やっぱり見にくい!?新型カローラセダンの後方視界を実車画像で徹底解剖

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、先代モデルよりも全長が長くなり、3ナンバーサイズに生まれ変わりました。

また、新型モデルは先代モデルよりもロー&ワイドを強調したスポーティーなフォルムに…。そのおかげで、この新型モデルは先代モデルよりも前方の視界&見切りが悪くなりました。

また、前方の視界だけでなく後方に視界に関しても、あまり良いとは言えませんでした。

そんな新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後方視界&視認性は、どのようになっていたのでしょうか?また、このクルマを実際に運転をしてみて、後方の視界で気になったことは何だったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型セダン車の後方視界を、真後ろと斜め後ろに分けて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダンの真後ろの視界をチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の真後ろの視界は、このような感じになっています。

■新型カローラセダンの真後ろの視界

真後ろの視認性はイマイチ

この新型モデルは、後部座席のすぐ後方にリヤガラスがあることもあり、運転席から見た時の真後ろの視界(見え方)が、ステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”と全く異なります。

■新型カローラツーリングの真後ろの視界

セダン車と兄弟車種のツーリング(Touring)の後方視界を見比べると、セダン車のリヤガラスのサイズの方が小さい感じが…。また、セダン車の方はリヤガラスの傾斜が強くなっています。

このリヤガラスのデザインの影響もあり、後部座席に乗車する人がいない状態でもリヤガラスの左右の端の視界はほとんど遮られてしまい、中央部分しか確認できなくなっています。

また、後部座席に座る人がいると、後方の視界はさらに悪くなります。

私がこのクルマを試乗した際、後部座席に男性の営業マンの方が助手席側の後部座席に座っていたのですが、リヤガラスの左側半分がほぼ完全に覆い隠されてしまい後方を確認することができませんでした。

新型カローラセダンに電子インナーミラーの装着は不可能

新型カローラセダンのように後方の視界が悪いクルマに搭載されはじめているアイテムの一つが、クルマの後方に設置したカメラの映像をルームミラーに映し出す”電子インナーミラー”です。

■クルマの後方の様子を映す電子インナーミラー

この電子インナーミラーは、後部座席に座っている人や荷室・ラゲッジスペースの荷物に遮られることなくスッキリとしたクリアな視界を確保することができるとても便利なアイテムなのですが…

残念ながら新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、電子インナーミラーを装着することができません。

ちょっとこれは残念ですよね。

ちなみに、兄弟車のステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”では、クリアな後方視界をサポートしてくれる電子インナーミラーを装着することができます。

後部座席に乗車した時の真後ろの視界の悪さを考えると、”ツーリング(Touring)”だけではなく、セダン車の方にも後方の視界をサポートする電子インナーミラーを装着できるようにして貰いたかったです。

後方の車体感覚は掴みにくい

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)を試乗していて気になったのは、車体感覚の掴みにくさです。

この新型モデルは、運転席からトランクの張り出しを目視することができないこともあり、車体感覚を掴みにくい感じが…。駐車やバックをする際は、クルマの後方の様子をディスプレイオーディオに映しだすバックカメラはぜひとも欲しい機能だと思いました。

ちなみに、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”では、駐車やバックをサポートするバックカメラは標準装備されています。

ただ、最廉価モデルの”GXグレード”では、バックカメラはメーカーオプション設定になっているので、ご注意くださいね。

新型カローラセダンの斜め後方の視界をチェック

真後ろの視界はあまり良くなかった新型カローラセダン(Corolla Sedan)ですが、斜め後方の視界は、どうだったのでしょうか?

運転席からみた左斜め後方の視界は、このようになっています。

■新型カローラセダンの斜め後方の視界

斜め後方の視界もイマイチ

新しいデザインに生まれ変わった新型モデルですが、斜め後方の視界もあまり良くないような感じが…。

私がこのクルマの斜め後方の視界を確認して、まず気になったのは、後部座席横このサイドウィンドウの小ささです。

このクルマは天井が低く、また、天井自体が後ろ下がりになっているおかげで、サイドウィンドウのサイズも小さくなっているんですよね。

■新型カローラセダンのサイドウィンドウ

ちなみに、兄弟車の一つでもあるステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”のサイドウィンドウは、このようになっています。

■新型カローラツーリングのサイドウィンドウ

セダンと同様ツーリング(Touring)の天井も低くなっているため、サイドウィンドウは狭くなっているのですが、セダン車のサイドウィンドウは、ツーリングよりもさらにひと回り狭くなっている感じが…。

なので、目視では確認することができない死角が多いです。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は三角窓の用意がなく、また、リヤガラスを支えるピラー(柱)が太くなっているのも、斜め後方の視界の悪さを助長しているのかなと感じました。

助手席側の視界をサポートするカメラの搭載はなし

クルマによっては、運転席から目視がしにくい助手席側の死角を確認するためのカメラを搭載しているものもありますが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、このようなカメラの搭載は無し。

このクルマの斜め後方の視界の悪さ、死角の多さを考えると、助手席側の視界をサポートするカメラを搭載しても良かったのかなと思いました。

まとめ:新型カローラセダンは前方も後方も死角だらけ

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の真後ろ&斜め後方の視界は、このようになっていました。

この新型モデルは前方の視界&見切りもあまり良く無いのですが、前方と同様に後方の視界もあまり良くないような感じが…。

特に斜め後方の視界の悪さは、運転をしていてかなり気になりました。

このように新しく生まれ変わった新型モデルは後方の視界もあまり良くないので、これから試乗に行く方は、後方の視界性や運転のしやすさをしっかりと確認するようにしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする