新型ノートe-POWERオーテックの見積もりを公開【Xグレードとの価格差はいくら?】

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、専用のフロントグリルやアルミホイールなど、様々な専用装備&アイテムを装着しています。

そのため、ベースとなっている標準モデルの”Xグレード”よりも車内本体価格&見積もり金額は、思ったよりも高めになっていました。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の見積もり金額は、いくらくらいだったのでしょうか?また、ベースとなっているグレードとの価格差は、いくらくらいだったのでしょうか?

私が貰ってきた見積もりを使って、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック”の乗り出し価格を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERオーテックの見積もりを大公開

こちらが、私が貰ってきた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の見積もりです。

■新型ノートe-POWERオーテックの見積もり

また、この新型モデルのオーテック(AUTECH)の見積もりを作って貰うにあたり、次のようなボディカラー&オプションを選びました。

ボディカラーは専用色のオーロラフレアブルーを選択

新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のオーテック(AUTECH)の見積もりを作って貰うにあたり、ボディカラーは、オーテック専用色のオーロラフレアブルーパール×スーパーブラックのツートンカラーを選びました。

■オーテクのオーロラフレアブルーパール×スーパーブラック

ただ、オーテック専用のボディカラーと用意されている”オーロラフレアブルーパール×スーパーブラック”は、この新型モデルに用意されている有料色の中でも一番高い7万1500円となっていました。

メーカーオプションは標準モデルよりも少なめ

また、メーカーオプションに関しては、次のようなアイテムを装着してもらいました。

■オーテック注文時にお願いをしたメーカーオプション

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、標準モデルとは異なりLEDヘッドライトやフォグランプが標準装備となっています。

■オーテックのLEDヘッドライト

なので、高速道路の運転を楽にしてくれる”プロパイロット機能”やイザという時にドライバーの身を守ってくれる”SOSコール”、アラウンドビューモニターやインテリジェントBSIなどの安全装備がセットになったメーカーオプションのみを装着。

また、見積もりを作ってくれたディーラーさんが、シートヒーターやステアリングヒーターを装着することができる”寒冷地仕様”もおすすめと仰っていたので、一緒に付けて貰いました。

オーテック専用のディーラーオプションを装着

また、今回の見積もりを作って貰うにあたり、次のようなディーラーオプションを装着してもらいました。

■オーテック注文時にお願いをしたディーラーオプション

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、フロアマットやプラスチックバイザー、キッキングプレートなどオーテック専用デザインのアイテムが用意されているのですが、これらのアイテムを中心にお願い。

■オーテック専用デザインのフロアマット

ディーラーオプションだけで約35万円と思ったよりも高くついてしまいましたが、オーテック専用アイテムをたくさん装着したことを考えると、このくらいの金額になってしまうのは仕方ないかもしれませんね。

ちなみに、ナンバープレートトリムが2つ含まれているのは、ディーラーさんの入力ミスです^^;;

オーテックの乗り出し価格はなんと約370万円

このようなオプションを装着した時の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様オーテック(AUTECH)の乗り出し価格は、いくらくらいだったのでしょうか?

私が貰ったてきたこの新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の見積もりの合計金額(乗り出し価格)は、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERオーテックの乗り出し価格

私が貰ってきた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の乗り出し価格は、約370万円となっていました。

見積もりを貰う前は、「350万円くらいで収まるのかな~」なんて少し期待をしていたのですが、見通しが甘かったですね。

この新型モデルのオーテック(AUTECH)は、標準モデルとはひと味異なるプレミアムスポーティな外装&内装をしていますが、お値段もプレミアム価格となっていました。

新型ノートe-POWERのオーテックと標準車の乗り出し価格の差はいくら?

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の乗り出し価格は、コンパクトカーとしてはかなりの高額の部類になっていましたが、標準モデルとの価格差は、どれくらいだったのでしょうか?

オーテックのベースになっている標準モデルの最上位グレード”Xグレード”との乗り出し価格の差を比べてみました。

標準モデルのXグレードの乗り出し価格は約330万円

こちらが、私が以前貰ってきた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の最上位モデル”Xグレード”のFF車の見積もりです。

■新型ノートe-POWERのXグレードの見積もり

そして、私が貰ってきたこの新型モデルの”Xグレード”の見積もりの乗り出し価格は、次のようになっていました。

■Xグレードの乗り出し価格

カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のベースとなっているXグレードの2WD車乗り出し価格は、約327万円となっていました。

決して安い金額ではありませんが、自動運転支援技術の”プロパイロット機能”やLEDヘッドランプ、純正ナビなどを装着したということを考えれば、妥当な金額なのかなと思いました。

オーテックとの乗り出し価格の差は40万円オーバー

また、私が貰ってきた新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”とそのベースとなっている標準モデル”Xグレード”の乗り出しの差は、このようになっていました。

■オーテックとXグレードの乗り出し価格の差

今回デビューを果たしたこの新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”と標準仕様の”Xグレード”の乗り出し価格の差は、約42万円。

ちなみに、この2台のモデルの乗り出し価格の詳細は、このようになっています。

■オーテックとXグレードの乗り出し価格の詳細

この2台のモデルでは、カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”のみ寒冷地仕様を装着するなど、メーカーオプション価格に違いあがあります。

また、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)のみキッキングプレートやカーアラームを装着するなど、ディーラーオプション代も異なります。

ただ、このような違いを差し引いたとしても、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、なかなかよいお値段をするなと思ってしまいました。

まとめ:お値段もプレミアムな新型ノートe-POWERのオーテック

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の見積もり金額は、このようになっていました。

■新型ノートe-POWERオーテックの見積もりのまとめ

・オーテックの乗り出し価格は約370万円
・標準モデルとの差は約40万円

専用デザインのフロントグリルやシートを備えているカスタム仕様のオーテック(AUTECH)ですが、それなりに良いお値段がしますね。

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりも高めの価格設定になっていますが、カスタム仕様の”オーテック(AUTECH)”は、さらにワンランク上のお値段に…。

オーテックの購入を検討している方は、コンパクトカーの中でトップクラスの乗り出し価格になっていることを、あらかじめ覚悟をしておいた方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02