シックで大人っぽい!新型ノート クロスオーバーの内装の実車画像レビュー

2021年10月に新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)がデビューを果たしましたが、ベースとなっているノートe-POWERとはひと味違うシックで大人っぽいの内装・インテリアをしています。

また、ノートe-POWERよりも機能&装備も充実しているため、ストレスなく運転をすることができます。

今回デビューを果たした新型モデルの内装・インテリアは、どのようなデザインをしていたのか?また、この新型モデルの内装・インテリアは、どのような装備&アイテムを備えていたのでしょうか?

ノートe-POWERをベースにしたSUVモデル新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノート クロスオーバーの内装のデザインをチェック

2021年10月に日産からデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーの内装

画像引用:https://www.autech.co.jp/sv/note_autechcrossover/

この新型モデルの内装・インテリアの基本的なデザインは、ベースとなっているノートe-POWERと同じになっています。

■ノートe-POWERの内装

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

ただ、この新型モデルの内装・インテリアの方がワンランク上の上質感がありました。

そんな新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアの特徴や魅力を紹介したいと思います。

ブラックを基調にブルーをアクセントカラーに採用

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ベースとなっているノートe-POWERと同様にブラックを基調にした内装・インテリアをなっています。

ただ、ベースとなっているノートe-POWERとは異なり、センターアームレストやハンドル、ドア内側パネルなど車内のいたるところにブルーのアクセントカラーを採用。

そのおかげもあり、ノートe-POWERよりもスタイリッシュ&スポーティーな内装・インテリアになっていました。

高級感ただようダッシュボード

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の注目ポイントの一つが、ダッシュボードです。

■新型ノート クロスオーバーのダッシュボード

今回デビューを果たした新型モデルでは、ダークウッド調の加飾をほどこしたダッシュボードを採用。

このダークウッド調の加飾は本物の木目のようなザラっとした肌触りがあり、カーボン調のパネルを採用しているノートe-POWERにはない高級感&上質感がありました。

機能や装備も充実

また、機能や装備が充実しているのも、今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力の一つです。

その一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

ベースとなっているノートe-POWERでは、シンプルなウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備していました。

■ノートe-POWERのハンドル

一方、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ブルーのステッチをあしらった本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■新型ノート クロスオーバーのハンドル

また、後部座席の中央には、引き出して使用をするセンターアームレストも用意されています。

■新型ノート クロスオーバーのリヤセンターアームレスト

このように機能&装備が充実しているのは、ベースとなっているノートe-POWERにはない新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

シートには肌触りの良いレザレットを採用

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアの注目ポイントの一つが、シートのデザイン&素材です。

この新型モデルでは、レザレットと名付けられた人工皮革を採用。

■新型ノート クロスオーバーのシート

クルマによっては、一目見て、合成レザーとわかるようなチープな感じのレザーもあります。しかし、この新型モデルに採用されているレザレットは、レザーの質が高く、「合成レザーです。」と言われなければわからないくらいです。

また、背もたれには、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のロゴが刺繍されており、特別感を演出しているのも好印象でした。

新型ノート クロスオーバーの内装の装備&アイテムをチェック

このようにシックでスタイリッシュなデザインになっていた新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアですが、機能&装備も充実していました。

今回デビューを果たした新型モデルの内装・インテリアは、どのような機能&装備を備えていたのか?実車画像を使って、紹介したいと思います。

ハンドル・ステアリングホイール

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のハンドル・ステアリングホイールは、このようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーのハンドル

この新型モデルでは、肌触りの良い本革巻きのステアリングホイールを標準装備。

また、この新型モデルのハンドルでは、ブルーのステッチをあしらっており、ベースとなっているノートe-POWERとはひと味違うスタイリッシュなデザインになっていました。

メーター

2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のメーターは、このようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーのメーター

この新型モデルでは、ノートe-POWERと同じデザインをしたバイザーレスの液晶デジタルメーターを標準装備。

また、この新型モデルは、メーターの左側に佐々間な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを備えているのですが、この表示項目も、ノートe-POWERと全く同じになっていました。

■新型ノート クロスオーバーのマルチインフォメーションディスプレイ

エアコン

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)は、ベースとなっているノートe-POWERと同じフルオートエアコンを標準装備。

■新型ノート クロスオーバーのエアコン

この新型モデルに用意されているエアコンは、温度や風量の調節がダイヤルでできるようになっており、使い勝手に優れるデザインに…。

ただ、運転席と助手席で別々に温度調節をすることができる左右独立式の温度調節機能の用意がないのは、少々残念でした。

センターコンソール

また、2021年10月にデビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアの注目ポイントの一つが、運転席と助手席の間に備わっているセンターコンソールです。

■新型ノート クロスオーバーのセンターコンソール

この新型モデルのセンターコンソールは上下2段式になっており、収納力に優れるデザインに…。

また、この新型モデルのセンターコンソールは、オーテック専用エンブレム&ブルーのステッチをあしらった専用デザインになっており、ベースとなっているノートe-POWERとはひと味違う特別感がありました。

シフトレバー

また、新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)のセンターコンソールに備わっているフトレバーは、このようなデザインをしています。

■新型ノート クロスオーバーのシフトレバー

この新型モデルでは、ベースとなっているノートe-POWERと同様、シフトノブ全体を前後にスライドしてR(リバース)/N(ニュートラル)/D(ドライブ)を切り替える電子式のシフトレバーを採用。

また、シフトレバーの隣には、オートブレーキホールドやEV走行モード、ドライブモード切替スイッチが用意されていました。

USBポート

今回デビューを果たした新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)では、センターコンソールの前方にタイプAのUSBポートが一つ標準装備されています。

ただ、メーカーオプションで用意されている純正ナビを注文すると、タイプCのポートと置くだけ充電がセットで装着されますよ。

■新型オーラのUSBポート

ルームランプ

充実した機能&装備が魅力の日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)ですが、内装・インテリアの装備で少し残念だったのは、ルームランプです。

■新型ノート クロスオーバーのルームランプ

この新型モデルは、LEDではなく、オレンジ色っぽい暖色系に光る豆球のルームランプを標準装備。

この新型モデルの乗り出し価格などを考えると、豆球ではなくLEDのルームランプを標準装備してもらいたいところでした。

まとめ:シック&スタイリッシュな新型ノート クロスオーバーの内装

2021年10月にデビューを果たした日産の新型ノート クロスオーバー(NOTE CROSSOVER)の内装・インテリアを確認したところ、このようなデザインになっていました。

■新型ノート クロスオーバーの内装のまとめ

・ブラックを基調にしたシックな内装
・ノートe-POWERよりも重厚感あふれるデザイン
・機能や装備も充実
・シートには本革っぽい肌触りを味わえるレザレットを採用

今回デビューを果たした新型モデルは、ブラックをベースにブルーをアクセントカラーに採用したシック&スタイリッシュなデザインに…。

また、ダークウッド調の加飾パネルや本革巻きのハンドルなど、ベースとなっているノートe-POWERよりも上質感あふれる内装・インテリアになっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02