新型ノートe-POWERオーテックのシート【デザイン&座り心地をチェック】

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、様々な専用装備を備えていますが、シートも専用デザインとなっています。

そのおかげもあり、標準モデルとは全く異なる雰囲気に…。

また、シートに使用されている素材も標準モデルと異なるため、座り心地も違いました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートは、どのようなデザインをしていたのでしょうか?また、座り心地は、どうだったのでしょうか?

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”に用意されているシートのデザインや座り心地、素材を確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERオーテックのシートのデザインは?

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のフロントシート&後部座席は、それぞれこのようなデザインをしています。

■オーテックのフロントシート

■オーテックの後部座席

オーテックはブルー×ブラックのコンビシートを採用

ベースとなっている標準モデルの”Xグレード”では、ブラックを基調にホワイトのラインが入ったシートを標準装備していました。

■標準モデルXグレードのシート

しかし、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、メイン部分にブラック、シートサイドにブルーをあしらった専用デザインのシートを採用。

■オーテックのシート

また、ブラックのメイン部分は大きさの違うダイヤモンドパターンがもちいられており、標準モデルとはひと味もふた味も異なるスタイリッシュ&スポーティーなシートデザインになっていました。

シートサイドにはブルーのステッチを採用

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートサイドやシートバックの上部、ヘッドレストなどには、ブルーのステッチを採用。

■オーテックのシートバック

■オーテックのヘッドレスト

■オーテックのシートサイド

標準モデルにはない高級感&上質感がただようシートになっていました。

シートの素材にはレザテックを採用

また、シートに使用されている素材も、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”と標準モデルの”Xグレード”では異なります。

標準モデルでは、オーソドックスなファブリックシートを採用していたのに対し、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、人工皮革の一つでもある”レザレット”と言う素材を採用。

■オーテックに採用されているレザレット

レザレット素材は、撥水効果に優れ、ジュースやコーヒーなどをこぼした時も簡単にお手入れできるのも魅力の一つです。

フロントシートにはオーテックのロゴを刺繍

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のフロントシートの背もたれ上部には、AUTECHのロゴが刺繍されています。

■シートにあしらわれているAUTECHロゴ

このように特別感を演出しているのも、カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の特徴の一つなのかなと思いました。

新型ノートe-POWERオーテックの座り心地は?

スタイリッシュなデザインになっていた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートですが、座り心地は、どうだったのでしょうか?

スポーツモデルらしいホールド感の高い座り心地になっていたのでしょうか?

カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートの座り心地を確認してきたので、紹介します。

オーテックのシートはゆったりとした座り心地に…

ブルーをあしらったスポーティーな見た目をしている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック(AUTECH)のシートですが、シートの骨格は標準モデルと同じとなっています。

そのため、ホールド感が高いスポーツモデルのシートと言うよりは、タイト感のないゆったりとした座り心地に…。

ただ、オーテク(AUTECH)に採用されているレザレット素材は、しっとりとした質感で肌馴染みが良いです。また、もっちりとした座り心地で、身体全体をしっかりと、そして、優しく包みこんでくれます。

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートは、標準モデルよりも弾力性があります。

そのため、座った瞬間のお尻が沈み込みが少なく、長時間座っても疲れにくい座り心地になっていました。

グリップ力が高く、滑りにくいのも好印象

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートに座ってみて意外と良いと思ったのが、思ったよりも滑りにくかったことです。

オーテックのベースとなっている標準モデルの”Xグレード”では、メーカーオプションで本革シートに変更をすることができるのですが、このXグレードに採用されている本革シートは、表面がツルツルとしていて滑りやすかったんですよね。

■Xグレードに用意されている本革シート

しかし、カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”に採用されているレザレット素材はグリップ感も良いため、体が滑るような感じは一切ありませんでした。

この安心感のある乗り心地&座り心地も、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック(AUTECH)の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:デザイン性も座り心地も優れる新型ノートe-POWERオーテックのシート

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシートは、このようなデザイン&座り心地になっていました。

■オーテックのシートのまとめ

・ブラック×ブルーのコンビシートを採用
・シートの素材にはレザレットを採用
・標準モデルと同様にゆったりとした座り心地

合成レザーのような風合いを楽しめるレザレット素材を採用したオーテック(AUTECH)のシートは、標準モデルよりもスタイリッシュなデザインに…。

また、フィット感がよく長時間座っていても、疲れにくい座り心地になっていたのも好印象でした。

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様と言えば、専用デザインのグリルやLEDのシグネチャーランプを活かしたプレミアム感あふれる見た目が魅力の一つですが、シートのデザインや優れた座り心地にもぜひとも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02