新型ノートe-POWER Xグレードの内装の8つの専用装備【他のグレードとココが違う!】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”は、様々な専用装備&アイテムを内装・インテリアに用意しています。

そのおかげもあり、最上位モデルの”Xグレード”は、高級感あふれる車内空間に…。

また、他のグレードにはない便利な機能&アイテムが用意されており、快適に過ごせるようになっていました。

そんな新型モデルの最上位モデルに位置をする”Xグレード”の内装・インテリアには、どのような専用装備&アイテムが損割っていたのでしょうか?また、他のグレードとどんな違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の内装・インテリアのみに用意されている専用装備&アイテムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

目次

センターコンソール【新型ノートe-POWERのXグレードの内装の専用装備1】

今回デビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装の注目のアイテムの一つが、運転席と助手席の間に備わっているセンターコンソールです。

■Xグレードのセンターコンソール

ただ、最上位モデルの”Xグレード”に用意されているセンターコンソールは、他のグレードとは異なる専用デザインになっていました。

高級感が漂うシフトレバー

そんな新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のXグレードと他のグレードで異なるのが、センターコンソールの前方部分に備わっているシフトレバーです。

他のグレードでは、シフトレバーのベースの部分がプラスチック素材のままなのですが、最上位モデルの”Xグレード”では、ピアノブラック調を採用。

■Xグレードのシフトレバー

そのおかげもあり、今回デビューを果たした新型モデルのシフトレバーは、コンパクトカーとは思えない特別感のあるデザインになっていました。

肌触りの良いセンターアームレスト

また、この新型モデルの最上位モデル”Xグレード”では、高級感と柔らかな肌触りを兼ね備えた合成レザーを使用したセンターアームレストを標準装備。

■Xグレードのセンターアームレスト

見栄えのするセンターアームレストのおかげで、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”は、他のグレードよりも高級感・上質感のある内装・インテリアになっていました。

ハンドル【新型ノートe-POWERのXグレードの内装の専用装備2】

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と他のグレードで異なる装備&アイテムの一つが、ハンドル・ステアリングホイールです。

■Xグレードのハンドル

最上位モデルの”Xグレード”も他のグレードと同様に、ウレタン製のハンドル・ステアリングホイールが標準装備となっています。

ただ、最上位モデルの”Xグレード”とそれ以外のグレードでは、スポークに備わっているステアリングスイッチの使い勝手&機能に違いがありました。

プロパイロット起動スイッチを右側のスポーク搭載

そんな新型モデルの最上位グレード”Xグレード”の注目ポイントの一つが、ハンドルの右側のステアリングスイッチです。

■Xグレードの右側のステアリングスイッチ

最上位モデルのXグレードでは、右側のスポークにプロパイロットを起動&設定するためのスイッチを搭載しています。(※プロパイロット機能を装着時のみ)

また、プロパイロット起動スイッチの下側には、音声操作スイッチやハンズフリーフォンの通話開始/終了スイッチが標準租装備しているのも、最上位モデルの”Xグレード”のみとなっていました。

左側のスポークにオーディオ関係のスイッチを搭載

また、ハンドル・ステアリングホイールの左側に備わっているスイッチも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”とそれ以外のグレードで違いがあります。

■Xグレードの左側のステアリングスイッチ

ハンドル・ステアリングホイールの左側に、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目を切り替えるためのダイヤルを装着しているのは、他のグレードと同じになっています。

ただ、最上位モデルの”Xグレード”のみ、手元で音量の調節や選曲などを行えるオーディオ関連のスイッチを備えています。

このようにステアリングスイッチが充実しており、運転中に安心してオーディオ操作などができるようになっていたのは、この新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の特徴の一つなのかなと思いました。

USBポート【新型ノートe-POWERのXグレードの内装の専用装備3】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目のアイテムの一つが、スマホやiPhone、タブレット端末などを充電するのに重宝をするUSBポートです。

XグレードのみタイプCのUSBを増設可能

今回デビューを果たした新型モデルでは、タイプAのUSBポートを1つ標準装備しているのですが、最上位モデルの”Xグレード”のみ、タイプCのUSBポートを増設することができます。

■新型ノートe-POWERのUSBポート

タイプCのUSBはまだ全然普及してないので、「いらないや…」と思う方もいるかもしれません。

ただ、第8世代のiPadや新型iPad Air、iPhone12などアップルユーザーにとっては、直接ケーブルで接続することができるタイプCのUSBポートは、非常にありがたい存在なのかなと思いました。

ワイヤレス充電【新型ノートe-POWERのXグレードの内装の専用装備4】

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”専用のアイテムとして用意されているのが、メーカーオプションのワイヤレス充電です。

ワイヤレス充電はセンターコンソール前方に装着

Xグレード専用のオプションとして用意されているワイヤレス充電器は、センターコンソールの前方のトレー部分に備わります。

■新型ノートe-POWERのワイヤレス充電

なので、運転席からも手が届きやすく、非常に便利です。

また、ワイヤレス充電器を設置すると、ゴムマット状の底面になるため、置いたスマホ&iPhoneが滑る心配もありません。

このように使い勝手の良いワイヤレス充電器を装着することができるのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の特徴の一つなのかなと思いました。

SOSコール【新型ノートe-POWERのXグレードの内装の専用装備5】

また、事故にあった時や車内で急病人が発生した時にボタン一つで専用のオペレーターに連絡をすることができる緊急時自動通報システム”SOSコール”も、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”の注目のアイテム&装備も一つです。

■新型ノートe-POWERのSOSコール

他のグレードよりも安全性に優れているXグレード

今回デビューを果たした新型モデルでは、全グレードに自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)を標準装備するなど、安全性の高いクルマになっています。

ただ、この新型モデルは、グレードによって用意されている安全装備に違いがあり、SOSコールを装着することができるのは、最上位モデルの”Xグレード”のみとなっているんですよね。

もしイザという時の安全性を考えるのなら、安全装備が充実している最上位モデルの”Xグレード”が用意のかなと思いました。

ドア内側パネル【新型ノートe-POWERのXグレードの内装の専用装備6】

また、2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”は、ドア内側パネルも専用デザインになっていました。

唯一メッキ調ドアハンドルを採用

そんなの最上位モデル”Xグレード”と他のグレードのドア内側パネルの違いの一つは、ドアハンドルです。

この新型モデルでは、最上位モデルの”Xグレード”のみ、メッキ調の加飾が施されたインナードアハンドルを標準装備。

■メッキ加飾が施されたXグレードのドアハンドル

このメッキ加飾がほどこされたドアハンドルのおかげで、他のグレードよりも満足度の高い車内空間になっていました。

ドアトリムに肌触りの良いトリコット素材を採用

また、ドアトリムも、注目のアイテムの一つです。

他のグレードのドアトリムは、ハードプラ剥き出しになっていたのですが、最上位モデルの”Xグレード”では、フロントドアのドアトリム部分にトリコット素材を採用。

■トリコットが採用したXグレードのドアトリム

そのおかげで、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデルの”Xグレード”のフロントドアの内側パネルは、腕を置いた時の肌触りが良くなっており、快適に運転ができるようになっていました。

シート【新型ノートe-POWERのXグレードの内装の専用装備7】

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”と他のグレードの内装・インテリアで大きく異なるのは、シートのデザインです。

Xグレードは専用デザインのシートを採用

今回デビューを果たした新型モデルの”Xグレード”は、他のグレードと同じファブリック素材のシートを採用しています。

■Xグレードのシート

ただ、最上位モデルの”Xグレード”のみ、中央部分に行くにつれてカラーが明るくなる専用デザインのグラデーションシートを採用。

この明るいシートのおかげもあり、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の”Xグレード”は、他のグレードよりも圧迫感&窮屈感を感じませんでした。

本革シート【新型ノートe-POWERのXグレードの内装の専用装備8】

また、メーカーオプションで用意されている本革シートも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”専用のアイテムとなっています。

スタイリッシュな車内空間を演出する本革シート

こちらが、Xグレード専用のオプションとして用意されている本革シートです。

■Xグレード専用オプションとなっている本革シート

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”専用のオプションとして用意されている本革シートは、座面や背もたれの凹凸感が大きいこともあり、標準仕様の標準シートとは、一味異なる座り心地に…。

また、ブラックの本革シートを採用した最上位モデルの”Xグレード”は、高級感がただようシックモダンな内装・インテリアになっているのも印象的でした。

リヤアームレストも装着

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の標準仕様では、後部座席の中央にリヤアームレストの用意はないのですが、メーカーオプションの本革仕様にすると、リヤアームレストが装着されます。

■本革仕様にした時に装着されるリヤアームレスト

ちょっとコレは良いですよね。

また、本革仕様にすると、助手席側のダッシュボードにピアノブラック調のパネルをあしらった専用デザインに…。

■本革仕様のダッシュボード

このように見た目のデザイン性だけではなく、快適性&使い勝手が格段に良くなる本革シートを装着することができるのも、最上位モデル”Xグレード”の特徴の一つなのかなと思いました。

まとめ:他グレードにはない良さがある新型ノートe-POWERのXグレードの内装

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”のみに用意されている内装の専用装備&アイテムを確認してみたところ、このようになっていました。

専用デザインのシートや合成レザーをあしらったセンターコンソールを備えた”Xグレード”は、他のグレードとは一味異なる高級感&上質感のある車内空間に…。

また、USBポートやワイヤレス充電、本革シートなど、他のグレードでは装着することができないオプションを多数用意しているのも、最上位モデル”Xグレード”の特徴の一つでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02