新型オーラの後部座席はリクライニング可能?【デザインや装備&機能をチェック】

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)の魅力の一つは、後部座席まわりの機能&装備の充実度です。

この新型モデルの後部座席には、背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能が備わっていることもあり、競合車・ライバル車よりも快適に過ごすことができます。

また、ベースになっているノートe-POWERにはない装備や装備が備わっているのも好印象でした。

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席は、何段階のリクライニング機能を備えていたのでしょうか?また、この新型モデルの後部座席まわりには、どのような機能&装備を備えていたのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ(AURA)の後部座席のデザインや装備&機能を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

リクライニングは何段階?【新型オーラの後部座席のデザインと機能をチェック】

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー”新型オーラ(AURA)”の後部座席は、 このようなデザインをしています。

■新型オーラの後部座席:Gグレード

■新型オーラの後部座席:Gレザーエディション

上位モデルのGレザーエディションは本革シートを採用

この新型モデルの後部座席に使用されている素材は、グレードによって違いがあります。

下位モデルに位置をするGグレードでは、温かみのある素材感が魅力のツイード調の織物をメイン部分に、そして、シートサイドにダークブラウンの合成レザーをあしらったコンビシートを採用。

■Gグレードの後部座席のツイード調の織物

一方、上位モデルに位置を位置をするGレザーエディションでは、全面にレザーをあしらった本革シートを採用。

■Gレザーエディションの本革

高級感がただようGレザーエディションの本革シートですが、ツイード調の織物と合成レザーを組み合わせたGグレードよりもクッション性が良く、ソフトな座り心地になっているのも好印象でした。

2段階のリクライニング機能を全グレードに標準装備

今回デビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)の後部座席は、2段階から調整することができるリクライニング機能を全グレードに標準装備。

実際にこの新型モデルの後部座席の片側をリクライニングするとこのような感じになります。

■後部座席をリクライニングした時の様子

この新型モデルに用意されているリクライニングは2段階のみとなってるため、パッと見た感じでは、それほど大きな違いを感じないと思います。

ただ、実際に使用をしてみると、背もたれにもたれかかった時の腰&姿勢にラクさ、頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さなどで違いを感じることができました。

Gレザーのみリヤセンターアームレストを採用

2021年8月にデビューをはたした新型オーラ(AURA)のGグレードとGレザーエディションの後部座席の大きな違いの一つが、シートの中央部分のデザインです。

この新型モデルでは上位モデルに位置をするGレザーエディションのみ、後部座席の中央にドリンクホルダー付きのリヤセンターアームレストを標準装備。

■Gレザーエディションのみのリヤセンターアームレスト

また、この新型モデルに用意されているリヤセンターアームレストは、ドア内側パネルのアームレスト部分と同じ高さの位置に揃えられており、腕の置き心地が良いのが印象的でした。

どんなアイテムを用意?【新型オーラの後部座席まわりの装備をチェック】

また、2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、後部座席間まわりの装備が充実しているのも魅力の一つです。

この新型モデルの後部座席まわりには、どのような機能&装備を備えているのでしょうか?

日産が誇るプレミアムコンパクト-カー新型オーラ(AURA)の後部座席まわりに用意されている注目の装備&アイテムを紹介したいと思います。

新型オーラは後部座席用のUSBを標準装備

今回デビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)の後部座席まわりの注目のアイテム&装備の一つが、USBポートです。

この新型モデルのベースになっているノートe-POWERでは、後部座席用のUSBポートの用意がありませんでした。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルでは、センターコンソールの後方に後部座席に乗車する人のためのUSBポートを全グレード標準装備。

■新型オーラの後部座席用のUSBポート

フロントシートだけではなく、後部座席まわりにもスマホやiPhone、タブレット端末などを充電するのに重宝するUSBポートが用意されているのは嬉しいですよね。

このように後部座席に乗車する人のためのUSBポートが用意されているは、ノートe-POWERとはひと味違う新型オーラ(AURA)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

ノートe-POWERより使い勝手が良いシートバックポケット

また、フロントシートの裏側に用意されているシートバックポケットも、今回デビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)の後部座席まわりの注目の装備の一つです。

ベースとなっているノートe-POWER同様、この新型モデルもシートバックポケットが用意されているのは、助手席側のみとなっています。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルは、ノートe-POWERの標準仕様とは異なり、シートバックポケットの内側に小型ポケットを用意。

■小型ポケットのないノートe-POWERのシートバックポケット

■小型ポケットを用意している新型オーラのシートバックポケット

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、後部座席用のUSBを用意していることもあり、シートバックポケット内にスマホやiPhoneを収納するのに適している小型ポケットを用意しているのは、非常に良いなと思いました。

後部座席まわりにエアコンの送風口はなし

ただ、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)は、ベースとなっているノートe-POWERと同様、後部座席用のエアコンの送風口はありません。

この新型モデルの車内の広さはベースとなっているノートe-POWERと同じなので、後部座席まわりにエアコンの送風口がなくても十分に快適に過ごすことができます。

ただ、プレミアムコンパクトカーを謳うのなら、後部座席まわりにもエアコンの送風口を用意しても良かったのかなと思いました。

まとめ:ノートe-POWERよりも装備が充実している新型オーラの後部座席

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)の後部座席のデザイン、機能&装備は、このようになっていました。

■新型オーラの後部座席のまとめ

・Gグレードはコンビシートを採用
・Gレザーエディションは本革シートを採用
・リクライニング機能を全グレードに標準装備
・Gレザーエディションのみリヤセンターアームレスト採用
・後部座席用のUSBを全グレードに標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、背もたれの角度を調節することができるリクライニング機能やUSBポートが全グレードに標準装備されるなど、機能&装備が充実。

足元空間(ニークリアランス)も広々としており、コンパクトカーとは思えない快適で過ごしやすい後部座席まわりになっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02