やっぱり狭い!?新型カローラセダンの後部座席の足元空間を計測してみた

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は全長が先代モデルより95mmも長くなり、3ナンバーサイズに生まれ変わりました。

なので、後部座席の足元空間(ニークリアランス)も広くなっていると思っていたのですが、思った以上に狭くて少々ビックリしました。

そんな新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいだったのでしょうか?また、実際に座った時の居心地や快適性は、どうだったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型セダン車の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダンの後部座席【足元空間の空間の広さはどれくらい?】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型カローラセダンの後部座席

使用している素材やシートの作りなどは、兄弟車にあたるステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”と全く同じになっています。

ただ、この新型モデルの下位モデルには、後部座席の中央にアームレストが用意されないなど、ツーリング(Touring)の後部座席と若干の違いがありました。

そんな新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)を確認したところ、このような感じになっていました。ちなみに、運転席は、私が普段運転をしているポジション(中央よりもやや後方)に設置してあります。

■新型カローラツーリングの後部座席の足元空間の広さ

思ったよりも狭いなと思いませんでしたか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、先代モデルよりも全長が長くなったこともあり、後部座席の足元空間の広さや快適背もあがっていると思っていました。

しかし、実際にみたこのクルマの後部座席は予想以上に足元空間が狭くて、ちょっとガッカリしました。

後部座席の足元空間の広さを計測してみた

このように思ったよりも狭い作りになっている新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席ですが、足元空間(ニークリアランス)の広さは、どれくらいだったのでしょうか?

私が計測したところ、この新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、このようになっていました。

■新型カローラセダンの足元空間の広さ…約24cm

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは約24cmとかなり狭め…。

ステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”とは異なり、トランクの使い勝手に制限があるこのセダン車を、家族みんなで使用するファミリーカーとして使用する方はそれ程多くないと思います。

ただ、年配のドライバーで、後部座席に友達を載せてゴルフに行く方や、ちょっと遠くまで-ドライブに行く方は多いと思うんですよね。

そのことを考えると、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、3cm~5cmくらい広くても良かったのかなと思いました。

新型カローラセダンの後部座席は快適に過ごせる?【居心地インプレ】

このように後部座席が狭くなているトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)ですが、成人男性が座ってみると、どのような感じになるのでしょか?成人男性が座っても、快適に過ごせるのでしょうか?

この新型モデルの後部座席の居住性・足元空間(ニークリアランス)のゆとりを確認してきたので、紹介したいと思います。

大人が座ると足元空間の余裕はほとんど無し

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席に身長が175cm中肉中背の私が座ると、このような感じに…。

■新型カローラセダンの後部座席の足元空間

膝先からフロントシートのシートバックまで、拳を縦にして一つ分くらいの余裕があり、足の位置を変えることができないくらいギュウギュウという訳ではありません。

ただ、画像を見て頂ければ分かると思いますが、足元空間が広くて、足を組んだり、足の位置を自由に動かせるほど広くはありません。

足を動かそうとすると、足や膝がシートバックやドア内側パネルなどあちこちにぶつかります。

私は妻がこのクルマを試乗している時、約1時間ほど後部座席に座っていたのですが、クルマを降りた後に身体を伸ばしたり、ストレッチしたくなるくらいのストレスと疲労感が…。

後部座席に乗車して、30分くらいの短時間のドライブならまだ我慢もできますが、このクルマの後部座席は、正直に言って、大人が長時間座るためには作られていないのだなと思ってしまいました。

頭上空間の狭さも気なる

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、後方にいくにつれて、ルーフの高さが低くなっているため、後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)も狭くなっています。

普通の姿勢では、頭と天井の間に手の平1枚程度のゆとりがあります。なので、普通に座っている時には、天井に頭がにぶつかることはありません。

ただ、ちょっと背伸びをすると、スグに頭が天井にぶつかってしまいます。

この低く設定されている天井の高さも、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席に座った時に窮屈さを感じる原因の一つなのかなと思いました。

まとめ:新型カローラセダンの後部座席の狭さは要注意

2019年9月にトヨタからデビューを果たした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後部座席の広さや居住性、快適性を確認してきたところ、このようになっていました。

この新型モデルの後部座席は、大人が快適に過ごすには、ちょっと足元空間(ニークリアランス)が狭すぎる感が…。また、この新型モデルは、頭上空間(ヘッドクリアランス)も狭く、窮屈さや圧迫感を感じるのも気になるところでした。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型モデルは3ナンバーになったにも関わらず、後部座席の居住性&快適性はイマイチです。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、後部座席の足元&頭上空間の広さや居住性、快適性をしっかりと確認してくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする