先代より格段に進化!新型ランクル300のインパネのデザイン&魅力を徹底解説

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、全方位的に進化を遂げましたが、特に大きく変わったアイテム&装備の一つが、インパネ・ダッシュボードです。

この新型モデルのインパネ・ダッシュボードは、SUVらしい無骨さはそのままに、使い勝手が格段にアップ!

先代モデルよりも運転に集中することができるデザインに進化を遂げていました。

そんな新型モデルのインパネ・ダッシュボードは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、先代モデルよりもドコが進化を遂げたのでしょうか?

14年ぶりにデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のインパネ・ダッシュボードのデザインやインパネまわりの装備&アイテムなど、特徴や魅力を徹底解説します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のインパネ【デザイン&使い勝手をチェック】

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のインパネ

無骨感と安心感を強調した新型ランクル300のインパネ

今回デビューを果たした新型モデルは、悪路を走行した時に車体の傾きを瞬時に把握することができる左右にまっすぐに伸びた水平基調のインパネ・ダッシュボードを採用。

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser/

中央部分は、極太のセンタークラスターが用意されており、SUVらしい無骨感と安心感を強調したデザインになっていました。

■新型ランクル300のセンタークラスター

上位モデルは合成皮革をあしらったデザインを採用

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のインパネ・ダッシュボードは、ブラック基調になっており、華美な装飾はほどこされていません。

ただ、VXグレード以上のモデルは、ダッシュボードに合成レザーをあしらったデザインに…。

そのおかげもあり、この新型モデルのインパネ・ダッシュボードは上質感がただよっており、安っぽさが一切ありませんでした。

使い勝手が良くなったスイッチ類

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のインパネ・ダッシュボードで印象的だったのは、スイッチ類のデザイン&使い勝手です。

先代モデルは、シフトレバーを囲むようにスイッチが配置されており、少しゴチャゴチャとした印象があったんですよね。

■先代モデルのスイッチ類

画像引用:https://www.webcg.net/

また、スイッチによっては、運転席側から手が届きにくいのも、気になるところでした。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、センタークラスター部分やセンターコンソールの右側に、ドライブモードセレクトなど運転に関するスイッチを集約。

■新型ランクル300のスイッチ類

そのおかげもあり、先代モデルよりも格段にスイッチ操作がしやすくなったような感じが…。

また、この新型モデルのスイッチ類はすべて、サイズや形状が異なっており、運転中に視線を落とさなくても手探りでスイッチ操作を行えるようになっていたのも、好印象でした。

新型ランクル300のインパネ【装備&アイテムを実車画像でチェック】

SUVらしい安定感を強調したデザインになっている新型ランクル300(Land Cruiser)のインパネ・ダッシュボードですが、インパネまわりの装備&アイテムも使い勝手の良さや操作性を考慮した作りになっています。

この新型モデルのインパネまわりには、どのような装備&アイテムが用意されていたのか?実車画像を使って、インパネまわりの装備&アイテムを紹介します。

視認性に優れたメーター

2021年8月にデビューをはたした新型ランクル300(Land Cruiser)は、2種類のメーターを用意しており、グレードによってデザインが異なります。

こちらは、上位モデルのGEスポーツ、ZXグレード&VXグレードに採用されているメーターです。

■新型ランクル300の上位モデルのメーター

上位モデルは、中央に7.0インチサイズのTFTカラーディスプレイを配した2眼式のオプティトロンメーターを標準装備。

そのため、スタイリッシュさ&先進性は、イマイチです。

ただ、オーソドックスな2眼式メーターならではの安心感と視認性の良さがありました。

一方、下位モデルに位置をするAXグレードやGXグレードは、ガソリンの残量計や水温計もサークル形状にした4眼式のメーターを標準装備。

■新型ランクル300の下位モデルのメーター

下位モデルに位置をする4眼式メーターも、タコメーター&スピードメーターは大きなリング状になっているため、上位モデルに負けず劣らず優れた視認性を備えていました。

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、上位モデル/下位モデル問わずどちらもマルチインフォメーションディスプレイの視認性が良いのも、好印象でした。

上質感がただようハンドル・ステアリングホイール

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、上位モデルだけではなく、最廉価モデルに位置をするGXグレードも、本革巻き&3本スポークのハンドル・ステアリングホイールを標準装備しています。

■新型ランクルのハンドル・ステアリング

また、上位モデルは、ハンドル・ステアリングホイールの下部に木目調のパネルをあしらった上質感ただようデザインになっていました。

防犯対策もバッチリなエンジンスターター

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、ハンドル・ステアリングホイールの右側にワンタッチでエンジンを立ち上げることができるプッシュタイプのエンジンスターターを標準装備しています。

■新型ランクル300のエンジンスターター

この新型モデルは、人気が高いゆえ盗難が多いクルマとしても有名です。

ただ、この新型モデルのAXグレード以上では、あらかじめ車両に登録した指紋情報が一致しないとエンジンがかからない指紋認証機能を搭載しており、安全性の高いエンジンスターターになっていました。

視認性に優れたナビ&ディスプレイオーディオ

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、9インチサイズのタッチ式のディスプレイオーディオを全グレードに標準装備しています。

■9インチサイズのディスプレイオーディオ

ただ、メーカーオプションで12.3インチの純正ナビに変更することができますよ。

■12.3インチの純正ナビ

ナビのデザインでデザインが変わるエアコン

また、2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、標準仕様のディスプレイオーディオを装着するか、メーカーオプションで用意されている純正ナビを装着するかで、ダッシュボードの中央に用意されているエアコンパネルのデザインが異なります。

こちらは、標準仕様のディスプレイオーディオを装着時のエアコンパネルです。

■標準仕様のエアコンパネル

標準仕様のディスプレイオーディオを装着仕様は、液晶パネルを備えたオーソドックスなエアコンパネルを採用。

一方、12.3インチの純正ナビ仕様のエアコンパネルは、液晶パネルがない無骨感あふれるエアコンパネルになっていました。

■純正ナビ仕様のエアコンパネル

また、この新型モデルのエアコンは、運転席と助手席で別々に温度を調整することができる左右独立式のエアコンを標準装備するなど、機能性に優れているのも好印象でした。

操作性が良くなったシフトレバー

また、2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のシフトレバー

先代モデルは、シフトゲートがジグザグとしたデザインのシフトレバーを標準装備していましたが、この新型モデルは、オーソドックスなストレートゲート式に変更。

そのおかげもあり、操作性&使い勝手が良いです。

また、この新型モデルのシフトレバーは、シフトブーツを履いており、高級感&上質感が増しているのも好印象でした。

まとめ:機能性&操作性に優れた新型ランクル300のインパネ

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のインパネ・ダッシュボードは、このようなデザインをしていました。

■新型ランクル300のインパネのまとめ

・車体の傾きが直感的に分かる水平基調を採用
・デザイン性よりも機能性&使い勝手を追求
・指紋認証付きのエンジンスターターなど最新の装備を用意
・操作性が良くなったスイッチ類
・グレードによって、加飾パーツに若干の違いがあり

この新型モデルは、先代モデル同様、SUVらしい水平基調のインパネ・ダッシュボードを標準装備しています。

ただ、運転に関するスイッチ類を運転席側に集約するなど、先代モデルよりも使い勝手&操作性に優れたデザインになっているのが、好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02