新型カローラセダンWxBは専用装備とは!?他のグレードには無い魅力が盛り沢山

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、外装や内装に様々な専用の装備&アイテムを備えています。

そのため、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”とは一味も二味も違う洗練されたデザインになっていました。

そんな新型カローラセダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”には、どのような専用装備&アイテムを備えていたのでしょうか?また、この”WxB(ダブルバイビー)”に用意されている専用は、どのようなデザイン&使い勝手になっていたのでしょうか?

外装と内装に分けて、このクルマの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に備わっている専用装備を紹介したいと思います

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

外装の専用装備をチェック【新型カローラセダンWxBの注目アイテム1】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■WxBの外装・エクステリア

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、フロントマスクにメッキ調の加飾を施すなど、高級感&上質感を演出したデザインに…。

そんな最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアには、次のような専用装備&アイテムが用意されていました。

ヘッドライト

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位に位置をする”WxB(ダブルバイビー)”の専用装備&アイテムの一つが、ヘッドライトです。

この新型モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、アルファベットの”J”を縦に2つ並べたようなデザインのクリアランスランプ(ポジションランプ)を標準装備。

■クリアランスランプ点灯時のWxBのヘッドライト

この印象的なクリアランスランプは、スタイリッシュなフロントマスクを演出していました。

また、このクルマに備わっているLEDヘッドランプの機能も注目ポイントの一つです。

普通のクルマでは、ハイビームとロービームで違うバルブを使用しているのですが、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、ハイビームとロービームを一つのバルブでまかなうことができるバイビーム(Bi-BEAM)タイプのLEDヘッドライトを標準装備。

デザイン性だけでなく、機能性に優れたヘッドランプを装着しているのも、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

タイヤ&ホイール

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のみに用意されている専用装備&アイテムの一つが、タイヤ&ホイールです。

この”WxB(ダブルバイビー)”では、ダークメタリック塗装を施した専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備。

■WxBのタイヤ&ホイール

新型カローラセダン(Corolla Sedan)と言うと、年配の方が運転をすると言ったイメージがありますが、ダークメタリック塗装を施した専用デザインのホイールを装着した最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、スポーティーなデザインに…。

この新型モデルは先代モデルよりも車高が低くなったころもあり、若い世代の方が乗っても違和感のないスポーティーセダンのような佇まい(たたずまい)になっていました。

また、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、ハイスペックタイヤを装着しており、他のグレードとは異なるスポーティーな乗り味になっているのも好印象でした。

リヤスポイラー

また、2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみリヤスポイラーを装着しており、他のグレードとは異なる後ろ姿になっていました。

■リヤスポイラーを装着したWxBの後ろ姿

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”に備わるリヤスポイラーは、ダークメタリック塗装を施しており、スポーティなー後ろ姿になっていました。

内装の専用装備をチェック【新型カローラセダンWxBの注目アイテム2】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■WxBの内装・インテリア

ブラックルーフを採用しており、スタイリッシュ&シックな雰囲気の内装・インテリアとなっていた最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”ですが、次のような専用装備&アイテムを備えていました。

オプティトロンメーター

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の専用アイテムの一つが、メーターです。

この最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、メーターの中央のスピードメーター部分に7インチサイズの液晶ディスプレイを配したオプティトロンメーターを標準装備。

■WxBのオプティトロンメーター

デジタル表示のオプティトロンメーターは、このクルマの内装・インテリアにマッチをしたスタイリッシュなデザインに…。

また、ドライブモードを”エコモード”や”スポーツモード”に切り替えた時のグラフィックの変化&インパクトも、WxBに備わっているオプティトロンメーターの魅力の一つかなと思いました。

■ドライブモードを切り替えた時のWxBのメーター

シートの素材&デザイン

また、2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、シートも専用デザインとなっています。

中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”では、シンプルなファブリック素材をシートに採用していたのですが、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、合成レザーと織物を樹脂でコーティングをした”レザテック”と言う素材をシートに採用。

■WxBのシート

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の内装の雰囲気にあった、高級感と上質感を備えたシートになっていました。

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードよりもシートの座り心地も良くなっています。

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、”スポーティーシート”と名付けられたサイドサポートの張り出しを大きくしたシートを採用。

そのおかげもあり、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、山道のワインディングロードを運転している時でも体勢が崩れにくいホールド感の高い座り心地になっていました。

リヤセンターアームレスト

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみ、後部座席の中央にアームレストを備えています。

■WxBのリヤセンターアームレスト

アームレストが用意されているのとされていないのでは、快適性だけではなく、見た目の豪華さも大きく異なりますよね。

■センターアームレストの用意がないGXグレードの後部座席

また、”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているリヤセンターアームレストには、ドリンクホルダーも備わっており、手が届く範囲に飲み物を置いておけるにも嬉しいポイントの一つでした。

後部座席用のUSBポート

また、今回フルモデルチェンジをした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみ後部座席用のUSBポートを2個用意しています。

■後部座席用のUSBポート

後部座席用のUSBポートが用意されていると、長距離ドライブや旅行をする時、大変助かりますよね。

ちなみに、中間モデル”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”では後部座席用のUSBポートの用意は無く、フロントシート周りにUSBポートが一つ用意されているのみです。

後部座席を頻繁に使用する方やファミリーカーとして、このクルマの購入を検討している方は、後部座席まわりの機能や装備が充実している”WxB(ダブルバイビー)”の方が良いのかなと思いました。

トランクの専用装備をチェック【新型カローラセダンWxBの注目アイテム3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードと荷室&トランクの装備&機能にも違いがありました。

WxBのみトランクの奥行きを拡大することが可能

基本的なトランクの容量や広さに関しては、グレードによって差はなかったのですが、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のみ、後部座席を収納して、トランクの奥行きを広くすることが可能です。

後部座席の背もたれに備わっているレバーを操作して、”WxB(ダブルバイビー)”の後部座席の背もたれを収納してみると、このような感じに…。

■後部座席を収納したのWxBのトランク

セダン車なので高さはありませんが、スキーやスノボーの板などの長い荷物・アイテムなら積み込むことができそうですよね。

このように荷室・トランクの使い勝手が良いのも、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の良さの一つなのかなと思いました。

まとめ:見た目だけではなく、使い勝手も良いWxB

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の外装や内装には、このような専用装備&アイテムが用意されていました。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、後部座席用のUSBポートが用意されるなど、見た目のデザイン性だけでなく、使い勝手や快適性も他のグレードよりも良い感じが…。

中間モデルの”Sグレード”と比較すると、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の購入金額・乗り出し価格は若干高くなってしまいますが、専用の装備や機能を見ると、この価格差の価値は十分にあるように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする