新型ソルテラの1㎞走るのに必要な電気代はいくら?【競合車と燃料代を比較】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、車体本体価格が高い一方、走行に必要な燃料代(電気代)が安いのが魅力の一つです。

ただ、ガソリン車やハイブリッド車と比べて、この新型モデルの燃料代(電気代)がどれくらい安いのか、ちょっとわからないですよね。

今回デビューを果たした新型モデルが1km走るのに必要な電気代は、いくらなのでしょうか?また、この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも毎月かかる燃料代(電気代)は、安いのでしょうか?

スバル初の電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)に必要な毎月の電気代・ランニングコストを計算してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラの維持費は高い?【毎月の電気代をシミュレーション】

ガソリン車やハイブリッド車では、”燃費”でコストパフォーマンスの良さを表しますが、電気自動車では、燃費の代わりに”電費(交流電力量消費率)”を使用します。

この”電費”は、1キロメートル走行するために使う電力量を示し、Wh/kmで表すのですが、この新型モデルの電費は、次のようになっています。

■新型ソルテラの電費(交流電力量消費率)

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の電費性能は、126Wh/km~148Wh/kmとなっています。

電費は、数値が小さいほど、低電費&高効率ということになるのですが、この新型モデルの最廉価モデルのET-SSグレードのAWD仕様は、1kmを走行するのに126ワット消費することを意味しています。

つまり、1kmを走行するのに148ワット消費する最上位モデルのET-HSグレードは、最廉価モデルのET-SSグレードよりも20ワットほど電気の消費効率が悪いことを意味しています。

新型ソルテラの1kmあたりの電気代は3.4円~

1km走行するのに126ワット~148ワットの電力を消費するスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)ですが、電気料金に換算するといくらくらいになるのでしょうか?

この新型モデルを走行するのに必要な電気代を計算してみました。

ちなみに、電気代は、地域や充電時間などによって異なりますが、全国家庭電気製品公正取引協議会が示す電力料金の目安単価の1kWhあたり27円で計算をしています。

■新型ソルテラの電気代シミュレーション

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の走行に必要な電気料金は、グレードによって異なりますが、電費性能が一番良い最廉価モデルのET-SSグレードのFWD仕様で、1kmあたり3.4円。

一方、電費性能が一番劣る最上位モデルのET-HSグレードの1kmあたりの電気代は、1kmあたり4.0円と、ET-SSグレードのFWD仕様よりも0.6円ほど悪くなっていました。

■電費性能が劣る新型ソルテラのET-HS

つまり、毎月1000km運転すると、ET-SSグレードのFWD仕様とET-HSグレードでは、年間で7200円の差が…。

新型ソルテラ(SOLTERRA)のET-SSグレードのFWD仕様とET-HSグレードの20ワットの差を電気代に換算すると、意外と大きいなと思ってしまいました。

競合車との燃料代の差は1㎞あたり2円以上

1kmあたり3.4円~4.0円の電気代がかかるスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)ですが、競合車・ライバル車は、どれくらいの燃料代(ガソリン代)がかかるのか気になりますよね。

そこで、この新型モデルと競合車の毎月の燃料代(ガソリン代/電気代)を比較してみまたした。

ちなみに、ガソリン代は1リットルあたり150円で計算をしています。

■新型ソルテラと競合車の燃料代比較

今回デビューを果たした新型モデルの最上位モデルのET-HSグレードの電気代は1kmあたり4.0円となっており、競合車の中で一番燃費性能に優れているホンダのヴェゼルと比較しても、2円も安い計算に…。

■燃費性能に優れる新型ヴェゼル

そのため、1000km走行時の燃料代・ランニングコストで比較すると、スバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、競合車・ライバル車よりも2000円以上も安くなります。

このように見比べると、毎月かかる燃料代・ランニングコストは、かなり差があるんですね。

航続可能距離の短さや車体本体価格の高さなど色々と欠点&デメリットもある電気自動車ですが、ガソリン車やハイブリッド車の半額くらいで抑えることができる毎月の燃料代の安さは、電気自動車の最大の魅力なのかなと思いました。

新型ソルテラの電気代【1回の充電の最大料金は?】

また、2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、1回の充電でどれくらいの電気料金がかかるのでしょうか?

1回の充電でかかる電気料金を確認してきたので、紹介したいと思います。

新型ソルテラのバッテリー容量は71.4kWh

1回の充電量&電気料金は新型ソルテラ(SOLTERRA)が搭載しているバッテリーの容量で変わってくるのですが、この新型モデルが積んでいるバッテリーの容量は、全グレード71.4kWhとなっています。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもある日産のSUVスタイルの電気自動車”アリア(ARIYA)”のバッテリー容量はグレードによって異なり、66kWH~91kWhとなっています。

つまり、スバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)が積んでいるバッテリーの容量は、日産のアリア(ARIYA)のちょうど間くらいって感じですね。

新型ソルテラの1回の充電の電気料金は最大で2000円弱

そんな新型ソルテラ(SOLTERRA)の1回の充電でかかる最大の電気料金を確認してみたところ、次のとおりになっていました。(電気代は、1kWhあたり27円で計算をしています。)

■新型ソルテラの1回の充電の最大料金…1927.8円

新型ソルテラの1回の充電料金は最大で約2000円。

ちなみに、グレードによって異なりますが、新型ソルテラ(SOLTERRA)の1回の充電で走ることができる最大の距離”航続可能距離(一充電走行距離)”は、次のようになっています。

■新型ソルテラの航続可能距離

この新型モデルの航続可能距離は、グレードによって異なりますが、おおよそ500km前後となっています。

500kmと言うと、だいたい東京から大阪くらいまでの距離と一緒です。

東京/大阪間を2000円で行けると考えると、新型ソルテラ(SOLTERRA)にかかる電気代は、かなりお得なのかなと思いました。

まとめ:競合車よりも毎月の燃料代は安い新型ソルテラ

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の電気代を確認したところ、このようになっていました。

■新型ソルテラの電気代のまとめ

・1kmあたりの電気代は3.4円~4.0円
・新型ソルテラの燃料代は、競合車の半分以下
・1回の充電の最大料金は約2000円

今回デビューを果たした新型モデルの1㎞あたりの電気代は3.4円~4.0円となっており、ハリアーやエクストレイルなど競争車・ライバル車の半分以下。

この毎月かかる燃料代&維持費の圧倒的な安さは、ガソリン車やハイブリッド車にはない電気自動車の最大の魅力なのかなと思いました。

あとは、もう少し車両本体価格が安くなってくれれば、良いのですが…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02