標準車よりもお洒落!新型ノート-POWERオーテックのインパネを実車画像で徹底チェック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、内装・インテリアに様々な専用装備&アイテムを備えています。

そのおかげもあり、標準モデルとはひと味違うスタイリッシュ&スポーティなインパネ・ダッシュボードになっていました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック”のダッシュボード・インパネは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴&魅力を備えているのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のインパネのデザインや魅力、注目ポイントを余すところなく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERオーテックのインパネのデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のダッシュボード・インパネは、このようなデザインをしています。

■オーテックのインパネ

ちなみに、こちらは、オーテック(AUTECH)のベースになっている標準モデルのXグレードのダッシュボード・インパネです。

■Xグレードのインパネ

この2台のモデルのインパネを見比べてみると、やはり見た目の雰囲気・スタイリッシュさが違いますよね。

また、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)は、ドアを開けて乗り込んだ瞬間からワクワクするような特別感のある内装・インテリアになっていました。

ダッシュボードに木目調のパネルを採用

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の注目ポイントの一つが、ダッシュボードのパネルです。

ベースとなっているXグレードでは、カーボン調のパネルを採用していましたが、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、木目調のパネルを採用。

■標準モデルのカーボン調のパネル

■オーテックの木目調パネル

そのおかげもあり、標準モデルのXグレードよりカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の方が高級感&上質感のあるデザインに…。

また、オーテック(AUTECH)に採用されている木目調パネルは、高級材として知られている”紫檀(シタン)”の柄を表現しており、光の当たり具合によって、うっすらと青紫おびて見えるのも印象的でした。

新型ノートe-POWERオーテックのインパネまわりの装備&アイテムをチェック

今回デビューを果たした新型ノートe-POWERのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のダッシュボード・インパネには、標準モデルにはない魅力的な装備&アイテムを用意していました。

この新型モデルのカスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、どのようなアイテム&装備を備えていたのでしょうか?

カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のダッシュボード・インパネまわりのアイテム&装備を紹介したいと思います。

専用デザインのハンドル・ステアリングホイール

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の注目のアイテム&装備の一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

標準モデルではシンプルなウレタン製のハンドル・ステアリングホイールを標準装備していましたが、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、本革巻きのハンドル・ステアリングホイールを標準装備。

■オーテックのハンドル

やはり本革巻きのハンドル・ステアリングホイールは、高級感&上質感があって良いですよね。

また、オーテック使用のハンドル・ステアリングホイールは、ブルーのステッチがあしらわれており、オーテックらしさを強調しているのも好印象でした。

スタイリッシュなメーター

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、標準モデルと同じスクエア形状の液晶デジタルメーターを標準装備。

■オーテックのメーター

メーターにオーテックのロゴをあしらうなどの特別な装飾はありませんでしたが、スタイリッシュ&スポーティなオーテック(AUTECH)の車内空間にマッチをしたお洒落なメーターとなっていました。

操作性に優れるシフトレバー

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■オーテックのシフトレバー

また、操作性や用意されているドライブモードも全く一緒です。

ただ、シフトレバーの後方には、オーテック(AUTECH)のロゴが装着されており、特別感を演出していました。

使い勝手の良いエアコン

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”に用意されているエアコンは、このようなデザインをしています。

■オーテックのエアコン

この新型モデルのオーテック(AUTECH)では、標準モデルと同じダイヤル式のフルオートエアコンを標準装備。

運転席と助手席で温度を別々に調整することができる左右独立温度調整機能は備わっていませんでしたが、直感的に操作できる使い勝手に優れるエアコンになっていました。

USBポートを1つ標準装備

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、ダッシュボード/インパネの中央にタイプAのUSBポートを1つ標準装備しています。

ただ、ベースとなっている標準モデルのXグレードと同様にメーカーオプションでタイプCのUSBポートを一つ増設できるようになっていました。

■増設をしたオーテックのUSBポート

オーテックらしいデザインのセンターアームレスト

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の注目のアイテムの一つが、運転席と助手席の間に備わっているセンターアームレストです。

■オーテックのセンターアームレスト

センターアームレストの表面に肌触りの良い合成レザーを採用しているのは、ベースとなっている標準モデルのXグレードと同じです。

ただ、オーテック仕様のセンターアームレストは、サイドにブルーのステッチを採用しており、オーテックらしさいデザインになっていました。

まとめ:スタイリッシュで高級感がただようオーテックのインパネ

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のダッシュボード・インパネは、このようなデザインをしていました。

■新型ノートe-POWERオーテックのインパネのまとめ

・木目調パネルをあしらった専用デザイン
・専用デザインの本革巻きのハンドルを標準装備
・フルオートエアコンを標準装備
・タイプCのUSBポートを増設可能
・センターアームレストも標準装備

今回デビューを果たしたこの新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のダッシュボード・インパネには、木目調のパネルを採用するなど、高級感&上質感のあるデザイン…。

また、オーテックのイメージカラーでもあるブルーをあしらった本革巻きのハンドルやセンターアームレストを採用するなど、標準モデルとは違う特別感を演出しているのも魅力の一つなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02