新型ランクル300って大きい?【ボディサイズ&室内の広さをプラドと比較】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、”陸の王者”と呼ぶのにふさわしい存在感をただよわせています。

また、車内も広く、快適に過ごすことができます。

そんな新型モデルのボディサイズ&室内サイズは、どれくらいだったのでしょうか?また新型ランクル300とランクル プラドでは、ボディサイズ&室内サイズの大きさにどれくらいの違いがあるのでしょうか?

トヨタから発売されている人気SUVの大きさ、室内の広さの違いを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300って大きい?【プラドとボディサイズを比較】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のボディサイズは、このようになっています。

■新型ランクル300のボディサイズ

プラドよりもひと回り大きいボディサイズの新型ランクル300

圧倒的な存在感を解き放つトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、全長や全幅は、弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)よりも10cmちかくも大きくなっています。

■新型ランクル300とプラドのボディサイズ比較

そのため、運転席に座ってみると、ボディサイズの大きさを実感します。

また、ボディサイズが大きいため、細い路地の運転や駐車などは、他のクルマよりも気を使います。また、最小回転半径も、他のクルマより劣ります。

ただ、箱型デザインをしているこの新型モデルは、運転席からの見切り&見晴らしが良いため、また、後方&斜め後方の視界もしっかりと確保しているため、思ったよりも運転はしやすく感じました。

プラドよりも優れている悪路の走破性

また、「どこへでも行き、生きて帰って来られるクルマ」をコンセプトに開発された新型ランクル300(Land Cruiser)は、弟分のランクルプラドよりも悪路の走破性に優れています。

この新型モデルとプラドの不整地での走破性の目安になる”対地障害角”や最低地上高などを比較してみると、このような違いが…

■新型ランクル300とプラドの対地障害角を比較

上記の表を比較していただければ一目瞭然ですが、フロントの”アプローチアングル”、リアの”デパーチャーアングル”、ホイールベース間で乗り越えられる”ランプブレークオーバーアングル”どれをとっても、新型ランクル300(Land Cruiser)の方が優れています。

また、この新型モデルの登板能力は45度になっているため、急こう配の坂や山道でもしっかりと登っていってくれます。

ランクルは、「世界中の道なき道を制することができる」と言われていますが、どこでも走ることができる”安心感”も、この新型モデルの魅力の一つかもしれませんね。

新型ランクル300は乗降性も良好

見晴らしの良さが魅力の新型ランクル300は、ランクル プラドよりもシートの着座位置&ステップ高(=地面からフロアまでの高さ)が高めに設定してあります。

■新型ランクル300とプラドの乗降性比較

そのため、体を上に引っ張り上げて、乗り込む感じが強いです。

ただ、新型ランクル300は、ランクル プラドと同様、低めの位置にサイドステップを用意しているおかげで、乗り降りがしにくいとは感じませんでした。

また、後部座席の乗降性&3列目シートへのアクセスに関しては、2列目シートを小さく折りたたむことができる新型ランクル300(Land Cruiser)の方が良いように感じました。

新型ランクル300の車内は広い?【プラドと室内サイズを比較】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型ランクル300は、ランクル プラドよりもボディサイズがひと回り大きくなっていましたが、室内の広さは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルとプラドの室内サイズを比較してみたところ、次のようになっていました。

■新型ランクル300とプラドの車内サイズ比較

後部座席で広さで差を感じる新型ランクル300とプラド

今回デビューを果たした新型ランクル300とランクル プラドは、どちらも十分な車内の広さを確保しています。

そのため、どちらのモデルでも快適に過ごすことができます。

ただ、新型ランクル300とランクル プラドでは、2列目シート&3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さで差を感じます。

弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)の2列目シートは、前後にスライドできるようになっているのですが、2列目シートを真ん中くらいにに設定すると、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)が若干狭く感じてしまいます。

■ランクル プラドの3列目シートの足元空間

一方、新型ランクル300(Land Cruiser)の2列目シートは、プラドとは異なり、前後にスライドすることができない固定式になっています。

ただ、この新型モデルは、ランクル プラドよりも広い2列目シート&3列目シートの足元空間(ニークリアランス)を確保。

■新型ランクル300の2列目シートの足元空間の広さ

■新型ランクル300の3列目シートの足元空間の広さ

この広々とした後部座席は、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)にはない新型ランクル300(Land Cruiser)の大きな魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

荷室も新型ランクル300の方がひと回り広い

また、新型ランクル300とランクル プラドの大きな違いの一つが、荷室・ラゲッジスペースの広さです。

■新型ランクル300の荷室

■ランドクルーザープラドの荷室

どちらのモデルも十分な広さの荷室・ラゲッジスペースを確保していますが、荷室サイズを計測してみると、新型ランクル300(Land Cruiser)の方がひと回り広くなっています。

■新型ランクル300とプラドの荷室サイズ比較

なので、キャンプやバーべーキューなどのアウトドアに行く際は、積載量に優れている新型ランクル300(Land Cruiser)の方が便利です。

ただ、この2台のモデルは、2列目シートの収納方法が異なるため、3列目シートと2列目シートを収納した時の荷室の使い勝手は、ランクル プラドよりも劣るので、ご注意くださいね。

まとめ:プラドよりもひと回り大きい新型ランクル300

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)と弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)のボディサイズの大きさ、車内の広さを比較してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300とプラドのボディサイズ比較のまとめ

・プラドよりも一回り大きい新型ランクル300
・車体感覚&取り回しでサイズの違いを感じる
・乗降性はどちらも良好
・どちらのモデルも車内は広い
・後部座席の足元空間の広さが異なる
・荷室の広さ&使い勝手も異なる

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)よりもボディサイズがひと回り大きくなっています。

そのため、小回り性能は、劣ります。

ただ、新型ランクル300(Land Cruiser)は、他のクルマでは味わえない見晴らしの良さと圧倒的な安心感がありますまた、最新の機能&装備を備えているのも魅力の一つです。

納期・納車待ちの長さなど欠点もあるこの新型モデルですが、ボディサイズだけではなく、快適性や居心地の良さ、用意されている機能&装備どれをとっても新型ランクル300は、プラドを圧倒しているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02