新型ランクル300とランクルプラドの荷室比較【広さ&使い勝手の違いを徹底解説】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Landcruiser)と弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)では、様々な違いがありますが、荷室・ラゲッジスペースもその一つです。

そのため、この2台のモデルは、荷室の広さや使い勝手に大きな差が…。

また、新型ランクル300とランクル プラドでは、テールゲートの開け閉めの方法も異なりました。

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっているのでしょか?また、どちらのモデルの荷室・ラゲッジスペースの方が使い勝手が良くなっていたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ランクル300と弟分のランクル プラドの荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手を確認してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300とランクル プラドの荷室【開口部の広さ&積載性を比較】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300と弟分のランクル プラドの荷室開口部は、それぞれこのようなデザインをしています。

■新型ランクル300の荷室開口部

■ランクルプラドの荷室開口部

どちらのモデルも荷室開口部がスクエア形状になっているため、荷物の積み込みはしやすいです。

ただ、この2台のモデルでは、テールゲートの開け閉めのしやすさに違いがありました。

オーソドックスな跳ね上げ式になった新型ランクル300

先代モデルのランクルは上下開きのテールゲートを採用していましたが、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Landcruiser)は、オーソドックスな跳ね上げ式のテールゲートを採用。

そのおかげもあり、先代モデルよりもテールゲートの開け閉めが非常にスムーズにできるようになった感じが…。

ただ、この新型モデルはボディサイズが大きいため、跳ね上げたテールゲートも少し高めに持ち上がります。

そのため、この新型モデルの上位モデルは、スイッチ一つで開け閉めができる電動パワーゲートを搭載。

また、足の出し入れで開け閉めをすることができるハンズフリー機能を搭載しているモデルもあり、手軽に開け閉めできるようになっているのも好印象でした。

横開きを採用しているランクル プラド

一方、新型ランクル300の弟分にあたるランクル プラドでは、オーソドックスな縦開きではなく、横開きのテールゲートを採用しています。

そのため、女性は、このクルマの方がテールゲートの開け閉めがしやすい感じが…。

また、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)のテールゲートは、ガラスエリアのみを開け閉めできるようになっているのも魅力の一つです。

■テールゲートのガラスエリアのみを開けた時の様子

■テールゲートのガラスエリアのみを開閉するスイッチ

ランクル プラド(Landcruiser PRADO)は、横開きのテールゲートを開けた際、後方に大きく張り出すのが欠点&デメリットの一つです。

ただ、ガラスエリアのみを開閉すれば、後方のスペースが狭い駐車場でも気軽に開け閉めをすることができます。

場所を選ばずにテールゲートを開閉することができるのは、新型ランクル300にはないランクル プラドの荷室・ラゲッジスペースの良いところなのかなと思いました。

新型ランクル300とランクル プラドの荷室【アレンジや使い勝手を比較】

また、2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300と弟分のランクル プラドは、用意されている荷室アレンジにも差がありました。

この2台のモデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなアレンジを用意していたのか?実車画像を使って、確認をしていきましょう。

こちらは、新型ランクル300(Landcruiser)の荷室アレンジです。

■新型ランクル300の荷室アレンジ:3列目シート仕様時

■新型ランクル300の荷室アレンジ:3列目シート収納時

■新型ランクル300の荷室アレンジ:3列目&2列目シート収納時

一方、弟分のランクル プラド(Landcruiser PRADO)は、このような荷室アレンジを用意していました。

■ランクル プラドの荷室アレンジ:3列目シート仕様時

ランクル プラドの荷室アレンジ:3列目シート収納時

ランクル プラドの荷室アレンジ:3列目&2列目シート収納時

ご覧いただければ分かると思いますが、新型ランクル300とランクル プラドでは、用意されている荷室アレンジ&使い勝手は、全然違いますね。

そんな2台のモデルの荷室アレンジの注目ポイントや違いを紹介したいと思います。

3列目シート仕様時の荷室は狭い

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300と弟分のランクル プラドは、どちらも3列目シートの7人乗り仕様を用意しています。

ただ、どちらのモデルも3列目シート仕様時は、荷室・ラゲッジスペースが狭くなってしまいます。

■新型ランクル300の3列目シート使用時の荷室

■ランクルプラドの3列目シート使用時の荷室

なので、3列目シートを使用しない時は、収納しておいた方が良いかもしれませんね。

使い勝手に優れた2列目シート

今回デビューを果たした新型ランクル300とランクル プラドで印象的だったのは、2列目シートのデザインです。

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300)も弟分のランクル プラドも、2列目シートの中央部分のみを収納することができる2列目シートを採用。

■新型ランクル300の4対2対4分割方式の後部座席

そのため、釣り竿やスキー板などの長尺物を積みこんだ状態でも、2列目シートに2人乗車することができます。

このように使い勝手の良い4対2対4分割方式の後部座席を採用しているのも、この2台のモデルの良いところなのかなと思いました。

2列目シート収納時の使い勝手はランクル プラドの方が上

そんな新型ランクル300とランクル プラドで違いを感じたのは、2列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手です。

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Landcruiser)は、2列目シートを収納すると、背もたれの部分で10㎝以上の大きな段差ができてしまいます。

■3列目シート収納時の新型ランクル300の段差

一方、ランクル プラド(Landcruiser PRADO)は、このような大きな段差ができません。

ちなみに、新型ランクル300は、2列目シートを前方に跳ね上げるタンブル収納すると、フラットな荷室・ラゲッジスペースにすることができます。

■タンブル収納した時の新型ランクル300の荷室

ただ、タンブル収納すると、荷室がフラットになる代わりに、奥行きが狭くなってしまうんですよね。

なので、2列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、新型ランクル300よりもランクル プラドの方が優れているように感じがしました。

新型ランクル300とランクル プラドの荷室【広さの違いを比較】

また、今回デビューを果たした新型ランクル300とランクル プラドは、ボディサイズが違うため、荷室サイズも異なります。

この2台のモデルの荷室サイズを確認してみたところ、それぞれこのようになっていました。

■新型ランクル300とランクル プラドの荷室サイズ比較

3列目シート使用時の荷室は新型ランクル300の方が大きい

新型ランクル300とランクル プラドの荷室サイズを比較してみたところ、3列目シート使用時と3列目シート収納時は、新型ランクル300の方がひと回り大きくなっています。

■3列目シート使用時の荷室サイズ比較

ただ、先ほども申し上げたとおり、どちらのモデルも3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースは狭いため、使い勝手が良いとは思いませんでした。

■3列目シート使用時のランクルとプラドの荷室

■3列目シート収納時のランクルとプラドの荷室

3列目シート収納時の荷室の奥行きの差は250mm

また、後部座席を収納時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、ランクル プラドよりも新型ランクル300の方が250mmほど広くなっています。

■3列目シート収納時の荷室サイズ比較

ただ、弟分のランクル プラドの3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースも十分に広いため、使い勝手の悪さは、一切感じませんでした。

車中泊にはちょっと厳しい新型ランクル300

また、新型ランクル300とランクル プラドの3列目シート&2列目シートを収納時の荷室・ラゲッジスペースの広さは、このようになっています。

■3列目&2列目シート収納時の荷室サイズ

3列目シート&2列目シート収納時の荷室サイズ自体は、ボディサイズが大きい新型ランクル300の方がぐ70mmほどですが、広くなっています。

ただ、先ほどもお話したとおり、新型ランクル300は、2列目シートの背もたれ部分で大きな段差ができてしまいます。

なので、車中泊には不向きな感じが…。
荷室がフラットになるタンブル収納時は、荷室の奥行きが少し足りないですし…。

もし車中泊目当てでクルマをお探しなら、十分な荷室の広さを確保しているだけではなく、フラットになるランクル プラドの方が良いかもしれませんね。

まとめ:2列目収納時の荷室の使い勝手に差がある新型ランクル300とプラド

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300とランクル プラドの荷室・ラゲッジスペースのサイズや使い勝手、アレンジを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300とプラドの荷室のまとめ

・新型ランクル300の方が若干広い
・3列目シート使用時の荷室は狭い
・2列目シート収納時の荷室の使い勝手はプラドが上

今回デビューを果たした新型ランクル300とランクル プラドの荷室サイズを比較してみたところ、ボディサイズが大きい新型ランクル300の方が荷室も広くなっています。

ただ、2列目シート収納時の使い勝手は、荷室がフラットになるランクル プラド(Landcruiser PRADO)の方が良い感じが…。

このようにこの2台のモデルは、荷室のアレンジ&使い勝手が異なるので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02