新型フォレスターの外装の実車画像レビュー【ガソリン車の魅力&特徴を徹底解剖】

2018年6月、スバルの人気ミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目に生まれ変わりました。

今回新発売された新型モデルは2.5リットルエンジンを搭載したガソリン車に加え、2.0リットルエンジンにモーターを組み合わせたマイルドハイブリッド車”e-BOXER(eボクサー)”をラインナップ。

ただ、ガソリン車と今回のモデルで新たに追加された”e-BOXER(eボクサー)”では、外装・エクステリアのデザインに若干の違いがありました。

そんな新型フォレスター(Forester)のガソリン車の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような魅力&メリットがあったのでしょうか?

実車画像を使って、今回新発売されたスバルの新型SUVの外装・エクステリアを徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターのガソリン車の外装インプレ:正面から

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の5代目モデルの外装・エクステリアの正面からのデザインは、このようになっています

■5代目新型フォレスターの外装・エクステリア

今回新発売された新型モデルは先代の4代目を踏襲したデザインに…。
なので、パッと見ただけでは、マイナーチェンジをしたくだいの違いにしか感じないかもしれません。

フロントグリルからヘッドライト周りの立体的なデザインや厚みのあるバンパーなど、この5代目モデルは、先代モデルよりもSUVらしいチカラ強さやアグレッシブさを強調したデザインに進化していました。

また、フォグランプ周りには、メッキ調のガーニッシュが採用されており、先代モデルよりも存在感のあるフロントマスクになっているように感じました。

先代モデルよりも存在感のあるヘキサゴングリル

今回新発売された5台目モデルのフロントマスクを確認した時に印象的だったのが、六角形をしたヘキサゴングリルです。

■新型フォレスターのヘキサゴングリル

今回新発売されたこの新型モデルのヘキサゴングリルは、先代モデルよりもひと回り大きいサイズに…。そのため、先代モデルよりも迫力のあるフロントマスクになっているように感じました。

ちなみに、アクティブさを強調したモデル”X-BRAKE(Xブレイク)”では、ヘキサゴングリルのカラーがメッキではなく、光沢感のないソリッドブラックに変更されます。

なので、X-BRAKE(Xブレイク)の方がスタイリッシュなデザインに…。
ノーマルモデルとX-BRAKE(Xブレイク)のフロントマスクの違いも要注目ですよ。

スバル車の特徴でもあるコの字型のヘッドライトを採用

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、スバル車の特徴でもあるコの字型LEDのスモールランプを備えたヘッドライトを採用。

実際をこの新型モデルのヘッドライトを点灯してみると、このような感じに…。

コの字型に点灯するLEDのスモールライトが凛々しさを強調しています。

また、ヘッドライドの加飾パーツには、”Forester”のロゴが刻印されており、特別感を演出しているのも見逃せないポイントの一つなのかなと思いました。

新型フォレスターのガソリン車の外装インプレ:横から

今回新発売された5代目の新型フォレスター(Forester)を横から見ると、このようなデザインになっています。

■5代目新型フォレスターのサイドビュー

トヨタのCHR/C-HRやホンダのヴェゼル/ベゼルなど、クーペのような流麗なデザインのSUVがトレンドになっていますが、今回新発売されたこの新型モデルは、クラシカルな箱型フォルムに…。良い意味で、SUVらしいデザインになっていました。

また、今回新発売された新型モデルの横からのデザインで印象的だったのは、タイヤ周りのデザインです。

今回新発売されった新型モデルは、ホイールアーチを囲むように黒の樹脂製パーツ(クラッディング)を採用。

■新型フォレスターのクラッディング

このクラッディングのおかげもあり、今回新発売した5代目モデルは、先代よりもSUVらしい躍動感・アグレッシブさのあるデザインになっていました。

各グレード専用デザインのタイヤを用意

今回新発売された新型フォレスター(Forester)のガソリン車は、X-BRAKE(Xブレイク)を含めて3つのグレードを用意していますが、タイヤ&ホイールのデザインが全グレード異なります。

なので、グレードによって全く異なる雰囲気に…。

また、今回新発売された新型モデルは、タイヤ&ホイールを確認すれば、すぐにグレードの見分けがつくようになっています。

ただ、どのグレードのタイヤ&ホイールも、新型フォレスター(Forester)らしいチカラ強さとSUVらしさを兼ね備えたデザインになっていました。

新型フォレスターのガソリン車の外装インプレ:後ろから

今回、フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の5代目モデルの後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■5代目新型フォレスターの後ろ姿

この5代目モデルは、先代モデルよりもワイド感のあるリヤコンビネーションランプを採用。

■新型フォレスターのリヤコンビネーションランプ

なので、先代モデルよりもワイドさを感じるどっしりとした後ろ姿に…。

また、この新型モデルのリヤコンビネーションランプは、内側に喰いこむようなシャープなデザインになっているのが、印象的でした。

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が格段にアップ

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後ろ姿で印象的だったのは、荷室・ラゲッジスペースの開口部です。

■新型フォレスターの荷室開口部

今回新発売された新型モデルは、荷室開口部が広くなり、ゴルフバッグをそのまま横積みできるデザインに…。

アウトドアやレジャーシーンで使いやすくなったのも、この5代目モデルの魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルのミドルクラスSUV”5代目新型フォレスター(Forester)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

先代モデルのコンセプトをそのまま踏襲したため、フルモデルチェンジの割には、見た目の変化・違いは、少ない感じが…。

ただ、大型化されたヘキサゴングリルなど要所要所のパーツや装備は進化しており、先代モデルよりも明らかに存在感のあるデザインになっているように感じました。

また、先代モデルよりも内装・インテリアの質感が格段に良くなっているのも、この新型モデルの魅力の一つだと思いました。

>>> 新型フォレスターの内装の実車画像レビュー【使い勝手&デザイン性を徹底チェック】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする