グレードで違う!新型ランクル300のシートヒーターの快適性や使い勝手を徹底解説

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発日をしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、シートヒーター&シートベンチレーションが用意されています。

ただ、この新型モデルは、シートヒーター&シートベンチレーションが全グレードに用意されているわけではなく、上位モデルのみに標準装備となっています。

また、グレードによって、シートヒーター&シートベンチレーション機能にも差が…。

今回デビューを果たしたこの新型モデルに用意されているシートヒーターの快適性や使い勝手は、どうだったのでしょうか?また、グレードによって、どのような違いがあったのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているシートヒーターのデザインや使い勝手、快適性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のシートヒーターの使い勝手は?【デザイン&機能性をチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているシートヒーター&シートベンチレーションは、次のような特徴を備えています。

シートヒーター&ベンチレーションはVXグレード以上

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、オフロード仕様のGRスポーツ(GR SPORT)を含めて5つのグレードを用意していますが、シートヒーター&シートベンチレーションが標準装備されているのは、VXグレードの以上のモデルです。

■シートヒーターを標準装備しているグレード

・VXグレード
・ZXグレード (5人乗り仕様/7人乗り仕様)
・GRスポーツ (5人乗り仕様/7人乗り仕様)

下位モデルに位置をするGXグレード&AXグレードは、シートヒーター&シートベンチレーションが用意されていません。

また、オプションでシートヒーター&シートベンチレーションを装着することができないので、ご注意くださいね。

ZXグレードとGRスポーツは後席にもシートヒーターを装着

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のVXグレード以上のモデルは、シートヒーター&シートベンチレーションを標準装備しているのですが、ZXグレードとGRスポーツは後部座席にもシートヒーターを装着。

■新型ランクル300の後部座席のシートヒータースイッチ

一方、中間モデルに位置をする”VXグレード”は、後部座席にシートヒーターの用意はありません。

■VXグレードのセンターコンソール後方

なので、後部座席の快適性&居心地の良さを考えるのなら、VXグレードよりも後部座席のシートヒーターが標準装備されているZXグレードやGRスポーツの方が良いかもしれませんね。

ちなみに、ZXグレードやGRスポーツの7人乗車仕様に用意されている3列目シートには、シートヒーター&シートベンチレーションは用意されていないので、ご注意くださいね。

前席は3段階から温度調整できるシートヒーターを標準装備

上位モデルのみシートヒーター&シートベンチレーションを備えている新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、使い勝手&機能性は、どうだったのでしょうか?

今回デビューを果たした新型モデルは、3段階から強さを調整することができるシートヒーター&シートベンチレーションをフロントシートに標準装備しています。

シートヒーター&シートベンチレーションのスイッチは、ダッシュボードの中央に用意されているエアコンパネルの左右に用意されており、運転席側/助手席側からどちらからでも手が届きやすくなっています。

■新型ランクル300のシートヒータースイッチ

また、この新型モデルのフロントシートのシートヒーター&シートベンチレーションには、自動で作動をする”AUTOモード”が用意されいるのも好印象でした。

後席のシートヒーターは温度調節機能の用意はなし

先ほどもお話した通り、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の最上位モデル”ZXグレード”とオフロード仕様の”GRスポーツ”の後部座席には、シートヒーター&シートベンチレーションが標準装備されています。

ただ、この新型モデルの後部座席のシートヒーター&シートベンチレーションは、ON/OFFスイッチが用意されているのみで、温度調節機能の用意はなし。

個人的には、後部座席にも、”Hi”&”Low”の2段階のみでも良いので、温度を調整できる機能を用意してもらいたかったです。

新型ランクル300のシートヒーターは快適?【実際に使用をした感想】

VXグレード以上にシートヒーター&シートベンチレーションを標準装備しているトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、実際に使用してみたところ、予想以上に良かったです。

ただ、シートベンチレーションに関しては、少し気になるところもありましたが…。

この新型モデルのシートヒーター&シートベンチレーションを実際に使用してみて良いと思ったところ、気になったところを包み隠さずお話したいと思います。

思ったよりも暖を感じる新型ランクル300のシートヒーター

新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているシートヒーター&シートベンチレーションを実際に使用してみて、「予想以上に快適!」と感じたのは、シートヒーターの方です。

温かさを感じるスピートなど様々な良いところがある新型モデルのシートヒーターですが、個人的に一番良いと思ったのが、体全体でシートヒーターの温かさを感じることができたことです。

今回デビューを果たした新型モデルのフロントシートはシートサイズが大きいだけではなく、背もたれや座面の先端までシートヒーターの熱線が入っているようなんですよね。

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser

そのおかげもあり、この新型モデルは、体全体でシートヒーターのポカポカとした温もりを感じることができました。

エアコンとの併用が必要なシートベンチレーション

一方、快適性&使い勝手で気になったのは、真夏の暑い日に使用をするシートベンチレーション機能です。

トヨタ車は、吸い込み式と吐き出し式の2種類のシートベンチレーション機能を用意していますが、新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているシートベンチレーション機能は、吸い込み式となっています。

この吸い込み式のシートベンチレーションは、人とシートの間の熱を吸い出すことで、背中の蒸れを防いで、快適性を高めます。

そのため、すぐに冷涼感を感じることはできません。

個人的には、すぐに冷涼感を感じることができる吐き出しタイプのシートベンチレーション機能の方が好みのため、少し残念な感じが…。

また、この新型モデルに用意されているシートベンチレーション機能の空気を吸い込むエリアは、シートヒーターよりも狭く感じたのも、少し残念なところでした。

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser

まとめ:車内の快適性を高めてくれる新型ランクル300のシートヒーター

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているシートヒーター&シートベンチレーションの快適性や使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300のシートヒーター&ベンチレーションのまとめ

・VXグレード以上に標準装備
・ZXグレード/GRスポーツは後席にも用意
・前席は3段階調整のシートヒーター&ベンチレーションを採用
・ベンチレーション機能は吸い込みタイプを採用

今回デビューを果たした新型モデルは、VXグレード以上にモデルに3段階から温度調節をできるシートヒーター&シートベンチレーションを採用。

この新型モデルは、シートサイズが大きいため、体全体でポカポカとしたシートヒーターの温かさを感じることができます。また、上位モデルに位置をするZXグレードやGRスポーツは、後部座席にもシートヒーターが用意されているのも好印象でした。

今回デビューを果たした新型モデルのZXグレードやGRスポーツは、他のグレードよりも乗り出し価格が少し高めです。

ただ、後部座席の快適性などを考えると、後席のシートヒーター&ベンチレーション機能が用意されているZXグレードやGRスポーツを選んだ方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02