進化を遂げた新型ランクル300のサイドミラー【デザインや視認性、機能を徹底チェック 】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、きのこのような形をしたサイドアンダーミラーを排除するなど、サイドミラーのデザイン&視認性が大きく変わりました。

ただ、この新型モデルのサイドミラーの視認性&使い勝手は、思ったよりも良い感じが…。

今回デビューを果たした新型モデルのサイドミラーは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、どのような機能&装備を備えていたのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のサイドミラーのデザインや見やすさ、機能性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のサイドミラー【デザイン&機能性をチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のサイドミラーは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のサイドミラー

グレードでデザインが違う新型ランクル300のサイドミラー

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のサイドミラーは、グレードによってカラーが異なります。

最廉価モデルに位置をするGXグレードとその一つ上のグレード”AXグレード”は、ボディカラーと同じ色のサイドミラーとなっています。

一方、中間モデルに位置をするVXグレードと最上位モデルに位置をするZXグレードは、高級感がただようサテンメッキ調のサイドミラーを採用。

■新型ランクル300のサテンメッキ調のサイドミラー

そして、オフロード仕様のGRスポーツ(GR SPORT)では、精悍な見た目を演出するブラック塗装をほどこしたサイドミラーを標準装備。

■新型ランクル300のブラック塗装のサイドミラー

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型モデルは、グレードによって、外装・エクステリアの印象に大きな違いがありました。

ターンランプ機能を全グレードに標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のサイドミラーには、全グレード、ターンランプ機能が標準装備されています。

上位モデルだけではなく、下位モデルのGXグレードもターンランプ機能付きのサイドミラーが用意されているのは、嬉しいですよね。

ただ、この新型モデルのサイドミラーに用意されているターンランプは、シーケンシャルタイプではなく、チカチカと点灯するオーソドックスなタイプになっていました。

快適な運転をサポートする機能も充実

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のサイドミラーは、快適な運転をサポートする機能も充実しています。

その一つが、ヒーター機能です。

この新型モデルのサイドミラー、ドアミラーを暖めて霜や露、雨滴を取り除いてくれうるヒーター機能が、全グレード標準装備されています。

また、それ以外にも、リバース(R)に入れるとサイドミラーの角度を下向きに変えてくれる“リバース連動機能”や、後続車のヘッドライトの眩しさを押せてくれる“自動防眩機能”なども搭載。

このような機能を搭載していることもあり、この新型モデルは、天気の悪い日や夜間でも安心して運転をすることができるクルマになっていました。

新型ランクル300のサイドミラー【視認性をチェック】

このように機能性に優れた新型ランクル300(Land Cruiser)のサイドミラーですが、視認性も非常に良かったです。

今回デビューを果たした新型モデルのサイドミラーの視認性&見やすさは、どうだったのでしょうか?実車画像でチェックしていきましょう。

カバー範囲が広い新型ランクル300のサイドミラー

今回デビューを果たした新型モデルのサイドミラーの視認性&見え方は、このような感じになっています。

■新型ランクル300のサイドミラーの視認性

最近は、SUVでもサイドミラーの先端が尖っていて、視認できる範囲が狭いクルマもありますが、この新型モデルは、確認できる範囲が広いスクエア形状を採用。

ランクルは大きいため、死角も多いですが、非常に安心感のサイドミラー形状になっていました。

サイドミラーで確認できない部分をカバーする機能も充実

先ほども申し上げた通り、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、ボディサイズが大きいため、サイドミラーでは確認できないエリアも広いです。

ただ、この新型モデルは、サイドミラーで確認できない部分をカバーする技術&機能が充実しています。

その一つが、オプションで用意されているマルチテレインモニターです。

【ランクル】機能紹介【マルチテレインモニター】

この新型モデルでのマルチテレインモニターでは、まるで車体が透けているかのように車体下の様子を確認することができる”フロアアンダービュー”や、駐車をする時に重宝をする斜め上から俯瞰するようなビューなどを用意。

このマルチテレインモニターは先代モデルにも用意されていましたが、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の方が画質が圧倒的に良くなったため、非常に見やすく、安心感があります。

また、高速道路などで車線変更をする際、クルマの接近をお知らせしてくれるブラインドスポットモニター(BSM)が全グレード標準装備されているのも、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

まとめ:機能が充実している新型ランクル300のサイドミラー

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のサイドミラーは、このようなデザイン&視認性になっていました。

■新型ランクル300のサイドミラーのまとめ

・視認性に優れた大型サイズのサイドミラーを採用
・グレードでサイドミラーのカラーが異なる
・サイドミラーで確認できない範囲をカバーする機能が充実

今回デビューを果たした新型モデルは、ボディサイズが大きいため、サイドミラーで確認できない死角が多いのも事実です。

ただ、この新型モデルは、マルチテレインモニターやブラインドスポットモニター(BSM)など運転をサポートする機能が充実しているため、安心して運転をすることができました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、ぜひとも最新の機能を搭載したこの新型モデルのサイドミラーにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02