装着

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、タイヤ&ホイールも専用デザインとなっています。

この新型モデルのタイヤサイズは、ベースモデルのオーラ(AURA)と同じ205/50R17となっています。

ただ、この新型モデルが履いているタイヤはベースのオーラ(AURA)とは異なり、ミシュランのハイスペックタイヤ”プロパイロット スポーツ4″を採用。

また、ブラック塗装が印象的な専用デザインのホイールも、6.5Jから7.0Jにワイド化されています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)とは全く異なる乗り心地&走破性になっていました。

新型オーラ ニスモの内装をチェック

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型オーラ ニスモの内装

ブラックを基調にしたスポーティな内装

今回デビューを果たした新型モデルは、天井までブラックをあしらった黒基調の内装・インテリアを採用。

■ブラック基調のニスモの内装

そのおかげもあり、ベースモデルのオーラ(AURA)とは、全く異なる車内の雰囲気に…。

ただ、ブラック基調の内装・インテリアになっているため、ベースのオーラ(AURA)よりも圧迫感がり、車内空間がひと回り狭く感じました。

■オーラの内装・インテリア

内装にも専用装備を多数用意

また、今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、内装・インテリアにも様々な専用装備を備えてます。

その一つが、メーターです。

■新型オーラ ニスモのメーター

12.3インチの大画面のフル液晶デジタルメーターを採用しているのは、ベースモデルのオーラ(AURA)と同じです。

■オーラのメーター

ただ、この新型モデルは、パワーメーターに赤をあしらった専用デザインを採用。

ハンドル・ステアリングホイールも、アルカンターラ巻の専用デザインのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■新型オーラ ニスモのハンドル

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、運転席に座るだけで、気分が高揚する内装・インテリアになっていました。

また、この新型モデルは、ホールド感に優れたセミバケットタイプのレカロシート(RECAROシート)を備えているのも、注目ポイントの一つですよ。

■新型オーラ ニスモのレカロシート

車内の快適性はオーラよりも劣る

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、ベースモデルのオーラ(AURA)と同じ室内サイズを確保しています。

そのおかげもあり、この新型モデルの後部座席は、ベースモデルのオーラ(AURA)と同様、広々とした足元空間(ニークリアランス)になっています。

■新型オーラ ニスモの後部座席の足元空間

ただ、この新型モデルは、後部座席の中央にリヤセンターアームレストを備えていないこともあり、オーラ(AURA)よりも快適性には、少し劣るように感じました。

新型オーラ ニスモの走り&乗り心地をチェック

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の走りや乗り心地には、次のような特徴がありました。

ベースのオーラよりも硬めの乗り心地

今回デビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、スポーツタイヤを履いているだけではなく、専用のチューニングをほどこしています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、スポーツモデルらしい少し硬めの乗り心地になっています。

ただ、マンホールや高速道路のつなぎ目などの段差のショックは、スグに吸収してくれるため、引き締まった足回りと言った方が適切かもしれません。

また、この新型モデルは、タイヤの接地感が非常に良く、ワインディングロードのような連続するカーブも安心して走れるのも、ベースのオーラ(AURA)との大きな違いでした。

次世代のホットハッチと呼ぶのに相応しい加速力

また、今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、加速力も異次元です。

この新型モデルは、ベースモデルのオーラ(AURA)と同じECOモードがデフォルトのドライブモードになっています。

ただ、この新型モデルのECOモードは、ベースのオーラ(AURA)のスポーツモードに匹敵をする加速力を備えています。

そのため、普通のECOモードの感覚で運転をすると、あまりの加速力にビックリします。

また、この新型モデルは、スピードの伸びとエンジンの回転数がリンクしているため、運転をしていて非常に気持ちが良いです。

しかも、この新型モデルは、さらに上の加速力や走りを楽しめるNISMOモードも、用意しています。

精悍な見た目など様々な魅力を備えているこの新型モデルですが、このシームレス&刺激的な加速を味わうだけでも、この新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)を購入する価値はありのかなと思いました。

新型オーラ ニスモのお金事情をチェック

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)の車体本体価格は、このようになっています。

■新型オーラ ニスモの車体本体価格

オーラと新型オーラ ニスモの価格差は約17万円

今回デビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とベースモデルのオーラ(AURA)のFF車の価格を比較すると、約17万円の価格差があります。

■新型オーラ ニスモとオーラの車体本体加価格を比較

ただ、この新型モデルには、大型化したテールゲートスポイラーや空力性能を考慮した専用バンパー、リヤフォグランプなど様々な専用装備が用意されてます。

■新型オーラ ニスモのテールゲートスポイラー

そのことを考えると、このくらいの価格差になってしまうのは、仕方がないことなのかもしれませんね。

オーラとニスモの乗り出し価格の差は小さくなる

2021年10月にデビューを果たした新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)とベースモデルのオーラ(AURA)は、車体本体価格で17万円くらいの差があります。

ただ、この新型モデルとオーラ(AURA)では、用意されているメーカーオプションの価格が異なるため、オプションをフル装備した時の乗り出し価格の差は、9万5000円と小さくなります。

■新型オーラニスモとオーラの乗り出し価格を比較

この2台のモデルの装備&機能の違いを考えると、9万5000円と言う価格差は、かなりお得感があるのかなと思ってしまいました。

まとめ:オーラにはない魅力を備えた新型オーラニスモ

2021年10月にデビューを果たした日産の新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)は、このようなクルマに仕上がっていました。

■新型オーラ ニスモの特徴&魅力のまとめ

・ロー&ワイドなスポーティな見た目
・スポーツマインドを重t機する内装
・モーター駆動の特性を活かした異次元の加速
・フラット&タイトな乗り心地
・思ったよりもお得感のある価格設定

今回デビューを果たした新型モデルは、精悍な見た目や異次元の走りなど、ベースモデルのオーラ(AURA)にはない魅力&メリットが盛りだくさん。

特に加速力に関しては、言葉では言い表せないほどスゴイです。

オーラとの乗り出し価格の差もそれほど大きくありませんし、少しでも新型オーラ ニスモ(AURA NISMO)が気になる方は、一度試乗をしてみてください。

きっとこの新型モデルの走りの虜(とりこ)になると思いますよ。

ただ、この新型モデルは、ベースのオーラ(AURA)よりも納期・納車待ちが少し長くなっているので、その点だけは、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02