もはやカローラじゃない!?新型カローラセダンのTRD仕様の実車画像レビュー

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、スポーツマインドを刺激する【TRD】のカスタムパーツを装着することが可能です。

新しく生まれかわった新型モデルは先代よりもスポーティーなデザインになっていますが、”TRD”のカスタムパーツを装着したモデルは、さらにアグレッシブに磨きがかかった感じが…。

もはや一般大衆車のカローラの面影はありませんでした。

そんなTRDのエアロパーツを装着した新型カローラセダン(Corolla Sedan)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、TRD仕様は、どのような魅力&特徴を備えていたのでしょうか?

実車画像を使って、TRDのエアロパーツを装着した新型モデルの外装・エクステリアを徹底レビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダン TRD仕様のフロントマスクをチェック【外装の実車画像レビュー1】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)にTRDのエアロパーツを装着したカスタム仕様のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■TRD仕様のフロントマスク

TRD仕様はレッドをあしらった刺激的なデザインに…

今回私が見たTRD仕様のフロントマスクには、専用デザインのフロントスポイラーを装着。

■TRD仕様のフロントスポイラー

フロントスポイラーにレッドのラインがあしらわれていることもあり、標準仕様よりも迫力のあるフロントマスクに…。

また、フロントスポイラーを装着すると、最低地上高が14mmほど低くなりこともあり、どっしりとした佇まい(たたずまい)になっているのも好印象でした。

空気の流れや安定性、走りやすさも考慮

また、この新型カローラセダン(Corolla Sedan)に用意されているTRD仕様のフロントスポイラーの注目ポイントの一つが、左右コーナー部分に施されているスリットです。

■フロントスポイラーに施されているスリット

スポーティーな印象を与えるスリットですが、見た目のデザイン性だけではなく空気の流れを整える効果もあるとのこと。

空気の流れや抵抗、安定性を考慮したデザインになっているのも、モータースポーツで培った技術を生かしたカスタムパーツを制作しているTRDらしいなと感じました。

新型カローラセダンのTRD仕様のサイドスタイルをチェック【外装の実車画像レビュー2】

一方、こちらは、TRDのカスタムパーツを備えた新型カローラセダン(Corolla Sedan)のサイドスタイルです。

■TRD仕様のサイドスタイル

アグレッシブさが際立つサイドスタイル

今回、私が見たTRD仕様では、艶のないブラック塗装とレッドのラインを組み合わせたサイドスカートを装着。

■TRD仕様のサイドスカート

サイドスカートには、レッドのラインが一直線に入っていることもあり、まさにスポーツセダンと言った感じの迫力のあるサイドスタイルに…。

また、サイドスカートを装着したTRD仕様は、標準仕様よりも地上高が7mmほど低くなっている事もあり、スポーティーさに磨きがかかっているように感じました。

カーボン調のサイドガーニッシュも用意

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のTRD仕様では、カーボン調をしたサイドガーニッシュも用意しています。

■TRDのサイドガーニッシュ

カーボン調のデザインになっているサイドガーニッシュを装着するだけで、スポーティーさがだいぶ増しますね。

また、このクルマに装着されているサイドガーニッシュは、後ろ上がりになっており、スポーツセダンと呼ぶのに相応しい伸びやかさを演出していました。

迫力のある専用デザインのタイヤ&ホイール装着

このように迫力のあるサイドスタイルになっている新型カローラセダン(Corolla Sedan)のTRD仕様ですが、注目のアイテムの一つが専用デザインのタイヤ&ホイールです。

■TRD仕様のタイヤ&ホイール

細いスポークが印象的なTRD専用デザインのホイール

この新型モデルのTRD仕様では、”TRD TF9″と名付けられ専用デザインのアルミホイールを装着。

細いスポークが印象的な専用ホイールですが、繊細さとスポーティーさを兼ね備えたTRDらしいデザインになっていました。

ちなみに、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の専用デザインのホイール”TRD TF9″では、2シュルのホイールのカラーを用意しています。

■TRD TF2の2種類のホイールカラー

・リムブラックマットブラック
・ブリリアントブラックポリッシュ

今回私がTRDもモデルが履いていたホイールのカラーは”ブリリアントブラックポリッシュ”だったのですが、高級感や上質感が増すリムブラックマットブラックもなかなか良い感じが…。

■リムブラックマットブラックのTRD TF9

■ブリリアントブラックポリッシュのTRD TF9

ボディカラーや好みよって、2つのカラーから選べるようになっているのも、TRD専用ホイールの魅力の一つなのかなと思いました。

タイヤ&ホイールの大きさも要注目

また、TRD仕様のタイヤ&ホイールのサイズも要注目です。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の標準仕様で一番大きいサイズのタイヤ&ホイールは、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”が装着している17インチでした。

■WxBのタイヤ&ホイール

しかし、このTRD仕様では、最上位モデルのこのTRD仕様に装着されているタイヤ&ホイールは、標準仕様の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”よりも一回り大きい18インチサイズを採用していました。

ただ、このTRDは、”WxB(ダブルバイビー)”が装着していたタイヤ&ホイールよりも一回り大きい18インチサイズを用意。

■18インチサイズになってるTRD専用タイヤ&ホイール

そのおかげもあり、この新型カローラセダン(Corolla Sedan)のTRD仕様は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”よりもさらに迫力のあるサイドスタイルになっていました。

TRD仕様では専用のハイスペックタイヤを用意

また、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の標準仕様とTRD仕様では、装着しているタイヤのメーカー&ブランドにも違いがありました。

標準仕様の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、次の2つのメーカーのタイヤを装着していました。

■WxBに装着されているタイヤメーカー&ブランド

・ブリヂストン トランザT002
・ヨコハマタイヤ ブルーアースGT AE51

しかし、カスタム仕様の”TRD”では、ミシュランのハイスペックタイヤ”パイロット スポーツ4(MICHELIN PILOT SPORT4)”を採用。

そのため、TRD仕様は、標準仕様よりもハイグリップでスポーティな乗り心地のクルマになっているそうですよ。

新型カローラセダンのTRD仕様の後ろ姿をチェック【外装の実車画像レビュー3】

一方、新型カローラセダン(Corolla Sedan)のカスタムモデルにあたるTRD仕様の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■TRD仕様の後ろ姿

どっしり感を演出するリヤサイドスポイラーを装着

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルのTRD仕様では、リヤバンパーの両サイドに装着するリヤサイドスポイラーを用意。

■TRD仕様のリヤサイドスポイラー

このリヤサイドスポイラーのおかげで、後ろ姿のロー&ワイド感が増したような感じが…。

また、リヤサイドスポイラーにあしらわれているレッドのラインが、良いワンポイントアクセントになっていました。

まとめ:TRD仕様に一般大衆車のカローラの面影はなし

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)にTRDのカスタムパーツを装着したモデルの外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

先代モデルと比較するとスポーティーさが増したこの新型モデルですが、様々なカスタムパーツを装着したTRD仕様は、スポーティーさと大胆さに拍車がかかった感じが…。

また、TRD仕様は、良い意味でカローラっぽさを感じないデザインになっていました。

ワイルドな風貌のスポーティセダンに乗りたいと思っている方は、スポーツマインドを刺激する外装・エクステリアになっているTRD仕様はピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする