新型ノートクロスオーバーの後部座席は広い?【足元&頭上空間の広さを計測】

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は5ナンバーサイズに納めていることもあり、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのカローラクロスよりもコンパクトな見た目になっています。

ただ、後部座席の居住スペースは思ったよりも広く、長時間ドライブでも快適に過ごすことができました。

そんな新型モデルの後部座席の足元空間&頭上空間は、どれくらいの広さだったのでしょうか?また、大人が座っても快適に過ごせるだけの広さ&居住スペースを確保しているのでしょうか?

ノートe-POWERをベースにしたSUV仕様新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の広さを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートクロスオーバーの後部座席【足元空間の広さをチェック】

2021年10月に日産からデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席は、このようなデザインをしています。

■新型ノートクロスオーバーの後部座席

後部座席の中央にドリンクホルダー付きのリヤアームレストが備わるなど、機能&装備が充実しているこの新型モデルの後部座席ですが、足元空間の広さを確認したところ、このようになっていました。

■運転席を最前端時の後部座席の広さ

■運転席を最後端時の後部座席の広さ

■運転席をドライブポジション時の後部座席の広さ

思ったよりも広いと思いませんか?

この新型モデルは、5ナンバーサイズのコンパクトSUVと言うことで、「後部座席の足元空間の広さは、犠牲になっているのかな。」と、正直思っていました。

ただ、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は思ったよりも広く、5ナンバーサイズのコンパクトSUVとは思えない広さの足元空間となっていました。

最大の足元空間の広さは約42.5cm

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さが気になったので、計測をしてみたところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーの後部座席の足元空間の広さ

運転席を一番前にした時   :約42.5cm
運転席を一番後ろにした時:約16.5cm
ドライブポジション時      :約33.0cm

今回デビューを果たした新型モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、約16.5cm~約42.5cmの間で調整することができます。

また、運転席をドライビングポジションにあわせた時(中央よりもやや後方)の後部座席の足元空間は33.0cmとなっており、身長約175㎝の私が座っても、膝先からシートバックまで拳を縦にした約2個半くらいの余裕があります。

新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)は、足を組めるくらい広くはありませんが、足の位置を自由に動かせるため、長時間ドライブでも快適に過ごすことができました。

フロントシート下のトンネルは狭め

そんな新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)で気になったのは、フロントシート下のトンネルの広さです。

この新型モデルは、運転席の下にバッテリーなどを積んでいるためか、フロントシートの下の部分が一段高くなっているんですよね。

■新型ノートクロスオーバーのフロントシート下

そのため、この新型モデルは足を収めるのに便利なフロントシート下のスペースが狭く、つま先くらいまでしか入れることができません。

十分な広さを確保している新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の足元空間(ニークリアランス)ですが、つま先くらいしか収納することができないフロントシート下のトンネルの狭さは、少し残念に感じてしまいました。

新型ノートクロスオーバーの後部座席【頭上空間の広さをチェック】

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さは、このような感じになっています。

■新型ノートクロスオーバーの後部座席の頭上空間の広さ

後部座席の頭上空間は競合車よりも少し低め

背もたれの上部で天井が一段下がってるのが気になるこの新型モデルの後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)ですが、座面から天井までの高さを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーの天井までの高さ…約90cm

この新型モデルの座面から天井までの高さを確認してみたところ約90㎝。

身長約175cmの私がこの新型モデルの後部座席に座ってみたところ、頭のてっぺんから天井まで手の平で約2枚ぶんくらいのゆとりがあるため、窮屈感や圧迫感は、それほど強く感じません。

ただ、この新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ベースのノートe-POWERと全く同じ室内サイズになっているため、トヨタのヤリスクロスやカローラクロスなどの他メーカーのコンパクトSUVと比較すると、頭上空間はひと回り狭めになっています。

■ヤリスクロスの後部座席

もし後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)の広さを求めるのなら、コンパクトカーのノートe-POWERをそのまま流用しているこの新型モデルより、専用の設計になっているヤリスクロスやカローラクロスの方が良いと思いますよ。

頭上空間にゆとりをもたらす後部座席のリクライニング機能

競合車・ライバル車よりも後部座席の頭上空間(ヘッドクリアランス)が狭い日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)ですが、後部座席の背もたれをリクライニングすると、少しですが、頭上空間(ヘッドクリアランス)にゆとりが生まれます。

■リクライニングした時の新型ノートクロスオーバーの後部座席

後部座席をリクライニングしなかった時のこの新型モデルの頭上空間(ヘッドクリアランス)は手の平2枚分でした。

しかし、後部座席を一番後ろまでリクライニングすると、手の平三枚分まで頭上空間が広くなります。

競合車・ライバル車よりも頭上空間(ヘッドクリアランス)が狭い日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)ですが、背もたれをリクライニングすることによって、ヘッドクリアランスのゆとりを調節できるようになっているのは、非常に良いと思いました。

まとめ:十分な広さがある新型ノートクロスオーバーの後部座席

2021年10月にデビューを果たしたノートe-POWERをベースにしたSUV車新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の後部座席の広さを確認したところ、このようになっていました。

■新型ノートクロスオーバーの後部座席の広さのまとめ

・足元空間は十分な広さを確保
・足元空間の広さは最大で42.5cm
・頭上空間は競合車・ライバル車よりも狭め
・頭上空間の高さは約90㎝

この新型モデルは、ベースのノートe-POWERをそのまま流用したこともあり、頭上空間の広さ(ヘッドクリアランス)は、競合車・ライバル車よりも少し劣ります。

ただ、後部座席の足元空間(ニークリアランス)が広いため、後部座席に座った際、窮屈感や圧迫感はあまり感じませんでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02